健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プエラリア

プエラリア

マカの壮大な故郷


プエラリア

バストアップのサプリとして、話題のプエラリア

~天然美容ハーブ【プエラリア】~
他の植物よりもさらに女性ホルモンを活性化させる幻の美容成分を含んでおり、みずみずしい肌やバストアップへと導いてくれます。しかも、タイ政府から正式に許可を得ている輸入された原料を使用しています。その原料の安全性は、タイのチェラロンコン大学のウイチャイ教授による臨床試験に使用されているプエラリアと同じものですから安全性が高いといえるのです。


━━━━━━━━━━━
プエラリアの魅力
━━━━━━━━━━━

今、女性の間で話題のプエラリア
古くからタイの少数民族で日常食として食べられており民族の女性達が、肌が白くボディースタイルがよいことから
プエラリアが注目を浴びました。 

プエラリアは、女性ホルモンに似た働きをする(エストロゲン)イソフラボンを数種類含んでいます。イソフラボンは大豆が有名ですが、プエラリアに含まれているイソフラボン類は大豆の約40倍ものエストロゲン活性があるのです。
~~~~~~~~~~~~~~
 
しかも、美容・健康分野で注目されているミロエステロールを豊富に含んでいるのです。ミロエステロールは、イソフラボンの100倍ものエストロゲン活性を含んでいるのです!!
そのためプエラリアは、イソフラボンより何倍もの女性の魅力を引き出せるのです。

さらに、プエラリアはバストアップに良いといわれているイソフラボンの一種プエラリンを含んでいます。
プエラリンは、女性ホルモンと似た働きをするため女性ホルモンを盛んにし、乳腺の発達と乳房脂肪の増加を
促していくのです。そのため、プエラリアはバストアップに良いと年齢年代問わず、女性の間で話題を集めているのです。<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
サプリメントを見直そう

マカの品質の見分け方

マカ栽培(収穫編)

サプリメントを見直そう

  サプリメントの原料 

「マカ」は西洋の薬とは異なり、自然の食物などから抽出したものである
 サプリメントは、体への副作用が少なく継続してとれる代わりに、即効性がありません。それでも「副作用が少ない」「誰にでも合いやすい」と、注目されました。

 しかし、ここ数年はサプリメント市場が拡大し、原料の良し悪しや加工工程が軽重され、いかに安く早く効くか、ということばかりがサプリメントの選択基準になってしまいました。
 また、化学合成で作られたサプリメントも多くあります。化学合成で作られているものは、原料の確保がし易く安定供給が可能な分、販売価格が安く設定されています。


  サプリメントとは 

 毎日の食事で必要な栄養素をとれているかどうかで、健康を守れるかどうかが決まりますが、1日にとる食事での栄養素には限界があります。

 現代人の食事は、エネルギーは足りていても、ビタミンやミネラルなどは潜在的に不足しがちです。
 食事で摂取する栄養素の不足を補うための栄養補助食品が『サプリメント』です。


  手軽に利用できるのが利点 

 コンビニやインターネット、通販など、誰にでも手軽に利用できること、また、とりたい成分以外のものが
 含まれていないため、エネルギーを気にせずとれることができる点がサプリメントの大きな利点と言えます。
 ダイエット中の人やスポーツ選手、妊娠中の人、普通の食事がとれない人、偏った食事をしがちな人、
 体質改善をしたい人など、色々な人が補給を目的に利用しています。

  目的に合ったものを利用しましょう 

「なんとなくだるいからビタミン剤でも飲もうか」といったやみくもな利用法では効果は期待できません。
ご自分の目的に合った摂り方をしましょう。

 また、サプリメントは薬のように即効性のあるものではありません。
 目的の為に即効性を求められる方も多いと思いますが、お薬ではないのでじっくりゆっくりと飲んでいただく事が大切です。

 選ぶ際に注意すること 

 健康食品とひと口に言っても、サプリメントのようなものから、 健康増進のための成分が強化されている食品や、食品そのものに効果があるとされているものなど、さまざまなものがあります。
 数ある健康食品の中から安全で信頼できるものを選ぶことが重要です。

 また、信頼できる商品であればきっと長く続けることができると思います。
 不安なことあれば、メーカーにお問合わせするのが一番です。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

コエンザイムQ10って何? 

コエンザイム

マカ3000年の歴史

コエンザイムQ10って何? 

1950年代のはじめに英国のモートン博士らによって、その存在が認められユビキノンと名づけられていました。
一方、1957年に英国のクレーン博士が、牛の心臓のミトコンドリアから発見したオレンジ色の物質に、補酵素(coenzyme)的に働く黄色のキノン化合物(quinone)であることから、「CoenzymeQ10(CoQ10)」(コーキューテン)と名付けられました。
その後、この物質がユビキノンと同一物質であることや、心臓病患者にコエンザイムQ10が不足していること、 コエンザイムQ10が優れた抗酸化作用を持っていることなどを明らかにされてきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コエンザイムQ10の働き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

体内のあらゆる細胞で生成するコエンザイムQ10は、 活発に働く臓器に多く存在中でも心臓のポンプ機能を高めるために必要とされています。心臓のコエンザイムQ10濃度が増えると心臓から送り出す血液量が増えるので、血行や代謝がよくなり、結果として手足のむくみや冷え、 肩こりなどが改善されます。

また、コエンザイムQ10が十分に足りていると、 肌のコラーゲンの新陳代謝を活発にし、肌の潤いを保ったり、 皮膚のターンオーバーを早めたり、さらには紫外線による酸化から守ってくれたり、女性にはとってもうれしい効果が期待できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年齢別体内コエンザイムQ10量 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

体内のコエンザイムQ10は、残念なことに20歳をピークに減ります。コエンザイムQ10が減るということはイコールエネルギー生産と抗酸化力が低下すると言うことなのです。

コエンザイムQ10の各臓器の濃度(20歳を100%とし4080歳)
肺 10010051.7
肝臓 10095.383.0
腎臓 10072.665.3
心臓 10068.242.9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コエンザイムQ10の摂り方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

サプリでは理想摂取量は1日約30mgと言われていますが、これを食品で摂取しようとすると・・・ 

・イワシの場合で1日あたり6
・牛肉なら1日およそ1キロ

20014月から、それまで医薬品扱いにとどまっていたコエンザイムQ10を、食品としても使用することを厚生労働省が認めるようになり、サプリメントや化粧品が発売されるようになりました。今では、チョコレートやヨーグルトにもコエンザイムQ10入りがあります。

コエンザイムQ10の摂取方法としては、食後に摂ると吸収率が高いことが確認されています。逆に空腹時だとほとんど吸収されないので、食事時に摂る習慣をつけましょう。
また、コエンザイムQ10は水には溶けず、油にはよく溶けるため、油分とともに摂ることがオススメです。

毎食ごとに13回の摂取が望ましいですが、11回の場合はコエンザイムQ10にはエネルギー生産レベルを高める働きがあるため、活動を始める朝(朝食後)に摂るのがよいと考えられています。

コエンザイムQ10は、エネルギーの生産に関わる大切な物質です。
摂取されたコエンザイムQ10は生命活動にとって重要な臓器・心臓や腎臓や肺などから優先的に補われていくと言われています。
食べものからの摂取では絶対足りないです。
サプリメントを上手く利用しましょう!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>


プエラリア

プエラリア

マカの壮大な故郷

プエラリア
バストアップのサプリとして、話題の“プエラリア”

~天然美容ハーブ【プエラリア】~
他の植物よりもさらに女性ホルモンを活性化させる幻の美容成分を含んでおり、みずみずしい肌やバストアップへと導いてくれます。しかも、タイ政府から正式に許可を得ている輸入された原料を使用しています。その原料の安全性は、タイのチェラロンコン大学のウイチャイ教授による臨床試験に使用されているプエラリアと同じものですから安全性が高いといえるのです。

・━━━━━━━━━━━・
プエラリアの魅力
・━━━━━━━━━━━・
今、女性の間で話題の“プエラリア”
古くからタイの少数民族で日常食として食べられており民族の女性達が、肌が白くボディースタイルがよいことから
プエラリアが注目を浴びました。 
プエラリアは、女性ホルモンに似た働きをする(エストロゲン)イソフラボンを数種類含んでいます。イソフラボンは大豆が有名ですが、プエラリアに含まれているイソフラボン類は大豆の約40倍ものエストロゲン活性があるのです。
~~~~~~~~~~~~~~ 
しかも、美容・健康分野で注目されている“ミロエステロール”を豊富に含んでいるのです。“ミロエステロール”は、イソフラボンの100倍ものエストロゲン活性を含んでいるのです!!
そのためプエラリアは、イソフラボンより何倍もの女性の魅力を引き出せるのです。
さらに、プエラリアはバストアップに良いといわれているイソフラボンの一種“プエラリン”を含んでいます。
プエラリンは、女性ホルモンと似た働きをするため女性ホルモンを盛んにし、乳腺の発達と乳房脂肪の増加を
促していくのです。そのため、プエラリアはバストアップに良いと年齢年代問わず、女性の間で話題を集めているのです。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~

良いマカとは

マカ3000年の歴史

腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~
サプリメントを吸収しやすい腸内環境にしよう!!
*腸内環境チェック*
□ 肌がくすみ顔色が悪く見える
□ 肌のキメが乱れ潤いが不足気味
□ ニキビや吹き出物が出やすい
□ 口の中や舌がよく荒れる
□ 便秘または下痢をよくする
□ お腹にガスがたまり張ることがある
□ オナラや便の臭いが強い
□ 便が硬すぎるまたは柔らかすぎる
※チェック項目が多いほど腸内環境が乱れている可能性があります!!
腸内には、【善玉菌】と【悪玉菌】の2種類があります。善玉菌とは、外からはいってくる有害な菌をやっつけたり免疫力を高めて守ってくれます。一方、悪玉菌は腸内を破壊したり発ガン物質など体に有害な物質を作り出し体の抵抗力を弱めていきます。体の抵抗力が弱まることで、肌がくすんだり吹き出物がでてきます。ですから、美肌への一歩として“腸内環境”を整えることが大事なのです。
健康の人の場合、善玉菌と悪玉菌のバランスがとれているので腸内環境は整えられていますが、加齢や偏った食生活やストレスなどの生活環境によって腸内環境は変化していきます。
では、きれいな腸内にするにはどうすればいいでしょうか?それは、腸内で善玉菌の数を悪玉菌より占めることが大切です。
善玉菌が多い場合は、乳酸や酢酸など体に必要な物質を生み出してくれます。そして、悪玉菌を増やさない為にはお通じをスムーズにすることです。便秘の場合、腸内での便の残留時間が長くなり腐敗便になると悪玉菌は増えていきます。
また、バランスのいい食生活を摂ることも大切です。
○ 肉食などをなるべく減らして、魚や野菜などがたっぷりはいった日本食を中心に食べる。
○ 食物繊維の含まれている穀物・豆類などを摂る事で、便のカサを増やす事で腸壁を刺激してお通じをスムーズにする。
○ ヨーグルト・味噌・納豆などの発酵食品を多く摂取する事で悪玉菌の増加を抑えて、腸内環境を整え便秘解消につながります。
きれいな美肌へは、生活習慣を見直し手軽に摂れるサプリメントも取り入れていきましょう\(^o^)/
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*
♪おまけ♪ ~母乳にはビフィズス菌が入っている!~
お母さんの胎内にいる時は、赤ちゃんの腸内は無菌って知ってました?
赤ちゃんは、生まれてから初めて空気中の細菌や人の肌に付着している細菌に触れます。細菌が進入すると、徐々に腸内に悪玉菌が増えていきますが全ての赤ちゃんにというわけではありません。
離乳前の母乳で育った赤ちゃんは、腸内に“善玉菌”が多いのです。
なぜなら、母乳の中にたくさんの善玉菌のビフィズス菌が含まれているため免疫機能が整っていない赤ちゃんでも、
異物の攻撃から守ってくれます。ですから、赤ちゃんは母乳で育つ事が一番なのです!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。