健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5色の食材パワーで元気になろう

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ

マカの肥沃な栽培地の秘密

5色の食材パワーで元気になろう

 疲れてからでは遅い!毎日の食事に『夏に元気がでる食材』を取り入れることで、夏バテ知らずのカラダを作りませんか。


   食の原点は、食材の持つ力 

 ミートホープの豚肉混入に、学校給食に使用された牛肉産地の虚偽、うそかホントか段ボール入りの肉まん。
 いったいどうなっているんでしょう?
 ここ数年、健康ブームが続いていますが、メタボリック症候群が話題になってからはなおさら加熱したような気がします。

 さて、紫外線が人体に対して悪影響を与えます。
 これは、実は野菜類も同じなのです。野菜類は太陽の光を浴びてすくすくと成長しますが、人間同様、紫外線が当たり過ぎると各種障害が起こる可能性があります。
 
 この防御対策として、植物は色を構成する成分が中心になって、活性酸素の害を防ぐ物質、つまり、抗酸化物質を蓄えるようになったと考えられています。
 例えば、緑、赤の濃いピーマンにはビタミンCが、黄色のカボチャにはカロチンが、真っ赤なトマトにはリコピンが、濃紫色のナスの皮にはアントシアニンが多量に含まれ、ともに抗酸化作用を示します。


   5色のパワー 

 【ビタミンやミネラルが豊富な食材 緑】

 主な食材は、ほうれん草、パセリ、モロヘイヤ、しそ、ピーマン、小松菜など作用としては、ビタミンAが豊富なほうれん草やパセリは、皮膚や消化器官、肺や気管支など、外界と接している上皮細胞(皮膚や粘膜の細胞)の代謝を活発にする働きがあります。
 不足すると、風邪を引きやすくなったり、肌がかさつきます。

 【食欲を増進させてくれる視覚効果もある食材 赤】

 主な食材は、トマト、唐辛子、レバー、みょうが、紅茶、いちごなど作用としては、トマトのリコピンや赤唐辛子のカプサイシンは、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える作用があります。
 また、レバーのビオチンは糖質、資質、たんぱく質の代謝にかかわるために、髪の毛や皮膚を健康に保つためにも重要な役割を担っています。不足すると、髪の毛が抜けやすくなり、白髪になりやすい。
 肌荒れや皮膚炎が起こりやすい、食欲不振に陥ったります。

 
   老化の原因の活性酸素を抑える 
 【ポリフェノールが豊富な食材 黒】

 主な食材は、黒ゴマ、黒豆、ひじき、海苔、しいたけ、海藻、ごぼうなどです。
 作用としては、黒ゴマや黒豆にはポリフェノールが豊富に含まれ、目の機能向上や動脈硬化を抑制する働きがあるといわれています。
 また、海藻類に含まれるマグネシウムは神経の興奮を抑えたり、エネルギーを作る助けをしてくれます。
 不足すると、骨粗しょう症や神経過敏になりやすくなります。


 【体内で利用されるエネルギーの源 白】

 主な食材は、白米、もち、じゃがいも、豆腐、もやし、イカ、しらすなどです。
 作用としては、主に脳の神経細胞や筋肉を働かせるためのエネルギー源となります。また、体温維持には欠かせません。
 不足すると、疲れやすくなり、思考能力が低下します。


 【美肌を保つためには是非摂りたい食材 黄】

 主な食材は、レモン、パイナップル、菜の花、キウイフルーツ、とうもろこし、ウコンなどです。
 作用としては、コラーゲンの合成を正常に行うビタミンCが豊富です。
 また、菜の花にはビタミンのほか、有効なアルカロイドを含み、便秘やストレス解消、疲労回復に効果があります。
 不足すると、疲労感が強くなり、シミやそばかすができやすくなります

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
若返りとホルモンバランス

マカ栽培(収穫編)

マカの肥沃な栽培地の秘密

若返りとホルモンバランス
<若返りとホルモンバランス> 
若々しいカラダを取り戻す!
20歳を超えるとホルモンの働きは次第に減り始めます

■□女性編
□■一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯

最近は、20代30代といった老けとは無縁のはずの若い年代の人にも、外見的に異常に老け込み、実年齢以上に見られる人も増えています。
これには、様々な原因がありますが、最大原因は体内の性ホルモン不足、女性の場合には特に女性ホルモン不足があげられます。女性ホルモンの分泌量の多少によって、女性の若さに違いが現れてくるのです。

女性ホルモンは小児期から分泌が始まり、思春期は分泌が急激に活発になり、20~30代にかけてピークに達します。その後は徐々に減り、大半の人は40代後半~50代後半の間に分泌が著しく落ち込みます。

こういうと、女性ホルモンは大量に分泌されているように思うかもしれませんが、実は、分泌量は大変微量で、一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯程度しかありません。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足で現れる見た目の老け ☆
…………………………………………………………

★ 抜け毛
★ シワ
★ タルミ
★ しみ
★ くすみ
★ 体型のくずれ

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足が招く体内の老化 ☆
…………………………………………………………

★ 骨量不足(ネコ背)
★ 生理痛
★ 不妊
★ 高脂血症
★ 白内障
★ アルツハイマー

女性ホルモン不足を確かめる最も正確な方法は、病院で血液検査を受けて女性ホルモンの量を測ることです。しかし、そうした検査を行わなくても、日々の体調から自分である程度チェックすることはできます。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

◎ は「よくある」、○は「少しある」、×は「ない」

1.シミやシワが増えた(◎2点○1点×0点)
2.乾燥肌になった(◎3点○2点×0点)
3.皮膚の弾力性がなくなってきた(◎4点○3点×0点)
4.皮膚のかゆみを感じる(◎3点○2点×0点)
5.頭痛、肩凝り、めまい、腰痛がある(◎3点○2点×0点)
6.眠りが浅い(◎3点○2点×0点)
7.判断力や集中力の低下がある(◎2点○1点×0点)
8.息切れや動悸がある(◎4点○2点0点)
9.寝つきが悪くなってきた(◎4点○3点×0点)
10.腰や手足の冷えを感じる(◎4点○2点×0点)
11.顔がほてる、汗をかきやすい(◎4○2点×0点)
12.コレステロール値や血圧が上がった(◎3点○2点×0点)
13.体重が増える傾向にある(◎3点○2点×0点)
14.爪がもろくなった(◎3点○2点×0点)
15.身長が縮まった(◎5点○3点×0点)
16.猫背になった(◎2点○1点×0点)
17.性欲が衰えた(◎2点○1点×0点)
18.生理痛、生理不順が激しくなった(◎3点○2点×0点)
19.月経の出血量が多く、日数が短くなった(◎3点○2点×0点)
20.膣炎、排尿障害がある(◎5点○3点×0点)
21.性交痛がある(◎5点○3点×0点)
22.尿失禁がある(◎5点○4点×0点)
23.陰毛の縮れが伸びてきた(◎5点○3点×0点)
24.口の中が乾くようにかった(◎3点○2点×0点)
25.ドライアイになった(◎2点○1点×0点)

判定法
8点以下…安心
9~14点…近い将来不足が心配
15~30点…少し不足している
31~40点…不足している
41点以上…かなり不足している

【解説】
1~4は肌の老化度チェックです。女性ホルモンの中でも、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ると、真っ先に肌が衰えます。

また、女性ホルモンの分泌が急激に減少すると、自律神経(意思とは無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の働きが乱れます。自律神経には、体を活発な状態にする
交感神経と安静な状態にする副交感神経があり、女性ホルモン不足によって交感神経が優位になった場合は5~9といった精神神経症状が起こりやすくなります。

自律神経には体内の血液循環を調節する働きもありますが、その働きに乱れが生じて血管が収縮すると血流が悪くなるため、10の症状が、反対に血管が拡張すると血流が増える
ため11の症状が現れます。

エストロゲンには体内のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎるのを抑える働きがあります。12、13はそのそのチェック項目です。

女性ホルモンが不足すると体内のカルシウム量が減るため、骨や爪も弱くなります。14~16はそれをチェックします。また、5の症状も招く危険もあります。

さらに、泌尿器や生殖器関係にも異常が現れるようになります。
それが17~22といった項目です。23も女性ホルモン不足を知る手がかりになります。女性ホルモンには陰毛に縮れをもたらしますが、不足すると当然縮れが伸びてきます。


24、25ですが、体に潤いがなくなるためにこうした症状を招きます。2や21にもつながります。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽
■□男性編
□■知らぬ間に進み、ED・疲労感・下腹太りに悩む男性急増中
■□前ぶれは頻尿

男性の場合も男性ホルモンが急減すると、女性と同じように老けが早まり、様々な病気を招きやすいということも、最近注目されてきました。

男性ホルモンが不足による体の不調があまり注目されなかった理由の一つに、男性ホルモンは、女性ホルモンのように急減しないと考えられていたことにあります。

確かに、健康な男性の場合はその通りなのですが、長引く不況の影響や運動不足で溜まったストレスなどが原因で男性ホルモンが急減し、体調不良を訴える人が増加しているのです。

…………………………………………………………
★ 男性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

1. 異性への興味がなくなった(3点)
2. 刺激的な写真を見ても興奮しない(3点)
3. 性行為の回数が以前より減った(3点)
4. 持続力が低下した(3点)
5. 気が沈んだり、気が重いと感じる(2点)
6. 何かやろうという意欲がなくなった(2点)
7. 食欲が低下し、味も感じない事がある(1点)
8. 仕事の能率が上がらず億劫に感じる(1点)
9. 自分の人生がつまらなく感じる(2点)
10.何事に対しても以前より消極的になった(2点)
11.疲れやすくなった(2点)
12.夜に眠れない事がある(2点)
13.腰や手足が冷える(1点)
14.手足のしびれがある(1点)
15.関節に痛みやコリを感じる事がある(1点)
16.頭が痛いことがよくある(1点)
17.心臓の動悸を感じる(1点)
18.息がつまり胸が苦しくなることがある(1点)
19.肌にアリがはうような感覚を覚えた事がある(1点)
20.下腹部がせり出してきた(1点)
21.筋力が衰えてきた(1点)
22.フケや白髪が増えた(1点)
23.頻尿になった(2点)
24.残尿感がある(2点)
25.尿の切れが悪い(2点)

判定法
5点以下…安心
6~10点…少し不足している
11~20点…不足している
21点以上…大幅に不足している

【解説】
まず、男性ホルモンが不足すると真っ先に現れる症状は1~4にある精機能の低下です。男性であれば、女性に興味があるのは当然です。そうした興味も実は男性ホルモンの働きによるものなのです。女性に興味がなくなるというのは、男性ホルモンの不足がかなり深刻な状況にあると考えて間違いないでしょう。

男性ホルモンが不足すると、見た目にも覇気がなく、ボーっとした顔つきの人が多くなります。これは5~10にあるように、精神面に現れる様々な変化が原因です。そもそも男性ホルモンは、男性的な性格、いわゆる攻撃的で競争心のみなぎった性格を作るホルモンです。不足すると、急に物事に対してやる気がなくなり、消極的な性格になってしまうと言うわけです。

身体的な症状で、特に訴える人が多いのが11~19にある、いわゆる不定愁訴と呼ばれるものです。これは、男性ホルモン不足によって起こる脳の興奮や、自律神経(意思とは
無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の乱れが主な原因と考えられます。

20や21も典型的な症状です。男性ホルモンには、筋肉を発達させ、男性らしい体つきをつくる働きがあります。
男性ホルモンを薬で補充すると解消する人が多いことから、22も男性ホルモン不足によるものであることは明かです。

最後に、男性ホルモンは前立腺(精液の約20%を占める前立腺液を作る器官で、膀胱のすぐ下にあり尿道を囲んでいる)の働きをつかさどるホルモンです。そのため、男性
ホルモン不足になると、23~25のような泌尿器などの不調を招きます。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

若返りとホルモンバランス

マカの栽培

マカ栽培(気候編)

若返りとホルモンバランス
<若返りとホルモンバランス> 
若々しいカラダを取り戻す!
20歳を超えるとホルモンの働きは次第に減り始めます

■□女性編
□■一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯

最近は、20代30代といった老けとは無縁のはずの若い年代の人にも、外見的に異常に老け込み、実年齢以上に見られる人も増えています。
これには、様々な原因がありますが、最大原因は体内の性ホルモン不足、女性の場合には特に女性ホルモン不足があげられます。女性ホルモンの分泌量の多少によって、女性の若さに違いが現れてくるのです。

女性ホルモンは小児期から分泌が始まり、思春期は分泌が急激に活発になり、20~30代にかけてピークに達します。その後は徐々に減り、大半の人は40代後半~50代後半の間に分泌が著しく落ち込みます。

こういうと、女性ホルモンは大量に分泌されているように思うかもしれませんが、実は、分泌量は大変微量で、一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯程度しかありません。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足で現れる見た目の老け ☆
…………………………………………………………

★ 抜け毛
★ シワ
★ タルミ
★ しみ
★ くすみ
★ 体型のくずれ

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足が招く体内の老化 ☆
…………………………………………………………

★ 骨量不足(ネコ背)
★ 生理痛
★ 不妊
★ 高脂血症
★ 白内障
★ アルツハイマー

女性ホルモン不足を確かめる最も正確な方法は、病院で血液検査を受けて女性ホルモンの量を測ることです。しかし、そうした検査を行わなくても、日々の体調から自分である程度チェックすることはできます。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

◎ は「よくある」、○は「少しある」、×は「ない」

1.シミやシワが増えた(◎2点○1点×0点)
2.乾燥肌になった(◎3点○2点×0点)
3.皮膚の弾力性がなくなってきた(◎4点○3点×0点)
4.皮膚のかゆみを感じる(◎3点○2点×0点)
5.頭痛、肩凝り、めまい、腰痛がある(◎3点○2点×0点)
6.眠りが浅い(◎3点○2点×0点)
7.判断力や集中力の低下がある(◎2点○1点×0点)
8.息切れや動悸がある(◎4点○2点0点)
9.寝つきが悪くなってきた(◎4点○3点×0点)
10.腰や手足の冷えを感じる(◎4点○2点×0点)
11.顔がほてる、汗をかきやすい(◎4○2点×0点)
12.コレステロール値や血圧が上がった(◎3点○2点×0点)
13.体重が増える傾向にある(◎3点○2点×0点)
14.爪がもろくなった(◎3点○2点×0点)
15.身長が縮まった(◎5点○3点×0点)
16.猫背になった(◎2点○1点×0点)
17.性欲が衰えた(◎2点○1点×0点)
18.生理痛、生理不順が激しくなった(◎3点○2点×0点)
19.月経の出血量が多く、日数が短くなった(◎3点○2点×0点)
20.膣炎、排尿障害がある(◎5点○3点×0点)
21.性交痛がある(◎5点○3点×0点)
22.尿失禁がある(◎5点○4点×0点)
23.陰毛の縮れが伸びてきた(◎5点○3点×0点)
24.口の中が乾くようにかった(◎3点○2点×0点)
25.ドライアイになった(◎2点○1点×0点)

判定法
8点以下…安心
9~14点…近い将来不足が心配
15~30点…少し不足している
31~40点…不足している
41点以上…かなり不足している

【解説】
1~4は肌の老化度チェックです。女性ホルモンの中でも、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ると、真っ先に肌が衰えます。

また、女性ホルモンの分泌が急激に減少すると、自律神経(意思とは無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の働きが乱れます。自律神経には、体を活発な状態にする
交感神経と安静な状態にする副交感神経があり、女性ホルモン不足によって交感神経が優位になった場合は5~9といった精神神経症状が起こりやすくなります。

自律神経には体内の血液循環を調節する働きもありますが、その働きに乱れが生じて血管が収縮すると血流が悪くなるため、10の症状が、反対に血管が拡張すると血流が増える
ため11の症状が現れます。

エストロゲンには体内のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎるのを抑える働きがあります。12、13はそのそのチェック項目です。

女性ホルモンが不足すると体内のカルシウム量が減るため、骨や爪も弱くなります。14~16はそれをチェックします。また、5の症状も招く危険もあります。

さらに、泌尿器や生殖器関係にも異常が現れるようになります。
それが17~22といった項目です。23も女性ホルモン不足を知る手がかりになります。女性ホルモンには陰毛に縮れをもたらしますが、不足すると当然縮れが伸びてきます。


24、25ですが、体に潤いがなくなるためにこうした症状を招きます。2や21にもつながります。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽
■□男性編
□■知らぬ間に進み、ED・疲労感・下腹太りに悩む男性急増中
■□前ぶれは頻尿

男性の場合も男性ホルモンが急減すると、女性と同じように老けが早まり、様々な病気を招きやすいということも、最近注目されてきました。

男性ホルモンが不足による体の不調があまり注目されなかった理由の一つに、男性ホルモンは、女性ホルモンのように急減しないと考えられていたことにあります。

確かに、健康な男性の場合はその通りなのですが、長引く不況の影響や運動不足で溜まったストレスなどが原因で男性ホルモンが急減し、体調不良を訴える人が増加しているのです。

…………………………………………………………
★ 男性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

1. 異性への興味がなくなった(3点)
2. 刺激的な写真を見ても興奮しない(3点)
3. 性行為の回数が以前より減った(3点)
4. 持続力が低下した(3点)
5. 気が沈んだり、気が重いと感じる(2点)
6. 何かやろうという意欲がなくなった(2点)
7. 食欲が低下し、味も感じない事がある(1点)
8. 仕事の能率が上がらず億劫に感じる(1点)
9. 自分の人生がつまらなく感じる(2点)
10.何事に対しても以前より消極的になった(2点)
11.疲れやすくなった(2点)
12.夜に眠れない事がある(2点)
13.腰や手足が冷える(1点)
14.手足のしびれがある(1点)
15.関節に痛みやコリを感じる事がある(1点)
16.頭が痛いことがよくある(1点)
17.心臓の動悸を感じる(1点)
18.息がつまり胸が苦しくなることがある(1点)
19.肌にアリがはうような感覚を覚えた事がある(1点)
20.下腹部がせり出してきた(1点)
21.筋力が衰えてきた(1点)
22.フケや白髪が増えた(1点)
23.頻尿になった(2点)
24.残尿感がある(2点)
25.尿の切れが悪い(2点)

判定法
5点以下…安心
6~10点…少し不足している
11~20点…不足している
21点以上…大幅に不足している

【解説】
まず、男性ホルモンが不足すると真っ先に現れる症状は1~4にある精機能の低下です。男性であれば、女性に興味があるのは当然です。そうした興味も実は男性ホルモンの働きによるものなのです。女性に興味がなくなるというのは、男性ホルモンの不足がかなり深刻な状況にあると考えて間違いないでしょう。

男性ホルモンが不足すると、見た目にも覇気がなく、ボーっとした顔つきの人が多くなります。これは5~10にあるように、精神面に現れる様々な変化が原因です。そもそも男性ホルモンは、男性的な性格、いわゆる攻撃的で競争心のみなぎった性格を作るホルモンです。不足すると、急に物事に対してやる気がなくなり、消極的な性格になってしまうと言うわけです。

身体的な症状で、特に訴える人が多いのが11~19にある、いわゆる不定愁訴と呼ばれるものです。これは、男性ホルモン不足によって起こる脳の興奮や、自律神経(意思とは
無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の乱れが主な原因と考えられます。

20や21も典型的な症状です。男性ホルモンには、筋肉を発達させ、男性らしい体つきをつくる働きがあります。
男性ホルモンを薬で補充すると解消する人が多いことから、22も男性ホルモン不足によるものであることは明かです。

最後に、男性ホルモンは前立腺(精液の約20%を占める前立腺液を作る器官で、膀胱のすぐ下にあり尿道を囲んでいる)の働きをつかさどるホルモンです。そのため、男性
ホルモン不足になると、23~25のような泌尿器などの不調を招きます。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

若返りとホルモンバランス

5分で分かるマカ講座

マカの品質問題


若返りとホルモンバランス
<若返りとホルモンバランス> 
若々しいカラダを取り戻す!
20歳を超えるとホルモンの働きは次第に減り始めます

■□女性編
□■一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯

最近は、20代30代といった老けとは無縁のはずの若い年代の人にも、外見的に異常に老け込み、実年齢以上に見られる人も増えています。
これには、様々な原因がありますが、最大原因は体内の性ホルモン不足、女性の場合には特に女性ホルモン不足があげられます。女性ホルモンの分泌量の多少によって、女性の若さに違いが現れてくるのです。

女性ホルモンは小児期から分泌が始まり、思春期は分泌が急激に活発になり、20~30代にかけてピークに達します。その後は徐々に減り、大半の人は40代後半~50代後半の間に分泌が著しく落ち込みます。

こういうと、女性ホルモンは大量に分泌されているように思うかもしれませんが、実は、分泌量は大変微量で、一人の女性の生涯分泌量は、コーヒースプーン1杯程度しかありません。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足で現れる見た目の老け ☆
…………………………………………………………

★ 抜け毛
★ シワ
★ タルミ
★ しみ
★ くすみ
★ 体型のくずれ

…………………………………………………………
★ 女性ホルモン不足が招く体内の老化 ☆
…………………………………………………………

★ 骨量不足(ネコ背)
★ 生理痛
★ 不妊
★ 高脂血症
★ 白内障
★ アルツハイマー

女性ホルモン不足を確かめる最も正確な方法は、病院で血液検査を受けて女性ホルモンの量を測ることです。しかし、そうした検査を行わなくても、日々の体調から自分である程度チェックすることはできます。

…………………………………………………………
★ 女性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

◎ は「よくある」、○は「少しある」、×は「ない」

1.シミやシワが増えた(◎2点○1点×0点)
2.乾燥肌になった(◎3点○2点×0点)
3.皮膚の弾力性がなくなってきた(◎4点○3点×0点)
4.皮膚のかゆみを感じる(◎3点○2点×0点)
5.頭痛、肩凝り、めまい、腰痛がある(◎3点○2点×0点)
6.眠りが浅い(◎3点○2点×0点)
7.判断力や集中力の低下がある(◎2点○1点×0点)
8.息切れや動悸がある(◎4点○2点0点)
9.寝つきが悪くなってきた(◎4点○3点×0点)
10.腰や手足の冷えを感じる(◎4点○2点×0点)
11.顔がほてる、汗をかきやすい(◎4○2点×0点)
12.コレステロール値や血圧が上がった(◎3点○2点×0点)
13.体重が増える傾向にある(◎3点○2点×0点)
14.爪がもろくなった(◎3点○2点×0点)
15.身長が縮まった(◎5点○3点×0点)
16.猫背になった(◎2点○1点×0点)
17.性欲が衰えた(◎2点○1点×0点)
18.生理痛、生理不順が激しくなった(◎3点○2点×0点)
19.月経の出血量が多く、日数が短くなった(◎3点○2点×0点)
20.膣炎、排尿障害がある(◎5点○3点×0点)
21.性交痛がある(◎5点○3点×0点)
22.尿失禁がある(◎5点○4点×0点)
23.陰毛の縮れが伸びてきた(◎5点○3点×0点)
24.口の中が乾くようにかった(◎3点○2点×0点)
25.ドライアイになった(◎2点○1点×0点)

判定法
8点以下…安心
9~14点…近い将来不足が心配
15~30点…少し不足している
31~40点…不足している
41点以上…かなり不足している

【解説】
1~4は肌の老化度チェックです。女性ホルモンの中でも、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ると、真っ先に肌が衰えます。

また、女性ホルモンの分泌が急激に減少すると、自律神経(意思とは無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の働きが乱れます。自律神経には、体を活発な状態にする
交感神経と安静な状態にする副交感神経があり、女性ホルモン不足によって交感神経が優位になった場合は5~9といった精神神経症状が起こりやすくなります。

自律神経には体内の血液循環を調節する働きもありますが、その働きに乱れが生じて血管が収縮すると血流が悪くなるため、10の症状が、反対に血管が拡張すると血流が増える
ため11の症状が現れます。

エストロゲンには体内のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎるのを抑える働きがあります。12、13はそのそのチェック項目です。

女性ホルモンが不足すると体内のカルシウム量が減るため、骨や爪も弱くなります。14~16はそれをチェックします。また、5の症状も招く危険もあります。

さらに、泌尿器や生殖器関係にも異常が現れるようになります。
それが17~22といった項目です。23も女性ホルモン不足を知る手がかりになります。女性ホルモンには陰毛に縮れをもたらしますが、不足すると当然縮れが伸びてきます。


24、25ですが、体に潤いがなくなるためにこうした症状を招きます。2や21にもつながります。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽
■□男性編
□■知らぬ間に進み、ED・疲労感・下腹太りに悩む男性急増中
■□前ぶれは頻尿

男性の場合も男性ホルモンが急減すると、女性と同じように老けが早まり、様々な病気を招きやすいということも、最近注目されてきました。

男性ホルモンが不足による体の不調があまり注目されなかった理由の一つに、男性ホルモンは、女性ホルモンのように急減しないと考えられていたことにあります。

確かに、健康な男性の場合はその通りなのですが、長引く不況の影響や運動不足で溜まったストレスなどが原因で男性ホルモンが急減し、体調不良を訴える人が増加しているのです。

…………………………………………………………
★ 男性ホルモンの不足度チェック ☆
…………………………………………………………

1. 異性への興味がなくなった(3点)
2. 刺激的な写真を見ても興奮しない(3点)
3. 性行為の回数が以前より減った(3点)
4. 持続力が低下した(3点)
5. 気が沈んだり、気が重いと感じる(2点)
6. 何かやろうという意欲がなくなった(2点)
7. 食欲が低下し、味も感じない事がある(1点)
8. 仕事の能率が上がらず億劫に感じる(1点)
9. 自分の人生がつまらなく感じる(2点)
10.何事に対しても以前より消極的になった(2点)
11.疲れやすくなった(2点)
12.夜に眠れない事がある(2点)
13.腰や手足が冷える(1点)
14.手足のしびれがある(1点)
15.関節に痛みやコリを感じる事がある(1点)
16.頭が痛いことがよくある(1点)
17.心臓の動悸を感じる(1点)
18.息がつまり胸が苦しくなることがある(1点)
19.肌にアリがはうような感覚を覚えた事がある(1点)
20.下腹部がせり出してきた(1点)
21.筋力が衰えてきた(1点)
22.フケや白髪が増えた(1点)
23.頻尿になった(2点)
24.残尿感がある(2点)
25.尿の切れが悪い(2点)

判定法
5点以下…安心
6~10点…少し不足している
11~20点…不足している
21点以上…大幅に不足している

【解説】
まず、男性ホルモンが不足すると真っ先に現れる症状は1~4にある精機能の低下です。男性であれば、女性に興味があるのは当然です。そうした興味も実は男性ホルモンの働きによるものなのです。女性に興味がなくなるというのは、男性ホルモンの不足がかなり深刻な状況にあると考えて間違いないでしょう。

男性ホルモンが不足すると、見た目にも覇気がなく、ボーっとした顔つきの人が多くなります。これは5~10にあるように、精神面に現れる様々な変化が原因です。そもそも男性ホルモンは、男性的な性格、いわゆる攻撃的で競争心のみなぎった性格を作るホルモンです。不足すると、急に物事に対してやる気がなくなり、消極的な性格になってしまうと言うわけです。

身体的な症状で、特に訴える人が多いのが11~19にある、いわゆる不定愁訴と呼ばれるものです。これは、男性ホルモン不足によって起こる脳の興奮や、自律神経(意思とは
無関係に血管や内臓の働きを支配している神経)の乱れが主な原因と考えられます。

20や21も典型的な症状です。男性ホルモンには、筋肉を発達させ、男性らしい体つきをつくる働きがあります。
男性ホルモンを薬で補充すると解消する人が多いことから、22も男性ホルモン不足によるものであることは明かです。

最後に、男性ホルモンは前立腺(精液の約20%を占める前立腺液を作る器官で、膀胱のすぐ下にあり尿道を囲んでいる)の働きをつかさどるホルモンです。そのため、男性
ホルモン不足になると、23~25のような泌尿器などの不調を招きます。


▼▽体と一番仲のいい野菜…マカ▼▽

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。