健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血栓症

■ 血栓症とは
 血管の中で血液が固まり、血管壁に付着したものが血栓で、それにより、血管が狭くなったり完全にふさがれ血液の流れが滞り、組織や臓器に障害を引き起こします。これが血栓症です。
 血管が傷ついたり破れたとき、血液中の血小板がその傷口に集まり、止血します。そこへフィブリン(血液中の線維素)が凝集して血栓となり、完全に止血し、血管壁細胞の増殖が起こり血管が修復されます。通常であればその後血栓(繊維素)を溶かす成分が働き、血流が元通りになります。この働きを線溶作用といいます。
この線溶作用が正常に働かず血栓が血液の流れを妨げたり、完全に血液の流れを遮断してしまうのが血栓症です。
 日本人の40歳台の5人に1人、50歳台で3人に1人、60歳台で2人に1人、70歳台ではほぼ全員血栓症であるといわれています
 エコノミークラス症候群も血栓症の1つです。乾燥した機内で長時間座り詰めの結果、血流が徐々に悪くなり下肢静脈に血栓ができ、この血栓が肺まで達すると肺動脈の血管が詰まり息苦しさや胸の痛みとなり最悪の場合呼吸困難により死亡することがある病気です。

 出来た血栓がはがれ、血流にのって移動し、他の部位の血管をふさいだ状態を塞栓(そくせん)症といいます。塞栓症の原因は他にもありますが、原因の大部分が血栓といわれています。


■ 血栓症の主な症状
・血栓がある場所により症状が異なります。
・脳では脳血栓、脳塞栓、一過性脳虚血発作を起こします。
・肺では、肺血栓塞栓症、心臓では狭心症、心筋梗塞、心房内血栓を起こします。
 その他、腸間膜血栓、深部静脈血栓症(エコノミー症候群など)があります。
 
 血管が詰まることによる直接的な症状のほか、血流を阻害することによる各臓器の障害も考えられます。糖尿病、腎臓病、肺気腫、肝臓病なども血栓が関わっている場合があると言われています。

■ 血栓症の考えられる原因
血液の性状が変化したり(凝固しやすくなる)、血管壁の変化(炎症や損傷)、血流のうっ滞などで起きます。
 
加齢による血管の老化、線溶作用の低下、血液成分の変化も原因の一つです。
 
動脈硬化の中で最も多いのがアテローム性(粥状)動脈硬化で、このアテローム性動脈硬化は血栓をどんどん作ります。
活性酸素によって酸化された悪玉コレステロールが血管壁の細胞の脂質をどんどん酸化していきます。そこにマクロファージがやってきて血管の中にもぐり込んで酸化コレステロールを食べ続けます。最終的には泡沫細胞となり、コブのようになって血管を狭め血流を阻害します。そこに血小板やフィブリンが溜まり、血栓を形成していきます。
静脈の血栓は脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈におこる血栓(血流速度の速いところにできる血小板が中心の血栓)とは違い血流のうっ滞、血管障害、血液凝固能の亢進の3つの因子が重要ですが、殆どは血流のうっ滞が主因です。


■ 血栓症の予防や治療となる栄養素
ビタミンE、EPA 
※血栓溶解剤(ワーファリン)を服用している場合には、ビタミンA、ビタミンE(緑黄色野菜類、青汁など)を多く含むものや、納豆が原料となる健康食品(納豆菌、ビタミンKを含むもの)、クロレラ等の摂取は控える必要があり、必ず医師・薬剤師に相談してください。 日本人の死亡原因の1位はがん(悪性新生物)で、2位は心疾患、3位は脳血管障害です。
心疾患、脳血管障害、という血管性の病気を一まとめにすると、がんよりも死亡率が高くなります。死因の約2/3を占める虚血性心疾患と脳血管障害は、動脈硬化を基盤に発生する血栓症によって引き起こされています。
 

■ 「血栓症」に効果的なオススメサプリメント
ルンブルクスルベルス(赤ミミズ)/納豆/ヤーコン/キトサン/ブルーベリー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。