健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活習慣病と胎児期の関係

マカ栽培(収穫編)

マカの品質の見分け方

生活習慣病と胎児期の関係

<生活習慣病と胎児期の関係>

糖尿病や高血圧など、かつては成人病と呼ばれた生活習慣病にかかるリスクの高さは母親のお腹の中で決まっている、という説があります。日本では『小さく生んで大きく育てる』を良しとする考え方もありますが、母体内できちんと栄養を与えてあげないと子供の体質に影響するということです。

【栄養取らない妊婦にリスク】 

胎内で母親から赤ちゃんに渡る栄養が不足すると、赤ちゃんの体は少ない栄養でも生きていけるように変化します。
この状態で生まれた赤ちゃんに急に栄養を流し込むと、処理能力の低い内蔵が酷使されることになります。

たとえば、腎臓なら低体重で生まれた子供は血液から老廃物をこしとる「糸球体ネフロン」が少なくなるといいます。

『成人病胎児期発祥説と関連疾患』
心臓血管疾患,糖尿病,肥満,高血圧,慢性腎疾患,骨粗しょう症

【過激なダイエットは禁物】

1980年以降、生まれた時の体重が2500グラム未満の低体重児は増え続けています。多胎妊娠や高齢出産が増えたことに加え、安産志向の急激な高まりが背景にあります。
妊婦向けの雑誌やパンフレットでは、妊娠中の体重増加を最小限に抑えて「かっこよく産む」ためのノウハウが紹介されていることがあります。
「赤ちゃんと二人分の栄養を、は昔の話」などと妊娠中の体形維持がテーマとされ、カロリー制限することで「何キロに抑えたか」が妊婦の自慢話にもなるようです。
妊婦さんの体重が増えなければ低体重児は生まれやすくなります。

【日本の調査結果】

低出生体重児の出生比率は、1960年代には7.5%前後だったものが、1980年代後半から増加傾向を示し、平成13年度の全国の低体重児出生比率8.8%になっています。東京都港区の愛育病院が、妊婦約4500人を対象に、妊婦と赤ちゃんの体重を調べたところ、妊娠前の体格が「やせ」で妊娠中の体重増加が7kg未満の場合は、低出生体重児を生む比率が全体の15%もあるという結果が出ています。

【アメリカの調査結果ですが・・・】

さらに、米国内の調査では、出生児の体重と成長した後の心疾患発症リスクには相関関係があるといいます。体重が約2300グラム以下で生まれた子供が心疾患を発症するリスクは、標準体重(3200~3800グラム)で生まれた子供の約1.5倍。
動物実験でも、たんぱく質を制限したラットの子供は、成熟後の体脂肪率が2倍程度に高くなりました。もちろん、体重が増えすぎれば妊娠中毒症の原因にもなるから、決して妊婦の体重が重ければよいというものではないです。
肥満度に応じて、それぞれに適した栄養を考えるのが望ましいです。

【産んでからも安心】

『ただ成人病が起因するといっても、胎児期は原因が作られるだけで、生まれてからでも状況をよくするチャンスはあります。
特に母乳の成分は発症リスクを減らすのに有効といいます。』?
(日本経済新聞2006年3月8日夕刊より抜粋) 

妊娠した時は無理なダイエットはせずに、十分な栄養を摂ることが元気な赤ちゃんを産むためにも大事だということが言えると思います。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コーヒーと生活習慣病

マカ栽培(気候編)

良いマカとは

コーヒーと生活習慣病
<コーヒーと生活習慣病>

今回は、コーヒーの持つ力についてのお話です。
でも、妊娠中は飲みすぎに注意なのです!!
その理由とは・・・・。

眠気覚ましやリラックス効果を期待して飲むことの多いコーヒーですが、糖尿病やがんなど生活習慣病の予防に役立ちそうなことが最近の研究でわかってきました。

現在と同じスタイルでコーヒーが飲まれるようになったのが15世紀後半。
当時から注目されてきたコーヒーの効能が、科学的に明らかにされつつあります。

【コーヒーと糖尿病】

3年前のコーヒーを飲む習慣と糖尿病との関連性についての調査では、コーヒーを飲む習慣が「週5回以上」の人は、「週1回未満」の人に比べて、日本人に多い二型糖尿病になるリスクが0.61倍という結果でした。
コーヒーを飲む人に糖尿病になる人が少ないことは以前から知られていました。
いくつかの疫学調査をまとめた海外の研究でも、二型糖尿病のリスクを減らすとの報告がありましたが、どうしてコーヒーを飲むと糖尿病になりにくいのでしょうか?

それは、コーヒー成分のカフェインとクロロゲン酸が複合的に働いているためなのです。
どちらも血糖値の上昇を抑える働きが動物実験で確かめられています。コーヒーに含まれるマグネシウムにも、血糖値を下げるインスリンの感受性を高める働きがあります。


【肥満予防、心筋梗塞・脳梗塞予防、肝臓がん予防】

コーヒーが肥満予防につながるかどうかの研究もされています。
カフェインには脂肪分解を促す効果があり、自律神経である交感神経を刺激して血圧や脈拍を高めエネルギー消費を高める働きもあり、コーヒーを飲むだけでやせるのは難しいですが、ダイエットを手助けする可能性はあるようです。

血管内に血栓と呼ぶ血の塊ができて発症する心筋梗塞や脳梗塞です。
コーヒーを飲むと、こうした死につながる病を、未然に防ぐことになるかもしれません。
なぜなら、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす働きが明らかになってきたことで、動脈硬化になりにくくする可能性があるからです。
様々な生活習慣を予防するコーヒーの効能が、科学的に次々とわかるようになってきました。

厚生労働省研究班による約9万人を対象とした大規模疫学調査では「1日5回以上飲む」人は「ほとんど飲まない」人よりも発病率が1/4に低下するという、肝臓がんを予防する効果を示す結果になった。

【おいしいコーヒーの入れ方】

幅広い生活習慣病の予防効果が期待できるコーヒー。
できればおいしく飲みたいですよね。そのコツは新鮮でひきたてのコーヒー豆を手に入れることが大切です。

焙煎日や出荷日が明治されているものを選び、2週間以内に使い切る分量を買いましょう。
新鮮なコーヒー豆ほど有効成分の効果が高いのです。
そして、余分な脂肪分を取り除くことができる、ペーパードリップがおすすめです。
ひきたてのコーヒー豆の場合、82度前後のお湯を、コーヒーをふくらませながら注ぐのが おいしく入れるコツです。

【コーヒーのマイナス面】 

もちろんコーヒーにもマイナス面はあります。
たとえば、カフェインは乳児死亡や流産を増すリスクがあるとの研究報告があります。
妊娠中の女性は飲みすぎないように注意しましょう。コーヒー好きの人でも、1日3杯までにしましょう。

また、カフェインによって交感神経の働きが活発になることで血圧や脈拍が上がりやすくなります。このため、動脈硬化や狭心症の症状が重い人は避けた方がよいでしょう。カリウムを多く含むため、高カリウム血圧や腎不全の人も飲まないほうがよいようです。

【コーヒーで胃が荒れるか?】 

1日何杯飲んでも、健康に問題はないのか?と少し心配になりますよね。
飲みすぎると胃をやれるイメージがありますが、コーヒーと健康に関する様々な情報を保有する英国のコーヒー科学情報センターの報告によると、コーヒーの飲用と、胃潰瘍や胸焼けとの関連性はありませんでした。飲みすぎると眠れなくなったり頭痛がしたりする人は、1日5、6杯を上限に、少しずつ減らす努力をしてみましょう。 
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

生活習慣病と胎児期の関係

マカの栽培

マカの壮大な故郷


生活習慣病と胎児期の関係
<生活習慣病と胎児期の関係>

糖尿病や高血圧など、かつては成人病と呼ばれた生活習慣病にかかるリスクの高さは母親のお腹の中で決まっている、という説があります。日本では『小さく生んで大きく育てる』を良しとする考え方もありますが、母体内できちんと栄養を与えてあげないと子供の体質に影響するということです。

【栄養取らない妊婦にリスク】 

胎内で母親から赤ちゃんに渡る栄養が不足すると、赤ちゃんの体は少ない栄養でも生きていけるように変化します。
この状態で生まれた赤ちゃんに急に栄養を流し込むと、処理能力の低い内蔵が酷使されることになります。

たとえば、腎臓なら低体重で生まれた子供は血液から老廃物をこしとる「糸球体ネフロン」が少なくなるといいます。

『成人病胎児期発祥説と関連疾患』
心臓血管疾患,糖尿病,肥満,高血圧,慢性腎疾患,骨粗しょう症

【過激なダイエットは禁物】

1980年以降、生まれた時の体重が2500グラム未満の低体重児は増え続けています。多胎妊娠や高齢出産が増えたことに加え、安産志向の急激な高まりが背景にあります。
妊婦向けの雑誌やパンフレットでは、妊娠中の体重増加を最小限に抑えて「かっこよく産む」ためのノウハウが紹介されていることがあります。
「赤ちゃんと二人分の栄養を、は昔の話」などと妊娠中の体形維持がテーマとされ、カロリー制限することで「何キロに抑えたか」が妊婦の自慢話にもなるようです。
妊婦さんの体重が増えなければ低体重児は生まれやすくなります。

【日本の調査結果】

低出生体重児の出生比率は、1960年代には7.5%前後だったものが、1980年代後半から増加傾向を示し、平成13年度の全国の低体重児出生比率8.8%になっています。東京都港区の愛育病院が、妊婦約4500人を対象に、妊婦と赤ちゃんの体重を調べたところ、妊娠前の体格が「やせ」で妊娠中の体重増加が7kg未満の場合は、低出生体重児を生む比率が全体の15%もあるという結果が出ています。

【アメリカの調査結果ですが・・・】

さらに、米国内の調査では、出生児の体重と成長した後の心疾患発症リスクには相関関係があるといいます。体重が約2300グラム以下で生まれた子供が心疾患を発症するリスクは、標準体重(3200~3800グラム)で生まれた子供の約1.5倍。
動物実験でも、たんぱく質を制限したラットの子供は、成熟後の体脂肪率が2倍程度に高くなりました。もちろん、体重が増えすぎれば妊娠中毒症の原因にもなるから、決して妊婦の体重が重ければよいというものではないです。
肥満度に応じて、それぞれに適した栄養を考えるのが望ましいです。

【産んでからも安心】

『ただ成人病が起因するといっても、胎児期は原因が作られるだけで、生まれてからでも状況をよくするチャンスはあります。
特に母乳の成分は発症リスクを減らすのに有効といいます。』?
(日本経済新聞2006年3月8日夕刊より抜粋) 

妊娠した時は無理なダイエットはせずに、十分な栄養を摂ることが元気な赤ちゃんを産むためにも大事だということが言えると思います。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

コーヒーと生活習慣病

マカ3000年の歴史

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ

コーヒーと生活習慣病
<コーヒーと生活習慣病>

今回は、コーヒーの持つ力についてのお話です。
でも、妊娠中は飲みすぎに注意なのです!!
その理由とは・・・・。

眠気覚ましやリラックス効果を期待して飲むことの多いコーヒーですが、糖尿病やがんなど生活習慣病の予防に役立ちそうなことが最近の研究でわかってきました。

現在と同じスタイルでコーヒーが飲まれるようになったのが15世紀後半。
当時から注目されてきたコーヒーの効能が、科学的に明らかにされつつあります。

【コーヒーと糖尿病】

3年前のコーヒーを飲む習慣と糖尿病との関連性についての調査では、コーヒーを飲む習慣が「週5回以上」の人は、「週1回未満」の人に比べて、日本人に多い二型糖尿病になるリスクが0.61倍という結果でした。
コーヒーを飲む人に糖尿病になる人が少ないことは以前から知られていました。
いくつかの疫学調査をまとめた海外の研究でも、二型糖尿病のリスクを減らすとの報告がありましたが、どうしてコーヒーを飲むと糖尿病になりにくいのでしょうか?

それは、コーヒー成分のカフェインとクロロゲン酸が複合的に働いているためなのです。
どちらも血糖値の上昇を抑える働きが動物実験で確かめられています。コーヒーに含まれるマグネシウムにも、血糖値を下げるインスリンの感受性を高める働きがあります。


【肥満予防、心筋梗塞・脳梗塞予防、肝臓がん予防】

コーヒーが肥満予防につながるかどうかの研究もされています。
カフェインには脂肪分解を促す効果があり、自律神経である交感神経を刺激して血圧や脈拍を高めエネルギー消費を高める働きもあり、コーヒーを飲むだけでやせるのは難しいですが、ダイエットを手助けする可能性はあるようです。

血管内に血栓と呼ぶ血の塊ができて発症する心筋梗塞や脳梗塞です。
コーヒーを飲むと、こうした死につながる病を、未然に防ぐことになるかもしれません。
なぜなら、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす働きが明らかになってきたことで、動脈硬化になりにくくする可能性があるからです。
様々な生活習慣を予防するコーヒーの効能が、科学的に次々とわかるようになってきました。

厚生労働省研究班による約9万人を対象とした大規模疫学調査では「1日5回以上飲む」人は「ほとんど飲まない」人よりも発病率が1/4に低下するという、肝臓がんを予防する効果を示す結果になった。

【おいしいコーヒーの入れ方】

幅広い生活習慣病の予防効果が期待できるコーヒー。
できればおいしく飲みたいですよね。そのコツは新鮮でひきたてのコーヒー豆を手に入れることが大切です。

焙煎日や出荷日が明治されているものを選び、2週間以内に使い切る分量を買いましょう。
新鮮なコーヒー豆ほど有効成分の効果が高いのです。
そして、余分な脂肪分を取り除くことができる、ペーパードリップがおすすめです。
ひきたてのコーヒー豆の場合、82度前後のお湯を、コーヒーをふくらませながら注ぐのが おいしく入れるコツです。

【コーヒーのマイナス面】 

もちろんコーヒーにもマイナス面はあります。
たとえば、カフェインは乳児死亡や流産を増すリスクがあるとの研究報告があります。
妊娠中の女性は飲みすぎないように注意しましょう。コーヒー好きの人でも、1日3杯までにしましょう。

また、カフェインによって交感神経の働きが活発になることで血圧や脈拍が上がりやすくなります。このため、動脈硬化や狭心症の症状が重い人は避けた方がよいでしょう。カリウムを多く含むため、高カリウム血圧や腎不全の人も飲まないほうがよいようです。

【コーヒーで胃が荒れるか?】 

1日何杯飲んでも、健康に問題はないのか?と少し心配になりますよね。
飲みすぎると胃をやれるイメージがありますが、コーヒーと健康に関する様々な情報を保有する英国のコーヒー科学情報センターの報告によると、コーヒーの飲用と、胃潰瘍や胸焼けとの関連性はありませんでした。飲みすぎると眠れなくなったり頭痛がしたりする人は、1日5、6杯を上限に、少しずつ減らす努力をしてみましょう。 
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

生活習慣病と胎児期の関係

良いマカとは

マカ栽培(収穫編)


生活習慣病と胎児期の関係
<生活習慣病と胎児期の関係>

糖尿病や高血圧など、かつては成人病と呼ばれた生活習慣病にかかるリスクの高さは母親のお腹の中で決まっている、という説があります。日本では『小さく生んで大きく育てる』を良しとする考え方もありますが、母体内できちんと栄養を与えてあげないと子供の体質に影響するということです。

【栄養取らない妊婦にリスク】 

胎内で母親から赤ちゃんに渡る栄養が不足すると、赤ちゃんの体は少ない栄養でも生きていけるように変化します。
この状態で生まれた赤ちゃんに急に栄養を流し込むと、処理能力の低い内蔵が酷使されることになります。

たとえば、腎臓なら低体重で生まれた子供は血液から老廃物をこしとる「糸球体ネフロン」が少なくなるといいます。

『成人病胎児期発祥説と関連疾患』
心臓血管疾患,糖尿病,肥満,高血圧,慢性腎疾患,骨粗しょう症

【過激なダイエットは禁物】

1980年以降、生まれた時の体重が2500グラム未満の低体重児は増え続けています。多胎妊娠や高齢出産が増えたことに加え、安産志向の急激な高まりが背景にあります。
妊婦向けの雑誌やパンフレットでは、妊娠中の体重増加を最小限に抑えて「かっこよく産む」ためのノウハウが紹介されていることがあります。
「赤ちゃんと二人分の栄養を、は昔の話」などと妊娠中の体形維持がテーマとされ、カロリー制限することで「何キロに抑えたか」が妊婦の自慢話にもなるようです。
妊婦さんの体重が増えなければ低体重児は生まれやすくなります。

【日本の調査結果】

低出生体重児の出生比率は、1960年代には7.5%前後だったものが、1980年代後半から増加傾向を示し、平成13年度の全国の低体重児出生比率8.8%になっています。東京都港区の愛育病院が、妊婦約4500人を対象に、妊婦と赤ちゃんの体重を調べたところ、妊娠前の体格が「やせ」で妊娠中の体重増加が7kg未満の場合は、低出生体重児を生む比率が全体の15%もあるという結果が出ています。

【アメリカの調査結果ですが・・・】

さらに、米国内の調査では、出生児の体重と成長した後の心疾患発症リスクには相関関係があるといいます。体重が約2300グラム以下で生まれた子供が心疾患を発症するリスクは、標準体重(3200~3800グラム)で生まれた子供の約1.5倍。
動物実験でも、たんぱく質を制限したラットの子供は、成熟後の体脂肪率が2倍程度に高くなりました。もちろん、体重が増えすぎれば妊娠中毒症の原因にもなるから、決して妊婦の体重が重ければよいというものではないです。
肥満度に応じて、それぞれに適した栄養を考えるのが望ましいです。

【産んでからも安心】

『ただ成人病が起因するといっても、胎児期は原因が作られるだけで、生まれてからでも状況をよくするチャンスはあります。
特に母乳の成分は発症リスクを減らすのに有効といいます。』?
(日本経済新聞2006年3月8日夕刊より抜粋) 

妊娠した時は無理なダイエットはせずに、十分な栄養を摂ることが元気な赤ちゃんを産むためにも大事だということが言えると思います。


良いマカとは

マカ栽培(収穫編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。