健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葉酸は全ての方に必要なわけ

葉酸について

葉酸は全ての方に必要なわけ

□ 葉酸が妊婦に必要なのは・・(・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
葉酸は妊婦に必要だと言われています。
ではそれは何故なのでしょうか?
胎児の胎児の成長に合わせて、細胞作りが急ピッチで行われるため、養蚕の必要量は一般の倍にもなります。しかも、胎児の神経細胞は、妊婦3ヶ月以内に形成されるので近年、増加している神経系の障害を無くすためにも、妊婦初期での葉酸摂取が肝心となってくるのです。

□ 妊婦以外の方にも必要なのは・・(・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般の人にも葉酸は必要で、葉酸が不足するとしっかりしたDNAが出来ず、正常に機能しない細胞が出来てしまします。
例えばそれが、血管内で起こった場合は、DNAのミスコピーが原因で赤血球が巨大化してしまいます。そうすると、通常の赤血球よりも酸素の運搬機能が低下して、貧血の症状を引き起こしてしまうのです!!
また、粘膜でミスコピーか起きると、胃潰瘍や口内炎の症状が現れる事もつまり、新陳代謝のサイクルが早い粘膜は、葉酸不足の影響を最も受けやすい場所です。もしも何らかの理由でガン細胞が生まれてしまっても、葉酸が十分にある状態なら、ミスコピーされたガン細胞のDNAが正常なDNAに修復されるのですが葉酸が不足していると、ミスコピーのまま、ガン細胞は増殖していってしまうのです。
更に近年、葉酸不足がアルツハイマーやうつ病などの神経伝達に何らかの影響を、与えていると考えられていて、葉酸の新たな働きにも注目が集まっているのです。
ですから、葉酸は妊婦だけではなく全ての方に必要なのですよ!!
必要なのは分かったけど、実際に簡単に摂取できるの(・・?

□ 『葉酸』を摂取することは難しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葉酸を摂っていくなら、まず現在の食生活にプラス200。
つまり、400μg(マイクログラム)の摂取を心掛けていきましょう。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンで、水に溶けやすく、更に熱にも弱いという最大の弱点を持っていて、その摂取にはいくつか問題点が隠されているのです。
(1)吸収しにくい
葉酸は小さい分子が集まり、形成されています。これを小腸で消化酵素によって一つ一つに分解しないと吸収する事ができません。
およそ35%の葉酸は、そのまま排出されてしまうのです。
(2)減少しやすい
これは吸収されてから起こる事ですが、過度にアルコールを摂る事や、タバコを吸う事で、葉酸が減少してしまいます。生のほうれん草を調理して食べ、その葉酸を体内に吸収した場合、その後、もし40本のタバコを吸ったとすると、体内では生の状態の1/4しか活用されていないことになります。
葉酸を食生活で補おうとしたら、問題点があり、なかなか摂取することが難しいのですが、サプリメントならすでに分子を細かくした状態で作られているので吸収率が格段に高いのです!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温、葉酸>

スポンサーサイト
妊娠9割以上が葉酸不足

葉酸について


妊娠9割以上が葉酸不足
<妊娠9割以上が葉酸不足>

『妊娠中に重要な栄養素である葉酸を、食事で厚生労働省の推奨量以上に摂取している妊婦は7.5%にとどまり、9割以上は不十分であることが横浜市立大などの研究グループの調査で分かった。妊娠前から意識的にサプリメントで摂取している人も13.5%だけだった。
【Yahoo!国内トピックスより抜粋】
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/child_care/

□ 葉酸が妊婦に必要な理由

葉酸が妊娠との関係の中で、注目を浴びている理由はきわめて妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれているからです。

2000年からは母子健康手帳にも胎児奇形の発生予防のための葉酸の必要性が記載されるようになりました。

日本での葉酸の必要性や認知度は海外に比べてまだまだ低く、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されている現状なのです。

ですから、妊婦さんは通常よりも多めに葉酸を摂取することを推奨されているのです。

□ 妊娠を望む女性達にも葉酸は必要

妊娠初期というのは人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期といえます。
だいたい受胎してから2~4週間ぐらいまでが細胞分裂の非常に活発な胎児期なのです。

この細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると、無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれています。
しかし妊娠に気づくころはその時期をすぎていることが通常です。

ほとんどの方は妊娠に気づいて、産婦人科などで葉酸のことを知って栄養管理を始めるのが現状です。

しかし胎児の神経系障害のリスクを低減させるには少なくとも妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取が望まれます。 欧米では妊娠に関係なく、将来妊娠をする可能性がある女性たちにも日頃からの葉酸摂取が推奨されています。
日本では妊婦と授乳期に一般より多めに取ることを推奨されていますが、妊娠を望んでいる方も日頃から意識して葉酸摂取を心がけて頂きたいと思います。

□ 葉酸の摂取は難しい?

実は『葉酸』を摂取することは難しいのです。

葉酸を摂っていくなら、まず現在の食生活にプラス200。つまり、400μg(マイクログラム)の摂取を心掛けていきましょう。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンで、水に溶けやすく、更に熱にも弱いという最大の弱点を持っていて、その摂取にはいくつか問題点が隠されているのです。

(1)吸収しにくい

葉酸は小さい分子が集まり、形成されています。これを小腸で消化酵素によって一つ一つに分解しないと吸収する事ができません。
およそ35%の葉酸は、そのまま排出されてしまうのです。

(2)減少しやすい

これは吸収されてから起こる事ですが、過度にアルコールを摂る事や、タバコを吸う事で、葉酸が減少してしまいます。生のほうれん草を調理して食べ、その葉酸を体内に吸収した場合、その後、もし40本のタバコを吸ったとすると、体内では生の状態の1/4しか活用されていないことになります。

葉酸を食生活で補おうとしたら、問題点があり、なかなか摂取することが難しいのですが、サプリメントならすでに分子を細かくした状態で作られているので吸収率が格段に高いのです!!

葉酸は妊婦さんだけに必要な栄養素ではありません。 
これから妊娠を望む女性にも、そして日頃の健康管理を望む方にも、葉酸を積極的に摂取しましょう。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温、葉酸>

葉酸と聴力の関係

葉酸について


葉酸と聴力の関係
<葉酸と聴力の関係>

 今、注目されている“葉酸サプリメント”健康産業新聞に気になる記事がありましたので、皆さまにご紹介したいと思います。

 高齢者が葉酸サプリメントを摂取すると、加齢に伴う聴力低下を穏和する効果が期待できることが、2日付の「Annals of Internal Medicine」で報告された。

高齢者の難聴が血中の葉酸濃度と関係しているという可能性はこれまでも指摘されていたが、その関係については実証されていなかった。

 調査は50~70歳のオランダ人男女730人を対象に、葉酸(800μg)またはプラセボの錠剤を3年間毎日与え、調査開始の前後に聴力を測定した。その結果3年後の聴力は、プラセボ群で、1.7dBの低下が見られたが、葉酸摂取群では、1.0dBの聴力低下にとどまった。

 葉酸摂取群はプラセボ群と比べて聴力の低下が少ないことがわかった。
 
 なお今回の調査期間中で、オランダでは食品への葉酸強化が認められていらなかった。このため調査開始時の参加者の血中葉酸濃度は、食品への葉酸強化が行われている米国と
 比べると半分程度だったという。

 日本では、厚生労働省が妊婦における葉酸不足が胎児に障害をもたらす可能性があることを考慮して、特に妊婦を希望している女性に対して、葉酸400㎎/日を摂取することを推奨している。

 (2007年1月17日 第1183号 健康産業新聞 抜粋)

 葉酸は妊婦だけではなく、聴力の低下のためにも役立ち多くの人達に必要な栄養素だと改めて実感しました!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温、葉酸>

葉酸は全ての方に必要なわけ

葉酸について


葉酸は全ての方に必要なわけ

□ 葉酸が妊婦に必要なのは・・(・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
葉酸は妊婦に必要だと言われています。
ではそれは何故なのでしょうか?
胎児の胎児の成長に合わせて、細胞作りが急ピッチで行われるため、養蚕の必要量は一般の倍にもなります。しかも、胎児の神経細胞は、妊婦3ヶ月以内に形成されるので近年、増加している神経系の障害を無くすためにも、妊婦初期での葉酸摂取が肝心となってくるのです。

□ 妊婦以外の方にも必要なのは・・(・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般の人にも葉酸は必要で、葉酸が不足するとしっかりしたDNAが出来ず、正常に機能しない細胞が出来てしまします。
例えばそれが、血管内で起こった場合は、DNAのミスコピーが原因で赤血球が巨大化してしまいます。そうすると、通常の赤血球よりも酸素の運搬機能が低下して、貧血の症状を引き起こしてしまうのです!!
また、粘膜でミスコピーか起きると、胃潰瘍や口内炎の症状が現れる事もつまり、新陳代謝のサイクルが早い粘膜は、葉酸不足の影響を最も受けやすい場所です。もしも何らかの理由でガン細胞が生まれてしまっても、葉酸が十分にある状態なら、ミスコピーされたガン細胞のDNAが正常なDNAに修復されるのですが葉酸が不足していると、ミスコピーのまま、ガン細胞は増殖していってしまうのです。
更に近年、葉酸不足がアルツハイマーやうつ病などの神経伝達に何らかの影響を、与えていると考えられていて、葉酸の新たな働きにも注目が集まっているのです。
ですから、葉酸は妊婦だけではなく全ての方に必要なのですよ!!
必要なのは分かったけど、実際に簡単に摂取できるの(・・?

□ 『葉酸』を摂取することは難しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葉酸を摂っていくなら、まず現在の食生活にプラス200。
つまり、400μg(マイクログラム)の摂取を心掛けていきましょう。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンで、水に溶けやすく、更に熱にも弱いという最大の弱点を持っていて、その摂取にはいくつか問題点が隠されているのです。
(1)吸収しにくい
葉酸は小さい分子が集まり、形成されています。これを小腸で消化酵素によって一つ一つに分解しないと吸収する事ができません。
およそ35%の葉酸は、そのまま排出されてしまうのです。
(2)減少しやすい
これは吸収されてから起こる事ですが、過度にアルコールを摂る事や、タバコを吸う事で、葉酸が減少してしまいます。生のほうれん草を調理して食べ、その葉酸を体内に吸収した場合、その後、もし40本のタバコを吸ったとすると、体内では生の状態の1/4しか活用されていないことになります。
葉酸を食生活で補おうとしたら、問題点があり、なかなか摂取することが難しいのですが、サプリメントならすでに分子を細かくした状態で作られているので吸収率が格段に高いのです!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温、葉酸>

妊娠9割以上が葉酸不足

葉酸について


妊娠9割以上が葉酸不足
<妊娠9割以上が葉酸不足>

『妊娠中に重要な栄養素である葉酸を、食事で厚生労働省の推奨量以上に摂取している妊婦は7.5%にとどまり、9割以上は不十分であることが横浜市立大などの研究グループの調査で分かった。妊娠前から意識的にサプリメントで摂取している人も13.5%だけだった。
【Yahoo!国内トピックスより抜粋】
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/child_care/

□ 葉酸が妊婦に必要な理由

葉酸が妊娠との関係の中で、注目を浴びている理由はきわめて妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれているからです。

2000年からは母子健康手帳にも胎児奇形の発生予防のための葉酸の必要性が記載されるようになりました。

日本での葉酸の必要性や認知度は海外に比べてまだまだ低く、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されている現状なのです。

ですから、妊婦さんは通常よりも多めに葉酸を摂取することを推奨されているのです。

□ 妊娠を望む女性達にも葉酸は必要

妊娠初期というのは人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期といえます。
だいたい受胎してから2~4週間ぐらいまでが細胞分裂の非常に活発な胎児期なのです。

この細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると、無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれています。
しかし妊娠に気づくころはその時期をすぎていることが通常です。

ほとんどの方は妊娠に気づいて、産婦人科などで葉酸のことを知って栄養管理を始めるのが現状です。

しかし胎児の神経系障害のリスクを低減させるには少なくとも妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取が望まれます。 欧米では妊娠に関係なく、将来妊娠をする可能性がある女性たちにも日頃からの葉酸摂取が推奨されています。
日本では妊婦と授乳期に一般より多めに取ることを推奨されていますが、妊娠を望んでいる方も日頃から意識して葉酸摂取を心がけて頂きたいと思います。

□ 葉酸の摂取は難しい?

実は『葉酸』を摂取することは難しいのです。

葉酸を摂っていくなら、まず現在の食生活にプラス200。つまり、400μg(マイクログラム)の摂取を心掛けていきましょう。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンで、水に溶けやすく、更に熱にも弱いという最大の弱点を持っていて、その摂取にはいくつか問題点が隠されているのです。

(1)吸収しにくい

葉酸は小さい分子が集まり、形成されています。これを小腸で消化酵素によって一つ一つに分解しないと吸収する事ができません。
およそ35%の葉酸は、そのまま排出されてしまうのです。

(2)減少しやすい

これは吸収されてから起こる事ですが、過度にアルコールを摂る事や、タバコを吸う事で、葉酸が減少してしまいます。生のほうれん草を調理して食べ、その葉酸を体内に吸収した場合、その後、もし40本のタバコを吸ったとすると、体内では生の状態の1/4しか活用されていないことになります。

葉酸を食生活で補おうとしたら、問題点があり、なかなか摂取することが難しいのですが、サプリメントならすでに分子を細かくした状態で作られているので吸収率が格段に高いのです!!

葉酸は妊婦さんだけに必要な栄養素ではありません。 
これから妊娠を望む女性にも、そして日頃の健康管理を望む方にも、葉酸を積極的に摂取しましょう。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温、葉酸>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。