健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳がんについて

マカ栽培(土壌検査編)

マカ栽培(収穫編)

乳がんについて
<乳がんについて>


一般に日本人女性は乳がんに対する意識が低いと言われています。従来の視触診の検診の受診率は12%にとどまっています。欧米ではマンモグラフィーを使った検診が一般的で、
米国では40代50代の女性の70%以上が2、3年に1度は受けています。
乳がんの早期発見には女性の意識改革も必要のようです。

+++++++++++++++++++++++++++
日経新聞記事より「自分の乳房は自分で守る」
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんは日本社会を脅かす勢いで増えている。女性がかかっているがんのトップとなっている実情からも「私は乳がんにならない」では済まされない。欧米などに比べ日本女性の乳がんに対する危機感は低いだけに、今後は成人式に乳がんの話をすることが必要ではないだろうかと考える。
厚生労働省の「がん検診に関する検討会」は40歳以上の女性にマンモグラフィー(乳房のX線撮影)による検診を導入するように報告書で提言した。だが、医療体制追いついていない現状である以上、自分の乳房は、自分で守っていかなければならない。
総合病院などではマンモグラフィー検診の準備がすすんでいる。
30歳を過ぎたら、是非一度受けたい。もし、あなたが乳房に何か異常を感じるなら、検診ではなく、外科で乳腺専門医師のいる乳腺外来を受診しよう。検診は、しこりなど自覚症状のない人が受けるものだ。
検診で異常がなかった人も、30歳を過ぎたら毎年1回は検診を受けよう。さらに毎月1回は、自分でも「異常なし」と言われたときの乳房と変わっていないかどうかチェックを続けてほしい。(4月14日より)

+++++++++++++++++++++++++++
乳がんとは
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんだけにはなりたくない…しかし予防はむずかしく、若い人では遺伝的要素が強いそうですが、それだけではなく、体質やストレスなどさまざまな要因が重なって発症します。代表的な症状は「しこり」。しこりイコール乳がんというわけではなく、検査して乳腺症や良性腫瘍とわかればひと安心。乳がんと症状が似ている乳腺症は、女性ホルモンのアンバランスにより乳腺の細胞が異常に増殖したり退縮したもので、命にかかわる病気ではありません。ほかにも乳腺炎や良性腫瘍などの乳房の病気は、適切な治療を受ければ大丈夫です。
一方乳がんの場合は、発見は早ければ早いほどよく、進行の程度によって手術のやり方が異なります。ただ、がんの中でも乳がんは発見しやすい病気で、それだけ完治できる可能性も高いということです。

乳がんは、乳房の中にある乳腺(乳管・腺房)に発生する悪性の腫瘍です。初期のうちは自覚症状はほとんどありませんが、そのまま放置しているとがんは乳腺の外に広がり、やがて全身に広がっていきます。
日本でも、食生活の欧米化などによって、乳がんにかかる人も、乳がんで亡くなる人も年々急速に増えています。なかでも東京都は、乳がんの死亡率が全国第1位、毎年1000人あまりの方が乳がんで亡くなっています。
この増加傾向は今後も続き、1985年の乳がん罹患率を1とすると、2015年にはその1.85倍の方が乳がんにかかると予測されています。

「乳がんのリスクが高い」とされている人

◆初産が遅い(30歳以上)人
◆出産経験がない
◆閉経年齢が遅い(55歳以降)人
◆初潮が早く始まった
◆血縁者に乳がんになった人がいる

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィー検診とは
+++++++++++++++++++++++++++

日本では従来から、視触診による乳がん検診が行われてきました。しかし、視触診のみによる検診は「有効性を示す根拠は必ずしも十分でない」(旧厚生省「がん検診の有効性評価」研究班)ことから、欧米諸国で有効と評価されているマンモグラフィーによる検診が導入されました。
マンモグラフィーは 乳房のX線写真です。乳房は柔らかい組織なので、専用のレントゲン装置で乳房をはさんで写真を撮ります。

マンモグラフィー検診は欧米では一般的に行われており、乳がんによる死亡を減少させる効果が得られています。日本でも、マンモグラフィーを使用した場合、多くの乳がんが早期に発見されていますので、乳がんによる死亡を減らす効果があると予想されます。
また、検診で異常がなくても、次の検診までに乳がんがみつかることがあります。これを「中間期がん」と言いますが、これまでの視触診による検診では中間期がんは約30%ですが、マンモグラフィーによる検診では10%に減少します。

+++++++++++++++++++++++++++
被曝による危険は?
+++++++++++++++++++++++++++

1回の検診で乳房が受ける放射線の量は、東京からニューヨークへ飛行機で行く時に浴びる自然放射線の量のほぼ半分と言われています。つまり、マンモグラフィー撮影に伴う危険はほとんどないか、あってもごく小さいものということができます。

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィーによる検診での、乳がん発見率は?
+++++++++++++++++++++++++++

検診で「精密検査が必要」となる人は約5%です。そして、精密検査の受診者のうち約2%が乳がんと診断されます。つまり、受診者1000人に1人の割合(全体の0.1%)で乳がんがみつかっているということです。また、もし乳がんがみつかったとしても、マンモグラフィーによる検診での発見は早期がんの可能性が高くなります。

『財団法人東京都予防医学協会』HPより引用
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb48_brp.htm
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb47_brs.htm

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
乳がんについて

マカの栄養価の秘密

5分で分かるマカ講座


乳がんについて
<乳がんについて>


一般に日本人女性は乳がんに対する意識が低いと言われています。従来の視触診の検診の受診率は12%にとどまっています。欧米ではマンモグラフィーを使った検診が一般的で、
米国では40代50代の女性の70%以上が2、3年に1度は受けています。
乳がんの早期発見には女性の意識改革も必要のようです。

+++++++++++++++++++++++++++
日経新聞記事より「自分の乳房は自分で守る」
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんは日本社会を脅かす勢いで増えている。女性がかかっているがんのトップとなっている実情からも「私は乳がんにならない」では済まされない。欧米などに比べ日本女性の乳がんに対する危機感は低いだけに、今後は成人式に乳がんの話をすることが必要ではないだろうかと考える。
厚生労働省の「がん検診に関する検討会」は40歳以上の女性にマンモグラフィー(乳房のX線撮影)による検診を導入するように報告書で提言した。だが、医療体制追いついていない現状である以上、自分の乳房は、自分で守っていかなければならない。
総合病院などではマンモグラフィー検診の準備がすすんでいる。
30歳を過ぎたら、是非一度受けたい。もし、あなたが乳房に何か異常を感じるなら、検診ではなく、外科で乳腺専門医師のいる乳腺外来を受診しよう。検診は、しこりなど自覚症状のない人が受けるものだ。
検診で異常がなかった人も、30歳を過ぎたら毎年1回は検診を受けよう。さらに毎月1回は、自分でも「異常なし」と言われたときの乳房と変わっていないかどうかチェックを続けてほしい。(4月14日より)

+++++++++++++++++++++++++++
乳がんとは
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんだけにはなりたくない…しかし予防はむずかしく、若い人では遺伝的要素が強いそうですが、それだけではなく、体質やストレスなどさまざまな要因が重なって発症します。代表的な症状は「しこり」。しこりイコール乳がんというわけではなく、検査して乳腺症や良性腫瘍とわかればひと安心。乳がんと症状が似ている乳腺症は、女性ホルモンのアンバランスにより乳腺の細胞が異常に増殖したり退縮したもので、命にかかわる病気ではありません。ほかにも乳腺炎や良性腫瘍などの乳房の病気は、適切な治療を受ければ大丈夫です。
一方乳がんの場合は、発見は早ければ早いほどよく、進行の程度によって手術のやり方が異なります。ただ、がんの中でも乳がんは発見しやすい病気で、それだけ完治できる可能性も高いということです。

乳がんは、乳房の中にある乳腺(乳管・腺房)に発生する悪性の腫瘍です。初期のうちは自覚症状はほとんどありませんが、そのまま放置しているとがんは乳腺の外に広がり、やがて全身に広がっていきます。
日本でも、食生活の欧米化などによって、乳がんにかかる人も、乳がんで亡くなる人も年々急速に増えています。なかでも東京都は、乳がんの死亡率が全国第1位、毎年1000人あまりの方が乳がんで亡くなっています。
この増加傾向は今後も続き、1985年の乳がん罹患率を1とすると、2015年にはその1.85倍の方が乳がんにかかると予測されています。

「乳がんのリスクが高い」とされている人

◆初産が遅い(30歳以上)人
◆出産経験がない
◆閉経年齢が遅い(55歳以降)人
◆初潮が早く始まった
◆血縁者に乳がんになった人がいる

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィー検診とは
+++++++++++++++++++++++++++

日本では従来から、視触診による乳がん検診が行われてきました。しかし、視触診のみによる検診は「有効性を示す根拠は必ずしも十分でない」(旧厚生省「がん検診の有効性評価」研究班)ことから、欧米諸国で有効と評価されているマンモグラフィーによる検診が導入されました。
マンモグラフィーは 乳房のX線写真です。乳房は柔らかい組織なので、専用のレントゲン装置で乳房をはさんで写真を撮ります。

マンモグラフィー検診は欧米では一般的に行われており、乳がんによる死亡を減少させる効果が得られています。日本でも、マンモグラフィーを使用した場合、多くの乳がんが早期に発見されていますので、乳がんによる死亡を減らす効果があると予想されます。
また、検診で異常がなくても、次の検診までに乳がんがみつかることがあります。これを「中間期がん」と言いますが、これまでの視触診による検診では中間期がんは約30%ですが、マンモグラフィーによる検診では10%に減少します。

+++++++++++++++++++++++++++
被曝による危険は?
+++++++++++++++++++++++++++

1回の検診で乳房が受ける放射線の量は、東京からニューヨークへ飛行機で行く時に浴びる自然放射線の量のほぼ半分と言われています。つまり、マンモグラフィー撮影に伴う危険はほとんどないか、あってもごく小さいものということができます。

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィーによる検診での、乳がん発見率は?
+++++++++++++++++++++++++++

検診で「精密検査が必要」となる人は約5%です。そして、精密検査の受診者のうち約2%が乳がんと診断されます。つまり、受診者1000人に1人の割合(全体の0.1%)で乳がんがみつかっているということです。また、もし乳がんがみつかったとしても、マンモグラフィーによる検診での発見は早期がんの可能性が高くなります。

『財団法人東京都予防医学協会』HPより引用
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb48_brp.htm
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb47_brs.htm

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

乳がんについて

マカの品質



乳がんについて
<乳がんについて>


一般に日本人女性は乳がんに対する意識が低いと言われています。従来の視触診の検診の受診率は12%にとどまっています。欧米ではマンモグラフィーを使った検診が一般的で、
米国では40代50代の女性の70%以上が2、3年に1度は受けています。
乳がんの早期発見には女性の意識改革も必要のようです。

+++++++++++++++++++++++++++
日経新聞記事より「自分の乳房は自分で守る」
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんは日本社会を脅かす勢いで増えている。女性がかかっているがんのトップとなっている実情からも「私は乳がんにならない」では済まされない。欧米などに比べ日本女性の乳がんに対する危機感は低いだけに、今後は成人式に乳がんの話をすることが必要ではないだろうかと考える。
厚生労働省の「がん検診に関する検討会」は40歳以上の女性にマンモグラフィー(乳房のX線撮影)による検診を導入するように報告書で提言した。だが、医療体制追いついていない現状である以上、自分の乳房は、自分で守っていかなければならない。
総合病院などではマンモグラフィー検診の準備がすすんでいる。
30歳を過ぎたら、是非一度受けたい。もし、あなたが乳房に何か異常を感じるなら、検診ではなく、外科で乳腺専門医師のいる乳腺外来を受診しよう。検診は、しこりなど自覚症状のない人が受けるものだ。
検診で異常がなかった人も、30歳を過ぎたら毎年1回は検診を受けよう。さらに毎月1回は、自分でも「異常なし」と言われたときの乳房と変わっていないかどうかチェックを続けてほしい。(4月14日より)

+++++++++++++++++++++++++++
乳がんとは
+++++++++++++++++++++++++++

乳がんだけにはなりたくない…しかし予防はむずかしく、若い人では遺伝的要素が強いそうですが、それだけではなく、体質やストレスなどさまざまな要因が重なって発症します。代表的な症状は「しこり」。しこりイコール乳がんというわけではなく、検査して乳腺症や良性腫瘍とわかればひと安心。乳がんと症状が似ている乳腺症は、女性ホルモンのアンバランスにより乳腺の細胞が異常に増殖したり退縮したもので、命にかかわる病気ではありません。ほかにも乳腺炎や良性腫瘍などの乳房の病気は、適切な治療を受ければ大丈夫です。
一方乳がんの場合は、発見は早ければ早いほどよく、進行の程度によって手術のやり方が異なります。ただ、がんの中でも乳がんは発見しやすい病気で、それだけ完治できる可能性も高いということです。

乳がんは、乳房の中にある乳腺(乳管・腺房)に発生する悪性の腫瘍です。初期のうちは自覚症状はほとんどありませんが、そのまま放置しているとがんは乳腺の外に広がり、やがて全身に広がっていきます。
日本でも、食生活の欧米化などによって、乳がんにかかる人も、乳がんで亡くなる人も年々急速に増えています。なかでも東京都は、乳がんの死亡率が全国第1位、毎年1000人あまりの方が乳がんで亡くなっています。
この増加傾向は今後も続き、1985年の乳がん罹患率を1とすると、2015年にはその1.85倍の方が乳がんにかかると予測されています。

「乳がんのリスクが高い」とされている人

◆初産が遅い(30歳以上)人
◆出産経験がない
◆閉経年齢が遅い(55歳以降)人
◆初潮が早く始まった
◆血縁者に乳がんになった人がいる

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィー検診とは
+++++++++++++++++++++++++++

日本では従来から、視触診による乳がん検診が行われてきました。しかし、視触診のみによる検診は「有効性を示す根拠は必ずしも十分でない」(旧厚生省「がん検診の有効性評価」研究班)ことから、欧米諸国で有効と評価されているマンモグラフィーによる検診が導入されました。
マンモグラフィーは 乳房のX線写真です。乳房は柔らかい組織なので、専用のレントゲン装置で乳房をはさんで写真を撮ります。

マンモグラフィー検診は欧米では一般的に行われており、乳がんによる死亡を減少させる効果が得られています。日本でも、マンモグラフィーを使用した場合、多くの乳がんが早期に発見されていますので、乳がんによる死亡を減らす効果があると予想されます。
また、検診で異常がなくても、次の検診までに乳がんがみつかることがあります。これを「中間期がん」と言いますが、これまでの視触診による検診では中間期がんは約30%ですが、マンモグラフィーによる検診では10%に減少します。

+++++++++++++++++++++++++++
被曝による危険は?
+++++++++++++++++++++++++++

1回の検診で乳房が受ける放射線の量は、東京からニューヨークへ飛行機で行く時に浴びる自然放射線の量のほぼ半分と言われています。つまり、マンモグラフィー撮影に伴う危険はほとんどないか、あってもごく小さいものということができます。

+++++++++++++++++++++++++++
マンモグラフィーによる検診での、乳がん発見率は?
+++++++++++++++++++++++++++

検診で「精密検査が必要」となる人は約5%です。そして、精密検査の受診者のうち約2%が乳がんと診断されます。つまり、受診者1000人に1人の割合(全体の0.1%)で乳がんがみつかっているということです。また、もし乳がんがみつかったとしても、マンモグラフィーによる検診での発見は早期がんの可能性が高くなります。

『財団法人東京都予防医学協会』HPより引用
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb48_brp.htm
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb47_brs.htm

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に


マカの品質

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。