健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳の健康維持に期待!エストロゲンの力

マカ栽培(種まき編)

マカの品質問題


脳の健康維持に期待!エストロゲンの力
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。

+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。
その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。
この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。
つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。
現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです

脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
脳の健康維持に期待!エストロゲンの力

マカ栽培(種まき編)

マカの品質問題


脳の健康維持に期待!エストロゲンの力
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。

+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。
その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。
この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。
つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。
現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです

脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

自分のカラダを見直してみよう!

マカの栽培

マカ栽培(気候編)

自分のカラダを見直してみよう!


…………………………………………………………
★☆ 20代 ★☆
…………………………………………………………
20代は若くて(たいていは)元気。でも今のうちから将来に備えて、健康と美容のための正しい生活習慣を身につけよう

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
妊娠に備え、エストロゲンやプロエストロゲン(黄体ホルモン)アンドロゲンの分泌量がピークに達する
□ 代謝
脂肪も増えるが筋肉量も増える。代謝は高く、骨は強くなり、身体の柔軟性も増す。運動する習慣がない人は、今こそ始めるとき。
□ お肌
いちばん美しい時期。たっぷりのコラーゲンとエラスチンのおかげで、肌は強く柔軟性に富む。洗顔と保湿に気をつけ、日焼けをしないように。喫煙や飲酒はほどほどに。

…………………………………………………………
★☆ 30代 ★☆
…………………………………………………………
「30すぎの大人は信用できない」と言われたのは過去のこと。今の30代は私生活も仕事も上昇気流に乗っていく時期だ

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が減りはじめ、徐々に妊娠しにくくなる。しかし、第一子を30代で産む人は多い。

□ 代謝
新陳代謝が悪くなるにつれ、筋肉量は減り、体脂肪がアップ。
定期的な運動を怠るなかれ。2~4キロ体重が増えただけでも生活習慣病のリスクは高まる。
□ お肌
皮膚細胞の再生サイクルが遅くなるため、目元や口元にしわができる。死んだ細胞を取り除き、健康な皮膚の再生を促すため、余分な角質を取り除くお手入れを。

…………………………………………………………
★☆ 40代 ★☆
…………………………………………………………
40代は別名「ネオ30代」。今や40代こそ私生活もキャリアも充実して輝く年代…かもしれない。

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
女性ホルモン分泌量の低下に伴い、妊娠能力も急激に落ちていく。更年期を迎えると月経周期は不規則になり、さまざまな症状が起こることもある。
□ 代謝
基礎代謝は10歳ごとに4~5%低下するため、ますます体重を減らしにくくなる。健康的な食事をし、身体を動かすように心掛けたい。
□ お肌
コラーゲンが減るため、たるみやしわが目立つようになる。
せっせと保湿し、日光にあたらないよう気をつけ、タバコはきっぱりやめよう。

…………………………………………………………
★☆ 50代 ★☆
…………………………………………………………
肉体も情緒面も完成の域。50代は成熟という言葉が最高に似合う時期だ。

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
日本人の閉経平均年齢は51歳。閉経を機に、エストロゲンの分泌量は75%も減る。また下垂体からLH(黄体形成ホルモン)やFSH(卵胞刺激ホルモン)が過剰に分泌されるようになり、これがほてりの原因になる。情緒不安定になったり、抑うつ状態に陥る人も。
□ 代謝
エストロゲンが減るため、体重が増えやすくなる。50歳になったら、1日当たりの摂取カロリーを40歳のときよりも50カロリー少なくする。心臓病や糖尿病の予防のためにも、運動は欠かさずに。
□ お肌
肌は薄くなり、以前より敏感になる。

…………………………………………………………
★☆ 60代 ★☆
…………………………………………………………
平均寿命が延び、今では60代でも健康な生活を楽しんでいる人がたくさんいる。

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
女性ホルモンの分泌が減るとともに男性ホルモンが優勢になり、頭髪が薄くなったり、体毛が濃くなったりする場合もある。
□ 代謝
体重はそれほど増えなくなるが、お腹の周りの余計な脂肪は高血圧や心臓病、糖尿病のもと。ウエートトレーニングをはじめとする運動は、体力や新緑を増強するとともに、こうした病気を予防するのにも役立つ。
□ お肌
表皮細胞の形状が不規則になる。色素沈着については、薄くなる部分もある反面、肝班と呼ばれるシミができやすくなる。

…………………………………………………………
★☆ 70代 ★☆
…………………………………………………………
生活習慣病の改善と適切な医療の普及で、70歳を超えても元気いっぱいな女性が増えている。

体内ではこんな変化が
□ ホルモン
年をとるにつれ、脳にある松果体から分泌されるメラトニン(生体リズムをつかさどるホルモン)の量が減ってくる。
そのため、夜ぐっすり眠るのが難しくなってくる。
□ 代謝
食欲が落ちるせいで、体重が減ることも。サプリメント(栄養補助食品)を飲めば、筋力や骨密度の低下をある程度は防げるだろう。適度に身体を動かすことは、柔軟性を保ち、平衡感覚を改善する効果が期待できる。転倒防止のためにも是非。
□ お肌
エラスチンやコラーゲンを産出する線維芽細胞が減少しはじめるため、皮膚がたるんでくる。肌に優しい洗顔料と、保湿の高い基礎化粧品を使うこと。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

エストロゲンと女性ホルモン

マカ栽培(気候編)

マカ栽培(種まき編)

<エストロゲンと女性ホルモン>

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。
+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。
女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです
脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!

+----+----+--------------------------------------+----+----+
●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

エストロゲンと女性ホルモン

マカの栄養価の秘密

5分で分かるマカ講座


<エストロゲンと女性ホルモン>

女性ホルモンって何?

『刺激する』というギリシア語が語源となっているホルモン。
ホルモンといえば、気持ちを緊張させたり、興奮させたりするアドレナリンや、血糖値を下げる働きをするインスリンなどがその代表例ですが、それぞれに役割を持ったホルモンは、現在見つかっているものだけで、約70種類にもおよびます。
ホルモンは、脳以外でも身体の各所で分泌されていて、血液と共に全身をめぐりながら各細胞に指令を通達しています。
また、それらのホルモンの中には神経物質として、脳内での情報伝達をも担っているものまであります。
つまり、ホルモンがないと身体の中は動かなくなってしまうのです。

+++++++++++++++++++++++++++
男性ホルモンと女性ホルモンの役割は?
+++++++++++++++++++++++++++

女性ホルモンと言われるのはエストロゲンとプロゲステロンの二つで、女性ホルモンは、丸みのある身体作りに大きく作用します。
男性ホルモンは、テストステロンに代表されるもので、例えば、がっちりした骨格や筋肉、ヒゲや体毛などの成長は男性ホルモンの作用です。そして男性ホルモンと女性ホルモンの基本にあるのは、子孫を残すという重要な使命なのです。

思春期の女性の身体がふっくらしているのも、女性ホルモンの量がこの時期に急上昇するためで、これは体型を作る準備段階なのです。
この時期の無理なダイエットなどは後々悪影響を及ぼす事もあります。
+++++++++++++++++++++++++++
男性にも女性ホルモンがある?
+++++++++++++++++++++++++++

男性には、女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性は男性の約1/10の男性ホルモンを持っています。脳の指令によって、女性ホルモンは卵巣で、男性ホルモンは精巣で作られるもの。
しかし、女性は副腎でも男性ホルモンが作られているなど、身体の各所でもすこしづつ両方のホルモンが作られているため、全ての人が両方のホルモンを持っているのです。
女性ホルモンも男性ホルモンも、元はコレステロールが変化して出来た物質。その為、構造的にとてもよく似ている物質なのです。

+++++++++++++++++++++++++++
女性の男性ホルモンの役割
+++++++++++++++++++++++++++

女性の中でも男性ホルモンはあり、男性と同じく筋肉や体毛に影響しています。華奢な男性や、体毛の濃い女性が存在するのは、両方のホルモン比率が人によって違うため。
女性ホルモンの増減は、生まれる以前から決められていて、量と時期がきっちりプログラミングされています。女性のホルモンの増減により、身体と健康が保たれているのです。


+++++++++++++++++++++++++++
女性ホルモンの最新研究 エストロゲンの力!
+++++++++++++++++++++++++++

エストロゲンと脳との関係をご存知ですか?
最近、日本人の間でも増加傾向にあると言われているアルツハイマー病。この病気は、始めに現れるのは物忘れ程度の症状ですが、その後記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ってしまう病気です。昔の事を忘れてしまって思い出せないのは『老化』で、今日の朝食のメニューが思い出せないのが『アルツハイマー病』とも言われています。

アルツハイマー病のメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンです。一度壊れると再生できないニューロンが、急速に破壊され、細胞が減少し脳が萎縮してしまうのです。その結果、記憶の消失がひどくなり、痴呆へと至ります。

エストロゲンを加えた実験の場合、ニューロンの死滅が大幅に減少しました。エストロゲンはニューロンを保護しているのです。この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されている。つまりエストロゲンは、アルツハイマー病だけでなく、記憶力も向上させるのではないかと、考えられているのです

+++++++++++++++++++++++++++
男性のエストロゲンはどこで作られるのか?
+++++++++++++++++++++++++++

実は、男性の脳内では、タンパク質と酵素によって、男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られている。
そして精巣でも微量のエストロゲンを作っていますが、さらに脳内で必要に応じて、男性ホルモンのテストステロンから、エストロゲンを作ります。それが脳内で作用しているというのです。現在、アメリカではアルツハイマー病に対するエストロゲンの効果の臨床試験が進行中。世界中がその結果に注目しているのです
脳の健康維持。その効果が女性ホルモン・エストロゲンに大きく期待されているのです!

+----+----+--------------------------------------+----+----+
●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。