健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生理周期を考慮した食事

マカの品質問題

マカの栄養価の秘密

生理周期を考慮した食事
<生理周期を考慮した食事 >
 
 体調を維持する上で大切なのは、適切な栄養素を知り、タイミングよくそれを摂ることです。
 特に女性の体は生理周期によって変化が大きく、そのリズムをきちんと把握すると、より快適な状態に体調を整えやすいといいます。
 体調維持に生理周期を取り込む方法を探りました。

 <生理周期と体調> 

 ストレスが原因の不調を訴える女性は、食生活を見直すと症状が軽くなる場合が多いです。
 ホルモンバランスが生理周期によって大きく変化するのに基礎体温をつけている女性は少なく、体のことを知らな過ぎではないのでしょうか?

 女性の生理周期は生理後から排卵期までの低温期(卵胞期)と排卵後から生理までの
 高温期(黄体期)に分かれます。
 低温期は卵胞ホルモンがたくさん分泌され、たいていは調子がいいです。
 問題は高温期や月経期です。特に高温期は「イライラする」「気分が落ち込む」などの
 月経前症候群が多いです。体のむくみや食欲の急激な増進も一般的な症状です。

 <生理周期と食事>

【高温期】

では、どのように食事と生理周期を結びつければいいのでしょうか?むくみ対策としては、利尿作用が期待できるキャベツなどアブラナ科の野菜をとるといいです。
 ゴマはビタミンEやセサミンが豊富な抗酸化物質なので、キャベツのゴマ和えなどがおすすめです。

高温期は食欲が増し、甘いものが無性に食べたくなる傾向があります。高温期は知らぬ間に普段より 100~200キロカロリー多くカロリーをとっている女性が多い。
 しかし甘いお菓子は体の代謝を悪くするので、とるならミネラルが豊富な黒砂糖や食物繊維の多いキウイやイチジク、バナナなどがおすすめです。
 マグネシウムやカルシウムを豊富に含んだコップ1杯位の硬水や、にがりなども過剰な食欲を抑制するのに役立ちます。

【通期】

一方、ビタミンやミネラル類とゴマとショウガは時期を問わずに常にとった方がいいです。中でも葉酸です。
 日本の成人女性は慢性的に葉酸が不足しています。
 葉酸は小松菜やほうれん草、レバーに多く含まれています。
 例えばゴマやラー油を使った「レバーの担々炒め」は葉酸を多く含むメニューです。食物だけでは補いにくいので、サプリメントの力を借りるのもいいでしょう。

【ダイエット中】

ダイエットのために炭水化物を極端に減らしたり、油を断ったりしがちです。炭水化物はホルモンを分泌する視床下部の働きと関係します。
 また、油はホルモンの原料となります。中でもオリーブオイルやシソ油、亜麻仁油などの不飽和脂肪酸は良質な原料です。
 
 炭水化物や油分を適度にとらないと「老化を促す」ことになりかねません。サラダを食べる時のドレッシングをシソ油に替えたり、おひたしにはすりゴマを添えたりして、体によい油や食材をうまく取り入れましょう。お茶の一杯をしょうが湯にするといったひと工夫でも効果が期待できるでしょう。

 女性の場合、冷えから血液循環が悪くなり、ホルモンバランスが崩れて生理痛や生理不順、肩こりや腰痛などの不調につながることも多いです。常にバランスを維持するよう心がけましょう。

 (日本経済新聞9/23付記事より抜粋)

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
生理不順を放っておいていいの?

マカの栄養価の秘密

マカ3000年の歴史


生理不順を放っておいていいの?
<生理不順>

 毎月「月経」の時期になると「うっとしい」
 「生理痛がつらい」など、不快な気分になる人も多いでしょう。
 でも、月経は女性ならではの生理現象であり、健康状態を現す大切なバロメーターでもあります。

 周期がバラバラだったり、耐えられないほどの痛みがあったり、1回の月経が8日以上も続く場合などは、女性特有の病気が隠れている場合もあります。毎月体験するわりには月経のしくみについて知らない女性が多いようです。基本的なことを知っておくと、
  日頃の体調管理にも役立ちます。

◆◇ 月経時をさわやかに過ごそう ◆◇
 
 月経前から月経中にかけては、ホルモンの関係で乳房が張るからだがむくむ、生理痛、頭痛、腰痛、下痢、便秘、肩こり、
 冷えなどの不調や、イライラする、気分がふさぐといった心の変調が起こりがちです。
 自分の月経周期を正しく理解し、毎月訪れるこの時期を上手に乗り切りましょう。

 ◆◇ この月経不順、放っておいていいの? ◆◇

 1. 月経不順で2、3ヶ月に1回。

 何も不自由はないが「このまま放っておいても問題ないのか?」「将来子どもができるか?」不安になる周期であります。
 月経と排卵は密接な関係をもつ。排卵の有無を調べる
 簡単な方法が基礎体温測定です。
 排卵周期を持つ女性の基礎体温には、ご存知の通り低温相と高温相があり、排卵後、黄体から分泌されるプロゲステロンで体温が上昇し、高温相に移行します。

 黄体の寿命は14日なので、黄体期も14日を大きく越えることはありません。排卵は体温上昇で判断する。一般に上昇前の日が排卵日と考えられます。14日を数日以上超える高温相継続では妊娠の可能性を考えます。
 基礎体温は排卵の有無を確認する方法であって、正確な排卵日を予測する方法ではありません。
 この場合、各種ホルモン検査を実施したが特に原因があるわけではなく、月経前には高温相があり排卵が確認できたので、様子をみることになったそうです。

2. 月経不順で、約20日前後で月経がくる。

 これは1ヶ月のうち約1/3が月経中ということになり、身体的にも辛い状況でした。
 この場合、短期間ではあるが低温相と高温相に分かれているので排卵はあるものの、成熟した状態ではないようです。特に病的な原因もみつからず、病院での処方があれば通常の月経周期に戻ることから、今すぐの妊娠を望んではいないので、様子をみることになったそうです。

 ◆◇ 快適に過ごすコツ ◆◇

 ○シャワーやお風呂で生活に   
  血行をよくするのに最適。

 ○適度な運動をしよう 
  ストレッチ程度の軽い運動は、血行促進プラス気分転換の効果も。

 ○からだを冷やさない工夫をする  
  月経中は、特に下半身を冷やすことは禁物。

◆◇ 避けたほうがよいこと ◆◇

 ★お酒はできるだけ控えよう 

 月経中は無性に甘いものが食べたくなるという人は、ほどほどならOK。ただし、アルコールやカフェイン、塩分、辛いものなどの刺激物はなるべく避けましょう。

 ★セックスは避けよう  

 月経中は細菌感染を起こしやすいうえ、経血が逆流して子宮内膜症の原因になることもあります。

 ★きゅうくつなファッションはやめよう
 
 血行が悪くなると、下腹部痛、腰痛、むくみなどが起こることもあります。


●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

月経トラブル

5分で分かるマカ講座

マカの肥沃な栽培地の秘密

月経トラブル
<月経トラブル>

【月経トラブル】

女性ホルモンの乱れが原因。
生活習慣の見直しを。

月経日に腰痛や頭痛などのトラブルが生じることは、程度の差こそあれ、誰にでもあるものです。しかし、月に2回もあるとか、逆に遅れている、月経日以外なのに出血がある、などの「月経異常」は、何らかの婦人科疾患が潜んでいる危険性も考えられ
ます。異常の多くは、ストレスなどによって、卵巣から分泌される女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因。
従って、生活習慣を見直すとともに、重大な病気を早期発見するためにも、婦人科検診を受けましょう。

+++++++++++++++++++++++++++
正常な月経
+++++++++++++++++++++++++++

【周期】25~35日
(毎月この期間内で周期的に繰り返す月経は正常です。)
【日数】3~7日
【量】50~100ml
(ナプキンの使用量が1日5~6枚が目安です)
【日常生活】生活に支障がない
(動けない、救急車で運ばれる、頭痛や腰痛、吐き気をとも
なう場合は「月経困難症」の可能性が大。)
【基礎体温】1カ月の間に「高温期」と「低温期」がある

+++++++++++++++++++++++++++
月経不順
+++++++++++++++++++++++++++

月経が始まった日から、次の月経が始まる前日までを「月経周期」といいます。この周期が25日~35日の範囲外であるのが月経不順です。たいていの場合が、ストレスやダイエット、過激な運動によるホルモンバランスの乱れが原因で、月経不順であっても、月経があり、排卵もあれば心配することはなさそうです。注意が必要なのは、月経不順や無月経の状態が3ヶ月を超えた場合。正常な周期に戻すまでには、長期の治療が必要になり、最悪の場合は不妊症にもなりかねません。

+++++++++++++++++++++++++++
月経異常の症状と疑われる病気
+++++++++++++++++++++++++++

【周期】
90日以上・・無月経(無排卵・不妊)
36日以上・・稀発月経(無排卵・不妊)
24日以内・・頻発月経(無排卵・不妊)
【日数】
8日以上・・過長月経(無排卵・不妊、子宮内膜症、子宮筋腫)
2日以内・・過短月経(無排卵・不妊)
【量】
多い・・・過多月経(子宮筋腫、子宮内膜症)
少ない・・過少月経(無排卵・不妊)

+++++++++++++++++++++++++++
予防と対策
+++++++++++++++++++++++++++

健康であっても毎日の習慣に!
月経不順に気づいたら、基礎体温を測りましょう。排卵の有無がわかり、卵巣機能不全、子宮内膜症などの婦人科疾患の診断材料になります。

月経困難症
症状 ●激しい下腹部痛、腰痛 ●めまい ●背部痛 
●吐き気 ●不快感 ●発熱 ●だるさ ●たちくらみ
●手足のしびれ
月経開始もしくは直前から始まり、期間中症状が持続する特有の痛みを月経困難症と呼びます。痛み・不快感の原因は、月経血を子宮外へ押し出そうとする子宮筋の収縮。多少の痛みは誰でも感じますが、生活に支障をきたす場合は、困難症を疑ったほうがいいでしょう。子宮内膜症などの病気によるものと、心因性によるものに分かれます。

月経前症候群
症状 ●イライラして怒りっぽくなる ●頭痛 ●うつ●集中力の低下 ●下腹部痛 ●むくみ
月経の始まる3~10日前に症状が現れ、月経開始と同時におさまるのが月経前症候群(PMS)です。はっきりとした原因はわかっていませんが、卵巣から分泌される2つのホルモンの影響が大きいといわれています。重大な病気によらない機能性である場合が多く、バランスのとれた食生活と、規則正しい生活習慣で、症状がなくなることも。

不正出血
症状 ●月経期間以外に出血がある ●だらだらと月経が長引く
●セックスのあとに少量の出血がある
不正出血は、正常に近い機能性の出血から子宮ガンまで、考えられる原因・病気が幅広いのが特徴です。出血の仕方、量も様々。
たとえ、おりものに血が混じる程度でもすぐ検診を受けましょう。
ホルモンのバランスが崩れて起こる月経前後の出血は、無排卵の場合がほとんど。一方、月経後、約1週間目の少量の出血は、排卵の際に起こるためなので心配いりません。

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

生理不順を放っておいていいの?

マカ栽培(種まき編)

マカ栽培(土壌検査編)

生理不順を放っておいていいの?
<生理不順>

 毎月「月経」の時期になると「うっとしい」
 「生理痛がつらい」など、不快な気分になる人も多いでしょう。
 でも、月経は女性ならではの生理現象であり、健康状態を現す大切なバロメーターでもあります。

 周期がバラバラだったり、耐えられないほどの痛みがあったり、1回の月経が8日以上も続く場合などは、女性特有の病気が隠れている場合もあります。毎月体験するわりには月経のしくみについて知らない女性が多いようです。基本的なことを知っておくと、
  日頃の体調管理にも役立ちます。

◆◇ 月経時をさわやかに過ごそう ◆◇
 
 月経前から月経中にかけては、ホルモンの関係で乳房が張るからだがむくむ、生理痛、頭痛、腰痛、下痢、便秘、肩こり、
 冷えなどの不調や、イライラする、気分がふさぐといった心の変調が起こりがちです。
 自分の月経周期を正しく理解し、毎月訪れるこの時期を上手に乗り切りましょう。

 ◆◇ この月経不順、放っておいていいの? ◆◇

 1. 月経不順で2、3ヶ月に1回。

 何も不自由はないが「このまま放っておいても問題ないのか?」「将来子どもができるか?」不安になる周期であります。
 月経と排卵は密接な関係をもつ。排卵の有無を調べる
 簡単な方法が基礎体温測定です。
 排卵周期を持つ女性の基礎体温には、ご存知の通り低温相と高温相があり、排卵後、黄体から分泌されるプロゲステロンで体温が上昇し、高温相に移行します。

 黄体の寿命は14日なので、黄体期も14日を大きく越えることはありません。排卵は体温上昇で判断する。一般に上昇前の日が排卵日と考えられます。14日を数日以上超える高温相継続では妊娠の可能性を考えます。
 基礎体温は排卵の有無を確認する方法であって、正確な排卵日を予測する方法ではありません。
 この場合、各種ホルモン検査を実施したが特に原因があるわけではなく、月経前には高温相があり排卵が確認できたので、様子をみることになったそうです。

2. 月経不順で、約20日前後で月経がくる。

 これは1ヶ月のうち約1/3が月経中ということになり、身体的にも辛い状況でした。
 この場合、短期間ではあるが低温相と高温相に分かれているので排卵はあるものの、成熟した状態ではないようです。特に病的な原因もみつからず、病院での処方があれば通常の月経周期に戻ることから、今すぐの妊娠を望んではいないので、様子をみることになったそうです。

 ◆◇ 快適に過ごすコツ ◆◇

 ○シャワーやお風呂で生活に   
  血行をよくするのに最適。

 ○適度な運動をしよう 
  ストレッチ程度の軽い運動は、血行促進プラス気分転換の効果も。

 ○からだを冷やさない工夫をする  
  月経中は、特に下半身を冷やすことは禁物。

◆◇ 避けたほうがよいこと ◆◇

 ★お酒はできるだけ控えよう 

 月経中は無性に甘いものが食べたくなるという人は、ほどほどならOK。ただし、アルコールやカフェイン、塩分、辛いものなどの刺激物はなるべく避けましょう。

 ★セックスは避けよう  

 月経中は細菌感染を起こしやすいうえ、経血が逆流して子宮内膜症の原因になることもあります。

 ★きゅうくつなファッションはやめよう
 
 血行が悪くなると、下腹部痛、腰痛、むくみなどが起こることもあります。


●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

月経トラブル

マカ栽培(土壌検査編)

マカの壮大な故郷


月経トラブル
<月経トラブル>

【月経トラブル】

女性ホルモンの乱れが原因。
生活習慣の見直しを。

月経日に腰痛や頭痛などのトラブルが生じることは、程度の差こそあれ、誰にでもあるものです。しかし、月に2回もあるとか、逆に遅れている、月経日以外なのに出血がある、などの「月経異常」は、何らかの婦人科疾患が潜んでいる危険性も考えられ
ます。異常の多くは、ストレスなどによって、卵巣から分泌される女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因。
従って、生活習慣を見直すとともに、重大な病気を早期発見するためにも、婦人科検診を受けましょう。

+++++++++++++++++++++++++++
正常な月経
+++++++++++++++++++++++++++

【周期】25~35日
(毎月この期間内で周期的に繰り返す月経は正常です。)
【日数】3~7日
【量】50~100ml
(ナプキンの使用量が1日5~6枚が目安です)
【日常生活】生活に支障がない
(動けない、救急車で運ばれる、頭痛や腰痛、吐き気をとも
なう場合は「月経困難症」の可能性が大。)
【基礎体温】1カ月の間に「高温期」と「低温期」がある

+++++++++++++++++++++++++++
月経不順
+++++++++++++++++++++++++++

月経が始まった日から、次の月経が始まる前日までを「月経周期」といいます。この周期が25日~35日の範囲外であるのが月経不順です。たいていの場合が、ストレスやダイエット、過激な運動によるホルモンバランスの乱れが原因で、月経不順であっても、月経があり、排卵もあれば心配することはなさそうです。注意が必要なのは、月経不順や無月経の状態が3ヶ月を超えた場合。正常な周期に戻すまでには、長期の治療が必要になり、最悪の場合は不妊症にもなりかねません。

+++++++++++++++++++++++++++
月経異常の症状と疑われる病気
+++++++++++++++++++++++++++

【周期】
90日以上・・無月経(無排卵・不妊)
36日以上・・稀発月経(無排卵・不妊)
24日以内・・頻発月経(無排卵・不妊)
【日数】
8日以上・・過長月経(無排卵・不妊、子宮内膜症、子宮筋腫)
2日以内・・過短月経(無排卵・不妊)
【量】
多い・・・過多月経(子宮筋腫、子宮内膜症)
少ない・・過少月経(無排卵・不妊)

+++++++++++++++++++++++++++
予防と対策
+++++++++++++++++++++++++++

健康であっても毎日の習慣に!
月経不順に気づいたら、基礎体温を測りましょう。排卵の有無がわかり、卵巣機能不全、子宮内膜症などの婦人科疾患の診断材料になります。

月経困難症
症状 ●激しい下腹部痛、腰痛 ●めまい ●背部痛 
●吐き気 ●不快感 ●発熱 ●だるさ ●たちくらみ
●手足のしびれ
月経開始もしくは直前から始まり、期間中症状が持続する特有の痛みを月経困難症と呼びます。痛み・不快感の原因は、月経血を子宮外へ押し出そうとする子宮筋の収縮。多少の痛みは誰でも感じますが、生活に支障をきたす場合は、困難症を疑ったほうがいいでしょう。子宮内膜症などの病気によるものと、心因性によるものに分かれます。

月経前症候群
症状 ●イライラして怒りっぽくなる ●頭痛 ●うつ●集中力の低下 ●下腹部痛 ●むくみ
月経の始まる3~10日前に症状が現れ、月経開始と同時におさまるのが月経前症候群(PMS)です。はっきりとした原因はわかっていませんが、卵巣から分泌される2つのホルモンの影響が大きいといわれています。重大な病気によらない機能性である場合が多く、バランスのとれた食生活と、規則正しい生活習慣で、症状がなくなることも。

不正出血
症状 ●月経期間以外に出血がある ●だらだらと月経が長引く
●セックスのあとに少量の出血がある
不正出血は、正常に近い機能性の出血から子宮ガンまで、考えられる原因・病気が幅広いのが特徴です。出血の仕方、量も様々。
たとえ、おりものに血が混じる程度でもすぐ検診を受けましょう。
ホルモンのバランスが崩れて起こる月経前後の出血は、無排卵の場合がほとんど。一方、月経後、約1週間目の少量の出血は、排卵の際に起こるためなので心配いりません。

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。