健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビタミンCと大航海時代

スーパーカムカム

マカ栽培(種まき編)

【ビタミンCと大航海時代】
お肌にはビタミンCが良いと言うことはもうみなさん、ご存知のはずですね(^-^)
では、ビタミンCが必要だった航海のお話しはご存知ですか?
16世紀から18世紀の大航海時代。 
船で遠征に行く者達にとって、出血性の障害が各器官に起こる『壊血病』が、海賊達よりも、さらに恐れられていました。
なぜなら、船旅は大勢の人員が乗り組んでいたため衛生水準が恐ろしいほど低く、また海上で長期間過ごしているため、栄養を十分に補給することは不可能だったからです。
そのため、かの有名なインド航路を開拓したポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマの航路発見の際にも大勢の人達が亡くなっています。
この時代に多く存在した、海賊達もやはり・・『壊血病』で苦しめられていたそうです。
しかし、1747年に至って初めて有名なイギリス海軍医ジェームズ・リンド博士がレモンやオレンジなどの
柑橘類を食べることで壊血病を予防できることを発見したのです。
その後、イギリス海軍では水兵に毎日ライムジュースを飲ませるようにしたため、壊血病を免れる事ができたのです。
しかし、壊血病がビタミンCによって予防できると分かりビタミンCの構造が決定され、合成に成功に至ったのは
それから、約190年後のことなのです。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
さて、秋から冬にかけて。。
寒さが身にしみる季節になってきます!!
そこで、ビタミンCには強い抗菌作用があるため、同量のお湯で薄めてうがいすると、喉の痛みなどに良いと言われています(^-^)
実際に、寝る前に小さじ1杯のハチミツを入れたホットレモンは、咳や風邪の治療薬として
歴史のある飲み物なのですよ♪
これからの時期は風邪を引きやすくなりますのでぜひ、試してみて下さい(^O^)/
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。