健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前立腺肥大

■ 前立腺肥大とは
 前立腺の詳しい機能は不明ですが、分泌する前立液は精液を調整して、精液の生存環境を保証します。だから、子供をつくる時にしか、役にたちません。前立腺を持っていなくても、日常生活に影響がないため、子供をつくらない年を取った人は、前立腺は必要な物ではないのです。 前立腺が肥大する時は内外同時に成長し、裏側に成長する場合、蛇口と同じように、尿道を硬く締めると締めるほど、排尿が難しくなり、さらに排尿できないことになります。前立腺が肥大していくと、尿液が狭い部位を通りづらくなり、膀胱に重荷になります。排尿後大量の残尿が膀胱の中で残ったら治療しないと、膀胱炎、結石、さらに腎臓衰弱から起こった尿毒症も発生する場合もあります。 飲酒後に症状がよく分かります。

■ 前立腺肥大の主な症状
 刺激性の症状:
昼晩にも排尿の回数が増加、とくに夜間に排尿に起きることになります。昼間も仕事に影響するほど回数が多く、排尿後すぐ尿意を感じます。以上の症状が冬と飲酒後によくみられます。

 尿道が一部詰まる:
排尿の開始までに時間を要したり、尿線が遅く勢いが悪く、排尿時間が延長したりします。また汚い残尿滴もあります。たまに緊急の排尿を押さえきれなくなり、寝ている老人はよくベッドを汚したりします。

 尿道が完全に詰まる:
詰まった状態を続けていると、患者が完全に排尿できなくなります。その時には、人工排尿をしなければなりません。一回したら、自分で排尿できる状態に回復する場合もありますが、回復できない患者は手術を受けることになります。

■ 前立腺肥大の考えられる原因
 前立腺の機能は男性ホルモンによって調節されており、男性ホルモンの一つであるテストステロンが増える思春期になると前立腺は大きくなり、分泌機能が盛んになります。20才~30才では、前立腺の大きさ及び機能のピークになり、その後40才前半ぐらいまではその大きさに変化はありません。しかし40才後半になると再度大きさが増してくる人がいます。40才後半ぐらいから再度増加する前立腺の原因は、前立腺内領域のうちの移行域および尿道周囲域とよばれるところに前立腺肥大結節というものができるからであると言われています。この前立腺肥大結節は腺成成分を主体とし、それにコラーゲン繊維と平滑筋繊維などの間質成分が混ざり合った良性の腫瘍であり、男性に一般的に見られる加齢現象の一つであると考えられています。


■ 「前立腺肥大」に効果的なサプリメント
ノコギリヤシ/オリーブ/タツノオトシゴ(海馬)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。