健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癌(ガン)

■ 癌(ガン)の発生メカニズム
  残念ながら、いまだにガンの発生メカニズムについて全てが解明されていませんが、ガン細胞は突然変異によって受けた細胞遺伝子の傷が蓄積し、時間をかけて次第に悪性のものへ変質することで発生します。

【がん細胞の発生と進行】
正常細胞がさまざまなガンの発ガン要因(イニシエーター)によって、細胞内の遺伝子に異常をおこします

異常な遺伝子をもった細胞が分裂し、突然変異のガン細胞が生まれます

ガン細胞は、ひたすら細胞分裂を繰り返し、身体の組織や臓器の中で腫瘍を形成します

腫瘍が周囲の臓器を圧迫して、害を及ぼしたり、組織や臓器などに侵入し正常な働きを妨げます

■ 癌(ガン)の発ガン要因
 ガン細胞の発生には、さまざまな要因があげられます。その一つとして、「発ガン物質」によって正常細胞が突然変異へと誘導されることがあげられます。ただ、発ガン物質によって正常細胞が変異をきたしたからといって、必ずしもガン細胞が発生するとはかぎりません。免疫力が低下した時にガンが一番発生しやすいと言われていますが、発ガン物質により影響を受けた前ガン状態細胞に、「ガン化促進物質」が作用することによってガン細胞に変わり、ガンが発生するのです。

【発ガン物質の例】
ベンゾピレン、アフラトキシン(カビが分泌する毒素)芳香族アミン(ナフチルアミン、ペナセチン)、一部の化学薬品、ニトロソ化合物、トリプトファン分解産物(魚・肉の焼けこげにできる)など
 
【ガン化促進物質の例】
タバコの焦げたタール物質、強力な紫外線など
その他の原因として、発ガン遺伝子を持っているウイルスが人体内に潜入し、正常細胞の遺伝子と結合してガン細胞が作られることや、後天的要素(食生活などの生活習慣)、体内に過剰に発生した活性酸素があげられます。活性酸素は、体内に入り込んだ細菌・カビ・ウィルスを殺菌する食細胞を助けるという重要な働きがある一方、増えすぎると正常細胞を傷つけたりして、ガンや成人病の原因となります。
 

■ 人体の抗がんメカニズム

 ガンは植物や各種動物にもみられます。ヒトでは胃癌,子宮癌,乳癌,喉頭癌,肺癌,肝癌,食道癌,直腸癌などがあり、ガンにはそれが発生した臓器・組織ごとに分類されるため、たくさんの種類に分けられます。
 

■ 人体の免疫メカニズム

 人体内には、異常細胞が生じたり、発ガン性ウイルスが人体内に浸透したりして、ガンの発生原因が生じたりしても、それをなくしてしまう免疫メカニズムも人間には備わっています。 人体内で免疫メカニズムの役割を果たすリンパ球とマクロファージ(大食細胞)です。リンパ球には、細胞性免疫を担当したT細胞と体液性免疫を担当したB細胞とがあります。この他にも抗体をへて異常細胞を破壊するK細胞、抗体なしに異常細胞を破壊するNK細胞などがあります。 これらの免疫細胞は、ガン細胞をいち早く見つけだし、攻撃してくれます。しかし、免疫力が弱まると、ウイルスやガン細胞を適時に認識することができず、認識したとしてもそれをその都度処理できないため、ガンに侵されるようになります。

ガンを防ぐには、免疫細胞を活性化する、すなわち免疫を強くする体質の改善が求められます。また同時に、ガンの成長を食い止める体質への転換、努力が必要となってきます。


■ 「癌(ガン)」に効果的なサプリメント
ルンブルクスルベルス(赤ミミズ)/アガリクス/ウコン/プロポリス/よもぎ/ローヤルゼリー/フコイダン
オリーブ/コンドロイチン/サメ軟膏/ノニ/ポリフェノール/CPL(環状重合乳酸)

■ 「癌(ガン)」に効果的な健康茶
 

■ 「癌(ガン)」に効果的な機能性食材
ニンニク/大豆/発芽玄米/卵(タマゴ)/



スポンサーサイト

■ 癌(ガン)とは
 癌(ガン)は、日本での死亡原因の1位にあげられます。ついで、心臓病、脳血管疾患となっていますが、癌(ガン)が日本において最も大きな問題である事は、紛れもない事実です。
 人体には、俗に言う「はれもの」や「こぶ」といわれる腫瘍があります。体の細胞の一部が何らかの異常を起こし過剰に増殖したもので、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」があります。後者の悪性腫瘍は、さらに癌(ガン)と肉腫に分けられます。癌(ガン)は、体内や皮膚などに発症します。良性腫瘍は、急速に成長することは少なく、他の臓器やリンパ節に転移をすることはありません。緊急に手術する必要性がない場合が多く、腫瘍の成長の経過を見ながら、手術の必要性を判断します。それに対し、悪性腫瘍癌(ガン)の場合、成長も早く抵抗力の弱い他の部分へと、しみ出すように転移していきます。早期発見・治療が大変重要となります。

■ 癌(ガン)の一般的な治療法
 癌(ガン)が発症する部位によって症状も、治療方法も様々です。ただ、早期発見と一刻も早く癌(ガン)細胞を取り除くことが大切です。また、薬物療法・骨髄移植・放射線療法・免疫療法などがあります。抗癌(ガン)剤や放射線は、正常な細胞まで傷つけてしまう程過酷な治療法で、白血球減少や脱毛、嘔吐などの副作用を引き起こします。

■ 癌(ガン)の予防と対策
癌(ガン)予防の手段は、一次予防、二次予防、化学予防の3つに大別されています。
一次予防はライフスタイル(生活習慣)や食生活の改善により発癌リスクを低下させ、がんに罹らないようにすることです。
私達の体には、毎日5,000個位の癌(ガン)細胞が発生しています。免疫が正常であればNK細胞などの免疫細胞が、その都度、癌(ガン)細胞を攻撃し増殖を抑えています。免疫力を低下させるような要因(間違った食生活や生活習慣)を減らし、DNAの変異を起こすような発癌(ガン)物質を排除すること、癌(ガン)予防物質を摂取したり体の抗癌(ガン)力を高めることにより、多くの癌(ガン)は予防出来るとされています。

《国立がんセンターのガンを防ぐための12か条》
 1 バランスのとれた栄養をとる
  2 毎日、変化のある食生活を
  3 食べすぎを避け、脂肪はひかえめに
  4 お酒はほどほどに
  5 たばこはなるべく吸わない
  6 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
  7 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
  8 焦げた部分は避ける
  9 かびの生えたものに注意
 10 日光に当たりすぎない
 11 適度にスポーツをする
 12 体(からだ)を清潔に

二次予防は、定期健診などにより早期発見・早期治療により癌(ガン)死からまぬがれることです。
化学予防はより積極的に薬剤を投与してがんの発生を抑制する方法です。がんの転移予防や治療後の再発予防などを三次予防ということもあります。
 

■ 癌(ガン)の予防や治療となる栄養素
 ビタミンA/ビタミンB群/ビタミンC/ビタミンD/ビタミンE/β-カロチン/ミネラル(カルシウム/マグネシウム)/食物繊維



癌(ガン)細胞は増殖の進行が早く、他の臓器や器官に転移し、これを繰り返します。この増殖、転移を少しでも抑えることが、癌(ガン)の治療の経過に大きな影響を与えます。
正常な細胞には、異常環境におかれたり、老化して役割を終えたとき、DNAが傷ついた場合に、アポトーシス(自然死)するようにプログラムされています。
しかし、癌(ガン)細胞はアポトーシスの働きが抑えられ、増殖を繰り返します。また、癌(ガン)細胞の中には、アポトーシスを制御する物質を大量に生産するものもあります。
現在、多くの抗癌(ガン)剤はアポトーシスを誘導して癌(ガン)細胞を死滅させると考えられています。

■ 「癌(ガン)」に効果的なサプリメント
ルンブルクスルベルス(赤ミミズ)/アガリクス/ウコン/プロポリス/よもぎ/ローヤルゼリー/フコイダン
オリーブ/コンドロイチン/サメ軟膏/ノニ/ポリフェノール/CPL(環状重合乳酸)

■ 「癌(ガン)」に効果的な機能性食材
ニンニク/大豆/発芽玄米/卵(タマゴ)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。