健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か書いた?
少しだけ書いたよ。
スポンサーサイト
脳の健康維持に期待!エストロゲンの力

マカ栽培(種まき編)

マカの品質問題


脳の健康維持に期待!エストロゲンの力
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。

+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。
その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。
この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。
つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。
現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです

脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

脳の健康維持に期待!エストロゲンの力

マカ栽培(種まき編)

マカの品質問題


脳の健康維持に期待!エストロゲンの力
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。

+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。
その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。
この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。
つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。
現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです

脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

飲み物レッスン

マカ栽培(気候編)

マカ栽培(収穫編)

飲み物だってカラダにいい!!
普段の暮らしのなかでの『飲み物レッスン』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+++++++++++++++++++++++++++
日本人なら、まずお茶
+++++++++++++++++++++++++++

緑茶に含まれている成分・カテキンにはガンなどを防ぐ抗酸化作用がありますが、ビタミンCやE、カロチンなども豊富に含まれています。
ただ、お茶に含まれるカロチンは、お湯や水には溶けだしません。そこで、茶葉ごと飲んでしまう抹茶や粉茶が、特におすすめです。1日5~6杯は飲むようにして下さい。

栄養的に優れた緑茶ですが、飲むのは日中だけにしましょう。
利尿作用があるカフェインも含んでいるので、夜飲むと頭痛や不眠、頻尿の原因になったりすることも。そこでおすすめしたいのが、ハーブティー。

+++++++++++++++++++++++++++
夜はハーブティーでリラックス
+++++++++++++++++++++++++++

ハーブは昔から薬草として使われていたもの。直接的なカラダへの働きかけと同時に、ほのかな香りかを鼻から自然に吸入することでのアロマセラピー効果も期待できます。

こんなときにはこのハーブティーがオススメ
【疲れやすい】→ハトムギ、ワイルドストロベリー
【眠れないとき】→カモミール(バジルやレモングラスを加えても)
【やる気が出ないとき】→バジル、カモミール
【イライラ落ちつかないとき】→ラベンダー
【頭痛】→ラベンダー、ペパーミント
【肩凝り・腰痛】→タイム、ハトムギ
【足のむくみ】→レモングラス、ラベンダー
【冷え】→カモミール
【便秘】→カモミール
【リラックスしたいとき】→カモミール、ペパーミント
【すっきり目覚めたいとき】→ペパーミント、レモングラス

+++++++++++++++++++++++++++
牛乳より豆乳
+++++++++++++++++++++++++++

カルシウムをとらなくてはと考えると、まず牛乳を思い浮かべる人も多いと思いますが、牛乳は1日200cc以下にして、他の乳製品との飲み合わせは避けましょう。飲みすぎると脂肪をとり過ぎます。牛乳の代わりに豆乳をおすすめします。豆乳は、イソフラボンをたっぷり含み、大豆製品の中では最も栄養が吸収されやすい食品です。カルシウムも含んでいるし、さらにカルシウムを効率的に吸収するために必要なマグネシウム、血圧を安定させる働きがあるカリウムも一緒にとれます。飲みづらいのでは?と思っている人も多いかもしれませんが、最近の豆乳はクセのないものが主流なので、心配ご無用。

+++++++++++++++++++++++++++
にがり水
+++++++++++++++++++++++++++

カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなどたくさんのミネラルを含み、成人病予防、アトピーや花粉症などのアレルギー対策にも有効で、不眠やむくみの改善、美肌効果も期待できます。

にがりは、スーパーマーケットの豆腐コーナーなどで売っています。できれば、天然にがりを選び、コップ1杯のミネラルウォーターにほんの1~2滴加えればにがり水の出来あがり。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

カラダの休日を科学する!~肝臓編~

マカ栽培(土壌検査編)

マカ栽培(種まき編)

「カラダの休日を科学する!~肝臓編~」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゆっくり休んで向かえたはずの月曜日。なのに体調がすぐれない・・・なんてことはありませんか?
体は、機能や役割が異なる臓器や器官で構成されているだから、部分部分で休息の仕方は違うのではないか?
こんな疑問から体の休日を科学してみました。

毎日働き続ける私たちの体も時には休日が必要。
筋肉や臓器などをゆっくり休ませる方法とは????

===========■■今回は『肝臓の休日』■■===========

お酒は人生最大の楽しみ。健康診断前には節制するから、今のところは「異常なし」。最低、週に1日は「休肝日」を実践しているから、おれの肝臓は大丈夫!と思っている人も多いのではないか。

しかし、1日2日酒を抜いたくらいでは、肝臓は休まらない。休肝日とは、日本酒なら毎日3合以上飲む生活を、5年以上続けていると肝臓障害を起こしやすいという統計から出てきた話。実は、休肝日にはあまり意味がないらしい。休肝しても、その他の日に大酒を飲み、平均で3合以上飲んでいれば、全く無駄。要は、1週間トータルでのアルコール摂取量を下げることが大切なのだそうだ。

ご存知のように、肝臓は24時間操業の体の科学工場だ。細胞の代謝に必要な物質を作り出し、異物や老廃物を分解し、さらにエネルギーの貯蔵庫でもある。完全休養日はまずあり得ない。
できるのは、肝臓の負担を軽くすることくらい。その点ではお酒を控えることは有効。

ひとつの目安として、1週間で日本酒なら14合以下にすること。ただ、この14合という数字も、やはり統計によるもので、まったく飲まない人と、毎日2合飲酒した人の平均寿命には、さほど差がないのだそうだ。

「食べるとお酒がおいしくない!」とほとんど食べずに飲酒を好む人も多いが、食事抜きの飲酒は低血糖状態になりやすく、肝臓への負担がさらに増える。飲むときは、食事もしっかり。
飲んだあとでもいいから、せめて炭水化物だけでもきちんと摂ったほうがいいそうだ。でも、お酒と共に食事がはずんで食べ過ぎたり、飲んだ後のラーメンがおいしい、なんていうのは、違った意味で問題だから、そこは控えよう。

お酒を飲む人はビタミンB群が不足しがちなので、食事や健康食品で補おう。それと、全身の血行を良くするための適度な運動も心がけよう。こうしたちょっとしたメンテナンスの積み重ねこそ、肝臓にとっての休養となるのだ。


お酒ごとに合うヘルシーなオススメおつまみ!
…………………………………………………………
★☆ ビール ★☆
…………………………………………………………


仕事後のビールは最高!
特に一口目のおいしいことおいしいこと。
しかし、調子にのって飲みすぎると、体内のプリン体が過剰になって、痛風を引き起こす可能性大。ビールをゴクゴク飲む時はレバーやあん肝、白子などの内臓、カツオや秋刀魚、エビや魚の干し物、牛肉や豚肉などのプリン体の多い食品は避けよう。

● ソーセージ/プリン体の含有量は100g中に45.5mgと少ない。できればボイルしたものを。
● 野菜スティック/プリン体から作られる尿酸の排泄を促してくれるのが野菜に多いカリウム。
● 豆腐ステーキ/豆腐はプリン体のことをあまり心配しなくていい食品。

…………………………………………………………
★☆ 焼酎 ★☆
…………………………………………………………

最近ブームの焼酎は蒸留酒なので、ビールや日本酒よりもアルコール度数が高い割には冷めるのが早い。原料のでんぷんの種類によって酔い方が変わるわけではないので、どの焼酎を飲むかは自分のテイストで選んでよし。料理は焼酎の発祥の地に合わせてヘルシーなメニューを選ぼう。

● にんにくの丸焼き/焼いてもビタミンB1やアリシンが豊富。
アセトアルデヒドの毒性を弱める働きがある。
● 豚の角煮/長時間煮るので余分な脂肪分が抜けている。ビタミンB1の補給に欠かせない。
● ゴーヤチャンプルー/ゴーヤはビタミンCを筆頭にビタミンが豊富な野菜。

…………………………………………………………
★☆ 日本酒 ★☆
…………………………………………………………

焼酎と比べて醸造酒の日本酒は、糖質やたんぱく質などを筆頭に微量成分が多く含まれている。そのため吸収時間がかかるので、酔っていられる時間が長い。しかしアルコール度数が16%と飲みやすいので、どんどん飲んでしまうとエライ目にあうのは誰しも経験済み?
● 枝豆/良質なたんぱく質。ビタミンB1、B2、E、カルシウムも豊富。
● ざる豆腐/低カロリーで高たんぱく質の代表選手。
● わかめの酢の物/酢の酢酸効用で、二日酔いの予防が期待できる。<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。