健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はワキガ?心配なあなたへ

マカの栄養価の秘密

私はワキガ?心配なあなたへ

夏に限ったことではありませんが、特にこの時期は汗の臭いが気になります。自分が気にするほど臭っていない・・・とは言いますが、「もし、臭っていたら」という心配は尽きませんよね。

  臭いの原因  

 人間の汗腺は2種類あります。ひとつは、全身に点在する「エクリン腺」で、もうひとつが脇の下や外耳道(耳の中)、 陰部、バストなどにある「アポクリン腺」です。
「アポクリン腺」は、第2次成長期に毛が生えてくる場所にあるのが特徴です。エクリン腺から出る汗は、主に水分や塩分であるのに対し、アポクリン腺から出る汗は、水分や塩分に加えてたんぱく質、糖質、脂肪分、鉄分など、様々な成分が混じっています。
 エクリン腺からの汗もアポクリン腺からの汗も、出たときには無臭ですが、皮膚や毛に存在している細菌や皮脂と混じり合ううちに分解されて臭いが発生します。

 汗をたくさんかく体質の人は、あまり臭いのない汗を大量にかきます。それに対して、ワキガ体質の人は、独特の臭いのする汗をかきます。
 この違いは、多汗症の人の汗はエクリン腺から、ワキガ体質の人の汗は、アポクリン腺からの汗が多いのが特徴です。

 
  体質チェック 

 チェックポイントにひとつでもチェックがついた人は、汗の臭いに注意しましょう。

 1)耳垢が湿っている
 2)脇毛が多く、太い
 3 服の脇の部分が黄ばむ
 4)脇の汗が多い両親がワキガ体質
 5 肉中心の食生活

 臭いの自己判定法で一番簡単なのは、自分の汗をなめてみる事です。
 しょっぱい場合は臭い体質の場合があります。


  簡単に出来る、ワキガ汗の臭い対策 

  脇毛を伸ばしたままにしておくと細菌がすみついて臭いが強くなる原因になるので、きちんと処理をする
  消毒用アルコールでわきの下を拭く
  通気性のよい服を着る
  細菌の繁殖、肌のかぶれ、色素沈着の原因になるので、制汗剤を使ったらキチンと落とす
  アポクリン腺の汗の中の皮脂分を増やす原因となる、肉や乳製品など動物性脂肪の多い食品を避ける
  自律神経の中の交感神経を活発にする熱いシャワーを避ける
  アルコールや強い香辛料を避ける


  制汗剤の選び方 
 
 臭いを抑えるために制汗剤を使っている人、多いと思います。
 その選び方ひとつで、逆の臭いを強くする場合もあります。
 強度のワキガの場合は、塩化ベンザルコニウムが入っている殺菌効果の強いものを選びましょう。
 臭いの弱い人は、イソプロピメチルフェノールやカテキンなどを成分としているものが適しています。
 臭いが気になるからといって殺菌効果の強い成分の入った制汗剤を使うと、必要な菌まで殺してしまうので、かえって逆効果です。

スポンサーサイト
なぜ肌荒れしやすいのか?

スーパーカムカム


マカの品質問題


なぜ肌荒れしやすいのか?

木の芽時と呼ばれるこの時季は、心や体に変調をきたしやすいのをご存知でしょうか?
そして、それはお肌も同じなのです。
外的刺激が一気に増える今頃は、体内の変化にそれが加わり、肌の抵抗力や免疫力が落ち、トラブルが発生しやすくなっています。
直射日光に当たる機会が少なかった冬の間に、日光に対する肌の抵抗力が落ち、少し日に当たるだけで肌荒れするなど、春先の日差しは特に危険です。

また、気温や湿度の変化、発汗量や皮脂量の増加、ほこり、花粉なども肌への刺激の原因になります。

加えて、紫外線から皮膚を守ろうと厚くなった角質層の影響で、肌の細胞が生まれ変わる働き、ターンオーバーのリズムが狂ってしまいます。これが大人のニキビをはじめ、様々な肌トラブルの原因にもなるのです。


 あなたの敏感肌度チェック 

抵抗力の落ちた肌が陥りやすいのが、敏感肌です。
敏感肌とは、化粧品など、本来は何の反応も起こさないはずの物質に対して、皮膚が過敏に反応するという、
やっかいな状態を示します。

花粉症である
 日焼けをするとすぐ赤くなり、かゆくなることもある
 汗をかくと肌がかゆくなる、汗をかきやすい部分に赤い
   発疹やかゆみが出る
 入浴後や暖房の効いた部屋にいると顔がほてる。
   じんましんがでることもある
 仕事や家事、対人関係など、ストレスを感じやすい。
   夜よく眠れない
 外食が多く、食事を抜くなど、食生活が不規則。
   チョコレートやナッツ類が好き
 生理不順になりやすい
 便秘がち


 チェック項目はいくつ当てはまりましたか?

 *結果はこちら* 

 1~2個=やや過敏傾向
 3~4個=注意しましょう
 5個以上=要注意

  美しいお肌を目指すために 

【食生活に気をつけよう!】

「バランスのよい食事を規則正しく」が美肌作りの基本です。
 外食中心の食生活や、スナック菓子の取りすぎはNG
紫外線の影響を抑えるには、牛肉や鶏肉、レバー等に含まれるビタミンB2の摂取がオススメです。

【ストレスを解消しよう!】

 ストレスが増大すると血流が悪くなり、シミやくすみの原因に。
快眠・快便のためにも、ウォーキングやジョギングなどで体を適度に動かしたり、入浴時のマッサージなどをオススメします。

【生理不順や便秘は大敵!】

女性ホルモンは肌と深く関係しています。そのため、生理不順はくすみや皮脂の分泌量増加につながります。便秘も要注意。
腸の働きが悪いと体内に老廃物が溜まり、肌荒れの原因になります。

 【清潔を心がけよう!】

 ダニやカビなどの慢性刺激によっても肌荒れは起こります。
 こまめな掃除や換気を心がけましょう。湿度の高いバスやトイレ、キッチン、クローゼットなどの除湿や、エアコンの掃除も忘れずに。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>


肌の乾燥とかゆみ

マカの栽培

マカの栄養価の秘密

<肌の乾燥とかゆみ>

冬の季節はどうしても肌が乾燥しやすくなりますね。
夜眠れないほどのひどいかゆみが出たり、化粧のノリが悪くなったりと、「今年もまたか・・」と憂鬱な人も多いのではないでしょうか?

風呂上りなど保湿に気をつけてスキンケアすると、肌に潤いを取り戻すことができます。 

<肌が乾燥するとかゆくなるのはどうして??>

皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪の三層構造で、表皮の一番外側には厚さ1020マイクロ(マイクロは100分の1
メートルの角質層があります。細胞と細胞の間には市販の化粧品でもお馴染みの「セラミド」や
「天然保湿因子(NMF)」という成分が水分と結合し、肌のみずみずしさを保ちます。

さらに皮脂の膜が角質層を覆い、水分の蒸発を防いでいます。

乾燥するとセラミドなどが減り、角質層の構造が乱れて水分が奪われます。乾燥とかゆみとの関係は
「肌がひび割れ、真皮にある神経が表皮まで伸びてきたりして外からの刺激に敏感になる」からです。

<男性ホルモンが関係??>

乾燥しやすさは年齢によって微妙に違います。高齢者の肌は男性ホルモンの減少などが原因で若い人より
皮脂の量が少ないです。皮膚全体は薄くなるが角質層だけ23割厚く、表皮の下からの水分補給が追いつきません。
そのため、年とともに肌が乾燥し、かゆくなる人が多くなるのです。

女性も25歳を過ぎると男性ホルモンが減り始め、皮脂が減少する傾向があります。特に顔は化粧をするため乾燥しやすいのです。

肌がきめ細かくきれいな赤ん坊や子供も実は乾燥しやすいのです。肌の厚さが大人の半分しかなく、男性ホルモン量も少ないからです。

<入浴の仕方&入浴後がポイント>

皮脂の量を上手に保つには入浴の仕方がポイントです。
体を洗うタオルは、刺激の強いナイロンなどは避け、綿など柔らかい素材を使いましょう。

高齢者は腕の外側、すねなど皮脂の少ない部分はそっと洗い、わきや足など汚れやすい所はしっかり洗います。

赤ん坊は新陳代謝が旺盛なので全身をきちんと洗いましょう。
女性の場合、顔の乾燥が気になるなら、洗浄力の強い固形石鹸ではなく、アミノ酸など合成界面活性剤を使った
洗顔料だと皮脂をあまり落さずに済みます。 

入浴後の肌の保湿にも気をつけましょう。

風呂に入ると水分の蒸発を防ぐ皮脂がどうしても落ちてしまうため、風呂上りの肌はどんどん乾いていきます。
放っておくと15分後には入浴前より乾燥しています。
肌が湿っているうちに保湿剤を塗るのがいいです。

また、馬油や椿油、ワセリンなど皮脂の代わりになる油分で蒸発を防ぎましょう。

顔の皮膚には、体の皮膚より2割ほど薄いところもあります。女性の場合、化粧前や化粧を落した後は、しわになりやすい目や口のまわりに重点的に保湿剤を塗りましょう。 

<部屋の保湿は大丈夫??>

部屋の湿度を肌に優しい状態に保つことも大切です。

最近は機密性の高い住宅が増え、空調で暖房すると水分を保持する力が弱い冷たい空気が温められてさらに乾くので、肌には大敵です。

湿度は60%程度が過ごしやすく、肌の乾燥も防げます。
室内に湿度計を置いて空気が乾燥していると思ったらぬれタオルを干したり、加湿器を使ったりするなどこまめな対策をして下さいね。

乾燥肌もかゆみがひどい状態が続き、かきすぎて湿疹になると、スキンケアでは対処できなくなります。皮膚科に診てもらい、まずかゆみを抑えることを優先しましょう。

冬の乾燥肌対策は一朝一夕にはいきません。表皮で作られるセラミドなどの成分は角質層に浸透するまで時間がかかります。
乾燥がひどいと回復するまで数週間かかることもあります。

焦らず気長に取り組むことが大切です!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。