健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その痛みは、関節痛?

キャッツクロー

良いマカとは

その痛みは、関節痛? 
「最近、ぶつけた記憶もないのにひざが痛む事がある」・・・
こんな経験ありませんか?膝が痛む病気で最も多いのが「変形性膝関節症」です。

歩き始めが痛い、階段は昇りよりも降りる方がキツイ、正座ができないなど、思い当たることありませんか?

  関節痛とは  

 関節がスムーズに動くかどうかは、生活上とても大事なことです。
動く関節を構成するそれぞれの骨(関節面)の表面は、軟骨で覆われています。この関節軟骨は、関節にかかる衝撃を吸収して、関節が摩擦なくスムーズに動き続けることを可能にしています。

軟骨は、主に水やコラーゲン、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などのムコ多糖類で構成されており、加齢と共に体内での生成能力が衰え、減少していくと言われています。

そのため、繰り返し負担がかかると、関節軟骨が変性して磨り減り、土台の骨そのものにも変形が生じてきます。
それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。
この症状は、股関節と膝の関節に多くみられます。
膝の「変形性膝関節症」は、40歳代~50歳代の女性に多くみられ、そのほか、肩の関節には「五十肩」が起こります。

 変形性膝関節症について 

 膝は身体のなかで一番大きな関節です。
 変形性膝関節症は、膝関節の老化によって起こります。
 高齢者の膝の痛みの原因で最も多く、女性に多いのも特徴です。
 外傷で起こる膝の靭帯や半月版の損傷が原因の場合もありますが、多くは加齢とともに膝関節の軟骨がもろくなって、すり減ってくるのが原因です。膝の外側よりも内側の軟骨がすり減ってくることが多く、だんだんO脚になってきます。

  関節痛(膝)の予防 

 関節の痛みは急激な動きや加齢から起きます。
 日頃から食事に気をつけ、無理をしないことが大切です。

 <関節に良い栄養素をとる>

たんぱく質・ビタミン・ミネラルを十分に摂り、「鉄分」補給を心がけましょう。
 
 関節やアキレス腱を増強してくれる「コンドロイチン」や「グルサコミン」も効果的です。

 <無理な体勢はとらない>
 
 膝を深く曲げて座る正座などは避けましょう。
 膝関節を90度以上曲げて座ったり、和式トイレでしゃがんだりすると、立ち上がる時に膝に思わぬ負担がかかります。
 
 椅子やソファ、ベッドの高さを一定に保ち、立ち上がりやすいようにしましょう。
 また、同じ姿勢は続けないように気をつけてください。

 <温めたり冷やしたりは、症状によって>

 痛む前の予防として、膝が冷えていればまず温めましょう。
 膝のお皿は皮膚のすぐ下にあるため冷えやすくなっています。
 日ごろからサポーターなどで保護するのもいいでしょう。
 運動(仕事)の後などに膝が熱を持ったら、痛みが起こる前に冷やしましょう。
 痛みがおこる前に対処すれば腫れは引きます。

 <下り坂はゆっくり降りる>

 膝の軟骨のクッションが弱くなったり、
 膝を支える筋力が落ちてくると歩きはじめや下り坂で痛みが起こり不安定感を感じます。
 歩き始めは徐々に慣らしていくようにしましょう。

 <自分に合った靴を履く>

 ハイヒールなどを履いていますと重心が前に移動し、つま先立ちをしているような不安定な状態になり、体を安定させようと膝に負担がかかってしまいます。
 自分に合った靴を履きましょう。

 <その他> 

 重いものを持たない、長時間歩かない、階段を使わない(使うときは手すりを持つ)などを心がけましょう。
 また、太ももの前後の筋肉を鍛える体操をしましょう。
 膝に負担がかかるので、肥満にも注意しましょう。


  変形性股関節症 

 股関節の軟骨がすり減ってきて関節が変形し、動きが悪くなるために、少し歩いたりすると股関節や太もも、膝などが痛むといった症状が現れます。
 老化や肥満、重いものを持つ作業などで、長期間股関節に負担がかかることで起こります。


  五十肩 

 肩を動かすときに痛みが起こり、髪をとかせない、ブラジャーのホックがとめにくいなどの症状が現れてきます。4060歳代に多いため、一般では五十肩と呼ばれます。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。