健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチ更年期”は本当にあるの?? 

良いマカとは

マカ栽培(気候編)

プチ更年期は本当にあるの?? 
「プチ更年期なのでは?」と心配する女性が増えています。
 テレビや雑誌で特集が組まれることも増え、体の不調に 悩む女性の中には不安に陥る人が多いのです。
 
 実は本当の更年期とはメカニズムが異なるのですが、素人には見分けがつきません。
 それぞれの違いとは何なのでしょうか?

 <<プチ更年期と本当の更年期障害の違い>>

「月経の量が減ってきた。閉経の兆しか」と悩みを持つ30代後半の女性が少なくありません。

「体は冷えているのに顔だけがほてることがある」
「月経が2ヵ月に1度のことも」
 そして皆が思うのは「これ、プチ更年期かな?」

「プチ更年期」については、2002年ごろから雑誌やテレビで特集が組まれるようになりました。
 更年期のように月経周期が乱れたり無月経になったりするほか、顔のほてりや疲れやすさ、うつ症状、冷えなどが2030代で起こることを総称します。

 本当の更年期障害とは、卵巣に機能が衰え、卵巣が分泌する女性ホルモンが減ることで起こります。

 女性ホルモンは健康を守る潤滑油の役割を果たします。
 しかし卵巣機能には寿命があり、思春期で働き始め、閉経年齢であす50歳前後に役目を終えます。
 更年期障害は閉経をはさみ4555歳あたりに起こる人が多いです。

<<原因はストレス?ダイエット?人間関係?>>

では「プチ更年期」と呼ばれるような、更年期障害に似た症状がなぜ20代や30代の人に出るのでしょうか。

原因は卵巣ではなく、脳にあります。
 ほとんどの場合、卵巣はまだ機能を果たせますが、卵巣に女性ホルモンを出せと命令する脳(視床下部や脳下垂体)の機能がおかしくなり、女性ホルモン分泌が乱れるのです。

 主な原因はストレスと、ダイエットによる栄養異常や過度の運動です。脳の該当部分はストレスの影響を受けやすく、他人から見ればささいな出来事でも原因になりえます。職場の人間関係や義父母との不仲、ペットの死、子供の反抗期なども引き金になりえるのです。

 <<生理不順がバロメーター>>

プチ更年期は、まず生理不順から始まります。
 月経の周期は短くなり、次に周期が長くなったり短くなったりします。正常とされるのは25日から38日です。

毎日ぴったり同じ周期でなくても前後6日位のぶれなら異常ではないです。
 無月経が3ヵ月続くなら婦人科を受診しましょう。
 血液検査をすれば、本当の更年期かどうでないかが分かります。

 <<もっと深刻なこと>>

女性にとってより深刻なのは、40歳未満で本当の更年期を迎える「早期閉経」である場合です。

 アメリカの調査では40歳未満で閉経する女性は100人に1人、川崎市在住の女性対象の調査では200人に1人いるという結果がでました。
 
 早期閉経の予防はできないが、ストレスによる更年期に似た症状であれば、予防策はあります。
 それは「食事、リラックス、適度な運動、睡眠」の4つです。

 基本は乱れてしまった体の恒常性を取り戻すこと。
 決まった時間に寝起きする、食事をとる、アロマテラピーやストレッチなど自分なりにリラックスする方法を実践しましょう。
(日本経済新聞10/7付記事より抜粋)

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
今から始めよう更年期対策

マカ栽培(気候編)

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ


今から始めよう更年期対策

40代後半から50代後半にかけて、多くの女性が更年期に悩まされます。
体が急変するため戸惑うことも多いが、実は30代後半から、予兆のような症状が表れる人も少なくないです。
この段階で生活パターンを見直し、ホルモン剤で体調を整えるといった対策をとると、避けて通れない更年期をスムーズに乗り切れるかもしれない。

これって更年期の兆し?

「例年よりも、今年は肌がやたらと乾燥してかゆい。寒さが厳しいせいだろうか」昨年まで使ったこともなかった 全身用ローションを塗りながら、気候のせいではなく、自分の体が変わりつつあるのが原因ではないか。
そういえば手足の冷えも、これまでよりひどくなったみたいだ。
こんなふうに考えている人は多いのではないか。肌の乾燥や手足の冷えは、更年期の兆しの一つ。生理の時も
出血量が減る、ひざや手首など関節が痛む、トイレが近くなる、涙もろくなるといった症状も「予兆」と考えられます。
更年期にはまだ早いが、こうした症状がいくつかあてはまり、体調がすぐれない人を「プレ更年期」と呼びます。

更年期の主な「予兆」

・生理のときの出血量が減った
・首から上に汗をかきやすい
・肩こり、腰痛 
・すぐイライラする
・涙もろくなった
・肌がかさついてかゆい
・爪が割れやすくなった

プレ更年期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)など女性ホルモンの減少によって引き起こされると考えられています。女性ホルモンは更年期に入ると急激に減少しますが、30代後半ごろから僅かな量ですが減り始めることが分かってきました。10代、20代と増えてきた女性ホルモンの分泌量が減少に転じることで、様々な症状が出てきます。

エストロゲンの主な働き
・皮膚の水分を保つ ・骨を丈夫にする
・自律神経を安定させる ・気分を明るくする

医学的な治療法もある

体内で分泌される女性ホルモンの量は、女性外来や婦人科で血液検査をしてもらえば簡単にわかります。
定期的にチェックしておくと、体の変化を客観的にとらえることも可能です。例えばあるクリニックの場合、40代以上の女性向けの検診メニューにホルモン検査を取り入れています。

ホルモンが減少しているなら、エストロゲンを外部から薬で補う治療などが効果的です。プロゲステロンという別のホルモンをエストロゲンと組み合わせた避妊用ピルなどでホルモン量を安定させます。

欧米では健康維持のため中高年の女性が、ホルモンをしようすることは珍しくないです。日本でも専門医を受診すれば処方を受けることが可能です。ピルだと保健が使えないですが、薬代は1ヶ月2千~3千円程度です。
安全性も高いです。ただ高血圧など、ホルモンの服用に向かない人もいますので、主治医によく相談しましょう。 

気分転換しよう

思い切って生活スタイルを変えると、卵巣の働きがスムーズになり女性ホルモンの分泌が活発になる人もいます。その際、最も大切なのが「リラックスする時間を持ち、ストレスを軽くすること」と専門家は口を揃えます。卵巣は能から指令を受けて女性ホルモンを分泌します。ストレスがたまるとこの仕組みが上手く働かなくなります。

半年以上、新しい洋服やアクセサリーを購入していない、コンサートにも映画にも出かけていない、といった人は要注意です。
生活を見直しましょう。アロマテラピーやスポーツなども効果があると考えられています。要は日々の生活でホッとできる時間を、自分流に上手につくることが大切になります。

女性ホルモンは老化防止にも効きます。自分の体の状態をよく知った上でホルモンの服用や、卵巣の働きを活発にする方法を試してみて損はないと思います。更年期を遅らせたり、比較的軽い症状で乗り切ることができる可能性もあるようです。ただ、一生懸命に体調を整えても、誰もが更年期に悩まずに済むわけではないのです。

妊娠中のつわりが重い人と軽い人がいるのと同様に、更年期障害の重さは、体質によって違います。女性ホルモンの影響をどの程度受けるかは、個人差が大きいです。症状が重くても自分のせいにはしない事。
治療できるのだから落ち込まない事。そして、できるだけリラックスして卵巣の機能を維持する生活を心がけましょう。

ただ、あまり神経質にはならないように。そんな姿勢で更年期に向けた準備をするのがいいのかもしれません。 

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

男性の更年期障害

マカの品質問題

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ

男性の更年期障害
<男性の更年期障害>

+----------------------------------------------------------+ 
 【女性のうつ病】

閉経前の月経が不順になる時期は、うつ病にかかりやすいと言われています。それは、ホルモンの変動に加え、子供が成人し急に手が離れてしまった、親しい友人が病気になった、
自分の体調にも変化が出てきた、などいろいろなストレスを感じて、うつ病になる人が多いのです。一般の人を対象にした厚生労働省の調査では、女性で「うつ病」を体験したことがある人は10人に1人で、男性の約2倍のあたります。
その原因についてはこんなふうにも言われています。女性は、初潮や月経周期、妊娠や出産、更年期と身体面の変化を感じることが少なくありません。しかし、日常生活では
あまり変化なく過ぎていくことが多く、仕事を持っているいないにかかわらず、どうしても家族中心の生活になりやすく、周囲はそれを当然と考え、上手くいかないと責められる。
これを繰り返しているとむなしくなるが、それをわかってもらえない…。
そうした時は、どれだけ自分の生き方を大切にできるかが重要です。もちろん、家族や周囲の協力やこころ配りも大切なことです。

◎「ストレスマネージメント」私流ストレスとの付き合い方
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb8_stre.htm

+++++++++++++++++++++++++++
マカにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていてマカ=「完全食」といわれています。毎日元気はつらつに過ごしたい方など様々な目的でマカは老若男女問わず飲まれています。
 【男性の更年期障害】

数年前、有名男性漫画家が「実は数年前から体調がすぐれず、その原因は更年期障害だった」と告白し、マスコミでも「男性の更年期障害」と話題になりました。欧米に比べ日本においては、男性の更年期への認知が遅れているようです。「なまけている」とか「疲れているだけ、眠れば治る」程度の理解ではないでしょうか。
今後、「マカ不思議マガジン」では、定期的に少しずつ男性の更年期について触れていきたいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++
第1回「年齢とテストステロンの関係」
+++++++++++++++++++++++++++

男性の更年期は、早い人では40歳位から始まり、45歳から50歳位に最も多くみられます。その原因は女性の更年期と同様に、ホルモンバランスが崩れる事が最大の原因と考えられています。それが、女性は「エストロゲン」、男性は「テストステロン」です。歳をとるにつれ、それぞれのホルモンの分泌が低下し、心身に様々な不調を表すのです。

テストステロン量は血液検査ではかることができます。40代から50代の男性の正常値は、1mlあたりの血液中に16pg(ピコグラム=1ピコグラムは1兆分の1g)以上。更年期になるとこの値が15pg以下に下がってしまいます。つまり、テストステロンが15pg以下になったときが更年期の始まりと考えていいでしょう。(若い男性の場合は、30から43.5pg)
16pgを維持していれば、目立った不調もなく日常生活に支障はありません。しかし、更に下がると、頭痛、頭重感、不眠、手足のしびれ、頻尿、イライラ、性欲・精力の減退など、生活に支障をきたす色々な症状として表れます。

テストステロンの減少のし方が、緩やかであれば身体が徐々に慣れるので、極端に心身の不調を感じず生活を継続できます。
でも、若い頃筋肉モリモリの体格だった男性や、仕事での行き詰まり家庭環境の変化などの強いストレスを受けた時に、急激にテストステロン値が下がり、自律神経や泌尿器系関連に様々な症状が表れます。会社の業績が悪く早期退職の対象となる、長年の結婚生活の中で妻子との生活が上手くいっていないと感じるなど、テストステロンの減少が始まる年齢は、丁度社会生活の中で強いストレスを受ける時期とも重なるのです。
マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

更年期障害とは?

マカの品質の見分け方

マカの壮大な故郷

<更年期障害とは?>
【いつかやってくる更年期の基礎知識】
日本女性の閉経の平均年齢は50~51歳。閉経を挟んだ前後約10年が更年期と呼ばれる。更年期障害とはこの時期に見られるトラブルのこと。代表的なものは、血管が拡張してほてり、のぼせや発汗を起こす「ホットフラッシュ」と呼ばれるもの。
ほかにも、肩こり、不眠、冷え、イライラなど、心身ともに様々な症状が出る。
+++++++++++++++++++++++++++
更年期障害とは
+++++++++++++++++++++++++++
更年期になると卵巣機能は低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)はどんどん減少し始める。その情報を受けて下垂体はホルモン分泌を促すために、脳から過剰に性腺刺激ホルモンを出すが、女性ホルモンは増えないので、脳の中枢がパニックを起こしてします。ホルモン分泌のバランスの乱れが原因で様々な心身の失調が起こるのが更年期障害。
+++++++++++++++++++++++++++
若年性更年期障害
+++++++++++++++++++++++++++
更年期まではまだ時間があるはずの若い世代も「若年性更年期障害」には関心が高い。しかし、更年期ではないのに更年期のような症状が表れる場合に使われるが、実は「若年性更年期障害という病気はない。更年期ではないのに更年期と同じようなトラブルが生じるのは、卵巣機能が低下していないのに、ストレス等で脳から性腺刺激ホルモンが出にくくなり、ホルモンバランスが乱れるため。
+++++++++++++++++++++++++++
性格や環境要因との関係
+++++++++++++++++++++++++++
閉経は48歳頃から増え始めて、53歳頃までがピーク。1ヶ月前まで月経が順調にきていたのに急に次からピタッと止まる人もいれば、大量出血後に閉経する人もいて、人それぞれ。
月経の乱れが更年期のサインとなる。
まずは月経の間隔が短くなり、月経血の量も一定しなくなる。そして間隔が空いてだんだん出血量も減り、ついには閉経に、というのが一般的によく見られるパターンだ。前の月経から1年以上月経がないと閉経とみなされる。
いずれ更年期は誰にでもやってくる。仕事や出産の有無も、それだけでは更年期の症状の程度とは関係しないようだ。
更年期は親の介護、子供の巣立ち、パートナーとの関係など様々な変化が起こる時期だが、それをどう受け止めるかで更年期の症状も変わってくる。
更年期自体を、嫌なもの、認めたくないものと否定的な感覚でとらえるか、自然な営みと、老いを肯定的に考えるかで、同じ症状でも感じ方が変わってくる。
+++++++++++++++++++++++++++
更年期障害の程度予想チェック
+++++++++++++++++++++++++++
【A】
1) がんばりや
2) 何事もパーフェクトにやりたいタイプ
3) 自分の行動を反省することが多い
4) 責任感が強い
5) 決定を家族や友人に任せることができない
6) ヒマな時間をどう過ごしていいかわからない
【B】
1) のんびりや
2) 小さなことにはこだわらない
3) 物事のよい面を受け止めることが多い
4) 素直な性格
5) 前向きに打ち込めることが多い
6) 打ち込めるもの、夢中になれるものがある
あなたはどの項目にあてはまりましたか?
更年期窓外や症状は【A】が多いほど強く表れ、【B】が多い人
ほど軽く済む可能性がある。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

男性の更年期障害

マカの栽培

マカ栽培(種まき編)


男性の更年期障害
<男性の更年期障害>

+----------------------------------------------------------+ 
 【女性のうつ病】

閉経前の月経が不順になる時期は、うつ病にかかりやすいと言われています。それは、ホルモンの変動に加え、子供が成人し急に手が離れてしまった、親しい友人が病気になった、
自分の体調にも変化が出てきた、などいろいろなストレスを感じて、うつ病になる人が多いのです。一般の人を対象にした厚生労働省の調査では、女性で「うつ病」を体験したことがある人は10人に1人で、男性の約2倍のあたります。
その原因についてはこんなふうにも言われています。女性は、初潮や月経周期、妊娠や出産、更年期と身体面の変化を感じることが少なくありません。しかし、日常生活では
あまり変化なく過ぎていくことが多く、仕事を持っているいないにかかわらず、どうしても家族中心の生活になりやすく、周囲はそれを当然と考え、上手くいかないと責められる。
これを繰り返しているとむなしくなるが、それをわかってもらえない…。
そうした時は、どれだけ自分の生き方を大切にできるかが重要です。もちろん、家族や周囲の協力やこころ配りも大切なことです。

◎「ストレスマネージメント」私流ストレスとの付き合い方
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb8_stre.htm

+++++++++++++++++++++++++++
マカにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていてマカ=「完全食」といわれています。毎日元気はつらつに過ごしたい方など様々な目的でマカは老若男女問わず飲まれています。
 【男性の更年期障害】

数年前、有名男性漫画家が「実は数年前から体調がすぐれず、その原因は更年期障害だった」と告白し、マスコミでも「男性の更年期障害」と話題になりました。欧米に比べ日本においては、男性の更年期への認知が遅れているようです。「なまけている」とか「疲れているだけ、眠れば治る」程度の理解ではないでしょうか。
今後、「マカ不思議マガジン」では、定期的に少しずつ男性の更年期について触れていきたいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++
第1回「年齢とテストステロンの関係」
+++++++++++++++++++++++++++

男性の更年期は、早い人では40歳位から始まり、45歳から50歳位に最も多くみられます。その原因は女性の更年期と同様に、ホルモンバランスが崩れる事が最大の原因と考えられています。それが、女性は「エストロゲン」、男性は「テストステロン」です。歳をとるにつれ、それぞれのホルモンの分泌が低下し、心身に様々な不調を表すのです。

テストステロン量は血液検査ではかることができます。40代から50代の男性の正常値は、1mlあたりの血液中に16pg(ピコグラム=1ピコグラムは1兆分の1g)以上。更年期になるとこの値が15pg以下に下がってしまいます。つまり、テストステロンが15pg以下になったときが更年期の始まりと考えていいでしょう。(若い男性の場合は、30から43.5pg)
16pgを維持していれば、目立った不調もなく日常生活に支障はありません。しかし、更に下がると、頭痛、頭重感、不眠、手足のしびれ、頻尿、イライラ、性欲・精力の減退など、生活に支障をきたす色々な症状として表れます。

テストステロンの減少のし方が、緩やかであれば身体が徐々に慣れるので、極端に心身の不調を感じず生活を継続できます。
でも、若い頃筋肉モリモリの体格だった男性や、仕事での行き詰まり家庭環境の変化などの強いストレスを受けた時に、急激にテストステロン値が下がり、自律神経や泌尿器系関連に様々な症状が表れます。会社の業績が悪く早期退職の対象となる、長年の結婚生活の中で妻子との生活が上手くいっていないと感じるなど、テストステロンの減少が始まる年齢は、丁度社会生活の中で強いストレスを受ける時期とも重なるのです。
マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。