健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
必須アミノ酸

マカ栽培(収穫編)

5分で分かるマカ講座

必須アミノ酸
<必須アミノ酸>
+------------------------------------------------------+++
今回は疲労回復に役立つ「アミノ酸」についてもう少し詳しくご紹介します。
毎日の食事での撮れる食品、仕事別必要量、アミノ酸効果など知っていると得する情報です。
+----------------------------------------------------------+ 
 アミノ酸とは

私たちのカラダを構成する成分の中で、水分の次に多いのがタンパク質です。タンパク質は体重の約20%、つまり体重50kgのヒトの約10kgがタンパク質です。このタンパク質は20種類のアミノ酸を材料として作られています。人間のカラダのタンパク質の種類は約10万種類で、心臓をはじめ各種臓器や筋肉、ホルモン、酵素など生命活動の担い手となっています。
人間のカラダを構成するアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に大別され、必須アミノ酸は体内で合成できず食べ物として摂取する必要があり、ひとつでも欠けるとカラダを正常に保つことができなくなるのです。

+++++++++++++++++++++++++++
【必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

バリン (ドライミルク、プロセスチーズ、レバー、牛肉)
ロイシン (牛乳、ハム、カッテージチーズ)
イソロイシン (鶏肉、鮭、牛乳、プロセスチーズ)
リジン (魚介類、肉類、白花豆、レバー)
メチオニン (牛乳、レバー、全粒小麦)
フェニルアラニン (肉類、魚介類、大豆、アーモンド)
スレオニン (卵、スキムミルク、ゼラチン、七面鳥)
トリプトファン (チェダーチーズ、バナナ、卵黄、落花生)
ヒスチジン (鶏肉、ハム、チェダーチーズ、ドライミルク)

+++++++++++++++++++++++++++
【非必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

アルギニン (鶏肉、えび、ポップコーン、チョコレート)
アスパラギン酸、システイン、グルタミン酸、アラニン
グリシン、プロリン、セリン、チロシン

+++++++++++++++++++++++++++
アミノ酸(たんぱく質)はまず食事から
+++++++++++++++++++++++++++

カラダに必要なアミノ酸は食事から摂ることが基本です。特に体内で生成することのできない必須アミノ酸は、食事などにより、バランスよく摂取しなければなりません。この必須アミノ酸の量とバランスによってたんぱく質の栄養価の高低が決まります。
一般に動物性のたんぱく質(卵、牛乳、乳製品、肉、魚介などに多く含まれます。)は、必須アミノ酸の量が多く、そのバランスも人間のたんぱく質によく似ているので、体内での利用効率がよいと考えられています。
また、植物性のたんぱく質(大豆、大豆製品などに多く含まれる)もアミノ酸は豊富に含まれています。ただし、食品によっては植物性たんぱく質が豊富でも、一部必須アミノ酸
(リジン、メチオニン)が不足しているものもあります。
良質のたんぱく質は、肝機能を回復させたり、夏バテや二日酔いにもよいとされています。

+++++++++++++++++++++++++++
質問:「アミノ酸って普段の食事からも摂れるのでしょうか?」
回答:食事だけで十分なアミノ酸を摂るのはなかなか大変!
+++++++++++++++++++++++++++
「アミノ酸はたんぱく質の材料となる物質です。たんぱく質は糖質、脂質と並び、3大栄養素のひとつとなっています。そして人間が一日に必要なたんぱく質は70gといわれています。
しかし、たんぱく質はそのままでは体内に吸収されることはなく、体内で一度アミノ酸に分解されなくてはなりません。
問題は消化、分解という行為が体に負担をかけるものだということです。
食物から摂取したたんぱく質が、消化・分解され、アミノ酸として体内に吸収されるのは、健康な人でも8割といわれています。つまり、食物を摂取しただけでは1日の推奨摂取量とされている60~70gのアミノ酸を摂取することは難しいと思われます。ですから、定期的にアミノ酸をサプリメントとして摂取することが望ましいといえるのです。ちなみに、アミノ酸は、必要量よりも多く摂取したとしても体外に排泄されるので過剰摂取の問題はありません

+++++++++++++++++++++++++++
質問:アミノ酸でダイエットや美肌効果はありますか?
回答:期待できますよ!
+++++++++++++++++++++++++++

1日に食事以外で摂取してよいアミノ酸の目安は、4,000mg~6,000mgと言われています。また、週末にゴルフなどの運動をした人は10,000mg、トップアスリートは15,000mg~20,000mg。営業職の方や激しい運動をしている方は8,000mgを、特に他にビタミンやミネラル配合のサプリメントから摂ることが望ましいといわれています。

▲「脂肪燃焼アミノ酸」
アラニン、アルギニン、リジン、プロリン
▲「シワ、たるみの改善、肌再生アミノ酸」
アルギニン、プロリン
▲「体力アップアミノ酸」
アルギニン、イソロイシン、バリン、ロイシン
▲「免疫細胞を強化するアミノ酸」
アルギニン、グルタミン酸
▲「集中力を高めるアミノ酸」
チロシン

※ 脳活性アミノ酸には2種類の効果があります。ひとつは?集中力アップ、もうひとつは?脳を休める効果です。
しかし、脳へのルートはひとつしかなく、従ってひとつのアミノ酸しか通過できません。
そのため、?(チロリン)?(トリプトファン)の相反する効果を期待できるアミノ酸を一度に摂取すると、効果は半減してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++
マカに含まれるアミノ酸
+++++++++++++++++++++++++++

(タンパク質1g中アミノ酸重量比単位mg)
アスパラギン酸 91.7
グルタミン酸 156.5
リン 50.4
ヒスチジン 21.9
グリシン 68.3
セレオニン 33.1
アラミン 63.1
アルギニン 99.4
チロシン 30.6
フェニルアラニン 55.3
パリン 79.3
メチオニン 28.0
イソロイシン 47.4
ロイシン 91.0
リジン 54.5
ホプロリン 26.0
プロリン 0.5
サルコシン 0.7

+----+----+--------------------------------------+----+----+
マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に


スポンサーサイト
必須アミノ酸

マカ3000年の歴史

マカの肥沃な栽培地の秘密

必須アミノ酸
<必須アミノ酸>
+------------------------------------------------------+++
今回は疲労回復に役立つ「アミノ酸」についてもう少し詳しくご紹介します。
毎日の食事での撮れる食品、仕事別必要量、アミノ酸効果など知っていると得する情報です。
+----------------------------------------------------------+ 
 アミノ酸とは

私たちのカラダを構成する成分の中で、水分の次に多いのがタンパク質です。タンパク質は体重の約20%、つまり体重50kgのヒトの約10kgがタンパク質です。このタンパク質は20種類のアミノ酸を材料として作られています。人間のカラダのタンパク質の種類は約10万種類で、心臓をはじめ各種臓器や筋肉、ホルモン、酵素など生命活動の担い手となっています。
人間のカラダを構成するアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に大別され、必須アミノ酸は体内で合成できず食べ物として摂取する必要があり、ひとつでも欠けるとカラダを正常に保つことができなくなるのです。

+++++++++++++++++++++++++++
【必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

バリン (ドライミルク、プロセスチーズ、レバー、牛肉)
ロイシン (牛乳、ハム、カッテージチーズ)
イソロイシン (鶏肉、鮭、牛乳、プロセスチーズ)
リジン (魚介類、肉類、白花豆、レバー)
メチオニン (牛乳、レバー、全粒小麦)
フェニルアラニン (肉類、魚介類、大豆、アーモンド)
スレオニン (卵、スキムミルク、ゼラチン、七面鳥)
トリプトファン (チェダーチーズ、バナナ、卵黄、落花生)
ヒスチジン (鶏肉、ハム、チェダーチーズ、ドライミルク)

+++++++++++++++++++++++++++
【非必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

アルギニン (鶏肉、えび、ポップコーン、チョコレート)
アスパラギン酸、システイン、グルタミン酸、アラニン
グリシン、プロリン、セリン、チロシン

+++++++++++++++++++++++++++
アミノ酸(たんぱく質)はまず食事から
+++++++++++++++++++++++++++

カラダに必要なアミノ酸は食事から摂ることが基本です。特に体内で生成することのできない必須アミノ酸は、食事などにより、バランスよく摂取しなければなりません。この必須アミノ酸の量とバランスによってたんぱく質の栄養価の高低が決まります。
一般に動物性のたんぱく質(卵、牛乳、乳製品、肉、魚介などに多く含まれます。)は、必須アミノ酸の量が多く、そのバランスも人間のたんぱく質によく似ているので、体内での利用効率がよいと考えられています。
また、植物性のたんぱく質(大豆、大豆製品などに多く含まれる)もアミノ酸は豊富に含まれています。ただし、食品によっては植物性たんぱく質が豊富でも、一部必須アミノ酸
(リジン、メチオニン)が不足しているものもあります。
良質のたんぱく質は、肝機能を回復させたり、夏バテや二日酔いにもよいとされています。

+++++++++++++++++++++++++++
質問:「アミノ酸って普段の食事からも摂れるのでしょうか?」
回答:食事だけで十分なアミノ酸を摂るのはなかなか大変!
+++++++++++++++++++++++++++
「アミノ酸はたんぱく質の材料となる物質です。たんぱく質は糖質、脂質と並び、3大栄養素のひとつとなっています。そして人間が一日に必要なたんぱく質は70gといわれています。
しかし、たんぱく質はそのままでは体内に吸収されることはなく、体内で一度アミノ酸に分解されなくてはなりません。
問題は消化、分解という行為が体に負担をかけるものだということです。
食物から摂取したたんぱく質が、消化・分解され、アミノ酸として体内に吸収されるのは、健康な人でも8割といわれています。つまり、食物を摂取しただけでは1日の推奨摂取量とされている60~70gのアミノ酸を摂取することは難しいと思われます。ですから、定期的にアミノ酸をサプリメントとして摂取することが望ましいといえるのです。ちなみに、アミノ酸は、必要量よりも多く摂取したとしても体外に排泄されるので過剰摂取の問題はありません

+++++++++++++++++++++++++++
質問:アミノ酸でダイエットや美肌効果はありますか?
回答:期待できますよ!
+++++++++++++++++++++++++++

1日に食事以外で摂取してよいアミノ酸の目安は、4,000mg~6,000mgと言われています。また、週末にゴルフなどの運動をした人は10,000mg、トップアスリートは15,000mg~20,000mg。営業職の方や激しい運動をしている方は8,000mgを、特に他にビタミンやミネラル配合のサプリメントから摂ることが望ましいといわれています。

▲「脂肪燃焼アミノ酸」
アラニン、アルギニン、リジン、プロリン
▲「シワ、たるみの改善、肌再生アミノ酸」
アルギニン、プロリン
▲「体力アップアミノ酸」
アルギニン、イソロイシン、バリン、ロイシン
▲「免疫細胞を強化するアミノ酸」
アルギニン、グルタミン酸
▲「集中力を高めるアミノ酸」
チロシン

※ 脳活性アミノ酸には2種類の効果があります。ひとつは?集中力アップ、もうひとつは?脳を休める効果です。
しかし、脳へのルートはひとつしかなく、従ってひとつのアミノ酸しか通過できません。
そのため、?(チロリン)?(トリプトファン)の相反する効果を期待できるアミノ酸を一度に摂取すると、効果は半減してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++
マカに含まれるアミノ酸
+++++++++++++++++++++++++++

(タンパク質1g中アミノ酸重量比単位mg)
アスパラギン酸 91.7
グルタミン酸 156.5
リン 50.4
ヒスチジン 21.9
グリシン 68.3
セレオニン 33.1
アラミン 63.1
アルギニン 99.4
チロシン 30.6
フェニルアラニン 55.3
パリン 79.3
メチオニン 28.0
イソロイシン 47.4
ロイシン 91.0
リジン 54.5
ホプロリン 26.0
プロリン 0.5
サルコシン 0.7

+----+----+--------------------------------------+----+----+
マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

必須アミノ酸

良いマカとは

マカの品質


必須アミノ酸
<必須アミノ酸>
+------------------------------------------------------+++
今回は疲労回復に役立つ「アミノ酸」についてもう少し詳しくご紹介します。
毎日の食事での撮れる食品、仕事別必要量、アミノ酸効果など知っていると得する情報です。
+----------------------------------------------------------+ 
 アミノ酸とは

私たちのカラダを構成する成分の中で、水分の次に多いのがタンパク質です。タンパク質は体重の約20%、つまり体重50kgのヒトの約10kgがタンパク質です。このタンパク質は20種類のアミノ酸を材料として作られています。人間のカラダのタンパク質の種類は約10万種類で、心臓をはじめ各種臓器や筋肉、ホルモン、酵素など生命活動の担い手となっています。
人間のカラダを構成するアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に大別され、必須アミノ酸は体内で合成できず食べ物として摂取する必要があり、ひとつでも欠けるとカラダを正常に保つことができなくなるのです。

+++++++++++++++++++++++++++
【必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

バリン (ドライミルク、プロセスチーズ、レバー、牛肉)
ロイシン (牛乳、ハム、カッテージチーズ)
イソロイシン (鶏肉、鮭、牛乳、プロセスチーズ)
リジン (魚介類、肉類、白花豆、レバー)
メチオニン (牛乳、レバー、全粒小麦)
フェニルアラニン (肉類、魚介類、大豆、アーモンド)
スレオニン (卵、スキムミルク、ゼラチン、七面鳥)
トリプトファン (チェダーチーズ、バナナ、卵黄、落花生)
ヒスチジン (鶏肉、ハム、チェダーチーズ、ドライミルク)

+++++++++++++++++++++++++++
【非必須アミノ酸】( )内は多く含んだ食品例
+++++++++++++++++++++++++++

アルギニン (鶏肉、えび、ポップコーン、チョコレート)
アスパラギン酸、システイン、グルタミン酸、アラニン
グリシン、プロリン、セリン、チロシン

+++++++++++++++++++++++++++
アミノ酸(たんぱく質)はまず食事から
+++++++++++++++++++++++++++

カラダに必要なアミノ酸は食事から摂ることが基本です。特に体内で生成することのできない必須アミノ酸は、食事などにより、バランスよく摂取しなければなりません。この必須アミノ酸の量とバランスによってたんぱく質の栄養価の高低が決まります。
一般に動物性のたんぱく質(卵、牛乳、乳製品、肉、魚介などに多く含まれます。)は、必須アミノ酸の量が多く、そのバランスも人間のたんぱく質によく似ているので、体内での利用効率がよいと考えられています。
また、植物性のたんぱく質(大豆、大豆製品などに多く含まれる)もアミノ酸は豊富に含まれています。ただし、食品によっては植物性たんぱく質が豊富でも、一部必須アミノ酸
(リジン、メチオニン)が不足しているものもあります。
良質のたんぱく質は、肝機能を回復させたり、夏バテや二日酔いにもよいとされています。

+++++++++++++++++++++++++++
質問:「アミノ酸って普段の食事からも摂れるのでしょうか?」
回答:食事だけで十分なアミノ酸を摂るのはなかなか大変!
+++++++++++++++++++++++++++
「アミノ酸はたんぱく質の材料となる物質です。たんぱく質は糖質、脂質と並び、3大栄養素のひとつとなっています。そして人間が一日に必要なたんぱく質は70gといわれています。
しかし、たんぱく質はそのままでは体内に吸収されることはなく、体内で一度アミノ酸に分解されなくてはなりません。
問題は消化、分解という行為が体に負担をかけるものだということです。
食物から摂取したたんぱく質が、消化・分解され、アミノ酸として体内に吸収されるのは、健康な人でも8割といわれています。つまり、食物を摂取しただけでは1日の推奨摂取量とされている60~70gのアミノ酸を摂取することは難しいと思われます。ですから、定期的にアミノ酸をサプリメントとして摂取することが望ましいといえるのです。ちなみに、アミノ酸は、必要量よりも多く摂取したとしても体外に排泄されるので過剰摂取の問題はありません

+++++++++++++++++++++++++++
質問:アミノ酸でダイエットや美肌効果はありますか?
回答:期待できますよ!
+++++++++++++++++++++++++++

1日に食事以外で摂取してよいアミノ酸の目安は、4,000mg~6,000mgと言われています。また、週末にゴルフなどの運動をした人は10,000mg、トップアスリートは15,000mg~20,000mg。営業職の方や激しい運動をしている方は8,000mgを、特に他にビタミンやミネラル配合のサプリメントから摂ることが望ましいといわれています。

▲「脂肪燃焼アミノ酸」
アラニン、アルギニン、リジン、プロリン
▲「シワ、たるみの改善、肌再生アミノ酸」
アルギニン、プロリン
▲「体力アップアミノ酸」
アルギニン、イソロイシン、バリン、ロイシン
▲「免疫細胞を強化するアミノ酸」
アルギニン、グルタミン酸
▲「集中力を高めるアミノ酸」
チロシン

※ 脳活性アミノ酸には2種類の効果があります。ひとつは?集中力アップ、もうひとつは?脳を休める効果です。
しかし、脳へのルートはひとつしかなく、従ってひとつのアミノ酸しか通過できません。
そのため、?(チロリン)?(トリプトファン)の相反する効果を期待できるアミノ酸を一度に摂取すると、効果は半減してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++
マカに含まれるアミノ酸
+++++++++++++++++++++++++++

(タンパク質1g中アミノ酸重量比単位mg)
アスパラギン酸 91.7
グルタミン酸 156.5
リン 50.4
ヒスチジン 21.9
グリシン 68.3
セレオニン 33.1
アラミン 63.1
アルギニン 99.4
チロシン 30.6
フェニルアラニン 55.3
パリン 79.3
メチオニン 28.0
イソロイシン 47.4
ロイシン 91.0
リジン 54.5
ホプロリン 26.0
プロリン 0.5
サルコシン 0.7

+----+----+--------------------------------------+----+----+
マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

良いマカとは

マカの品質

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。