健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷房病にならないために

マカ栽培(土壌検査編)

マカの壮大な故郷

<冷房病にならないために>

☆冷房病にならないために☆

冷房設定温度28度
これはもう言わずと知れた「COOL BIZ(クール ビズ)」。
クールビズは『温室効果ガス削減のために、夏のエアコンの温度設定を28℃に。そんなオフィスで快適に過ごすため昨夏スタートしたのが「COOL BIZ(クール ビズ)」です。』
ということ、知っていましたか?

「クールビズ」詳しくはこちら 
⇒ http://www.team-6.jp/try/coolbiz/index.html

◆冷房病◆

環境への配慮から冷房の温度設定に気を配る企業が増えているものの(上記ページにはその企業名を紹介しています)、タクシーや映画館、レストランなど、夏場に寒くてつらい思いをすることは少なくないでしょう。

寒さを我慢していると、いわゆる「冷房病」の様々な症状が後になって出てくることがあります。

女性の場合は冷えによって卵巣機能が低下すると、生理に関する不調などが起きやすくなります。制服着用の職場の場合、冷房の効いているところで薄手の夏服を着続けると、働き始めて3年くらいで生理痛や生理不順がひどくなる人が多くなるそうです。

女性ホルモンは生理だけでなく皮膚や骨、血管の代謝などにも影響しています。少し位と我慢せずに、冷えから体を守ることが大切です。

◆冷えから体を守る 自宅編◆

自宅などでエアコンの温度調節が自由な場所では、外気温が2-33度なら室温は27-28度にしましょう。このくらいの温度差なら、自律神経にも悪影響がでにくいのです。

◆冷えから体を守る レストラン&オフィス編◆

レストランなど自分で温度調節が難しい場所で寒く感じたら、ためらわずに店の人に言って暖か席に替えてもらいましょう。

会社などで冷房の風が強く当たる場所に席があるなら、席替え可能かどうか、上司に相談してみましょう。職場の事情などで難しい場合には、ひざ掛けやレッグウォーマーなどでの完全防備心掛けが必要です。

◆冷えから体を守る 服装編◆

キャミソールや素足にサンダルなどの薄着ファッションは、おしゃれではあるけれど、本来は少し控えたほうがよいのですが・・・出かけるときはカーディガン、ストールなどを持ち歩くと安心です。

◆冷えから体を守る 食べ物編◆

また、冷房の効いた部屋で食事をするときには、温かい食べ物をとるようにしましょう。体を温める効果のある人参、大根な どの根菜類を積極的に食べるとGOODです!
(NIKKEIプラス1 7/15より抜粋)


<冷房病にならないために>

☆冷房病にならないために☆

冷房設定温度28度
これはもう言わずと知れた「COOL BIZ(クール ビズ)」。
クールビズは『温室効果ガス削減のために、夏のエアコンの温度設定を28℃に。そんなオフィスで快適に過ごすため昨夏スタートしたのが「COOL BIZ(クール ビズ)」です。』
ということ、知っていましたか?

「クールビズ」詳しくはこちら 
⇒ http://www.team-6.jp/try/coolbiz/index.html

◆冷房病◆

環境への配慮から冷房の温度設定に気を配る企業が増えているものの(上記ページにはその企業名を紹介しています)、タクシーや映画館、レストランなど、夏場に寒くてつらい思いをすることは少なくないでしょう。

寒さを我慢していると、いわゆる「冷房病」の様々な症状が後になって出てくることがあります。

女性の場合は冷えによって卵巣機能が低下すると、生理に関する不調などが起きやすくなります。制服着用の職場の場合、冷房の効いているところで薄手の夏服を着続けると、働き始めて3年くらいで生理痛や生理不順がひどくなる人が多くなるそうです。

女性ホルモンは生理だけでなく皮膚や骨、血管の代謝などにも影響しています。少し位と我慢せずに、冷えから体を守ることが大切です。

◆冷えから体を守る 自宅編◆

自宅などでエアコンの温度調節が自由な場所では、外気温が2-33度なら室温は27-28度にしましょう。このくらいの温度差なら、自律神経にも悪影響がでにくいのです。

◆冷えから体を守る レストラン&オフィス編◆

レストランなど自分で温度調節が難しい場所で寒く感じたら、ためらわずに店の人に言って暖か席に替えてもらいましょう。

会社などで冷房の風が強く当たる場所に席があるなら、席替え可能かどうか、上司に相談してみましょう。職場の事情などで難しい場合には、ひざ掛けやレッグウォーマーなどでの完全防備心掛けが必要です。

◆冷えから体を守る 服装編◆

キャミソールや素足にサンダルなどの薄着ファッションは、おしゃれではあるけれど、本来は少し控えたほうがよいのですが・・・出かけるときはカーディガン、ストールなどを持ち歩くと安心です。

◆冷えから体を守る 食べ物編◆

また、冷房の効いた部屋で食事をするときには、温かい食べ物をとるようにしましょう。体を温める効果のある人参、大根な どの根菜類を積極的に食べるとGOODです!
(NIKKEIプラス1 7/15より抜粋)

マカ栽培(土壌検査編)

マカの壮大な故郷

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
冷え性対策

マカ栽培(気候編)


マカの壮大な故郷



冷え性対策
<冷え性対策>
  3. 健康のお話 【 そろそろ冷え対策 】
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

  ◆ まずおすすめは「半身浴」 ◆

 1回あたりの入浴時間を20~30分程度を目安に、38~40度のお湯にみぞおちあたりまでつかる半身浴がいいです。
 ぬるめにお湯にゆっくりつかることで、体を休める副交感神経の働きが優位になり、体が芯から温まるとともに、
 リラックスもできます。
 あわせて、温浴効果の高い入浴剤を使用するのもいいでしょう。

 ◆ 新提案「温熱シート」◆

 時間がないときや入浴できないときは「温熱シート」を使う方法もあります。商品によって使い方は違うが、蒸気や発熱成分などの
 作用によって40度前後の温度で体を温める仕組みのものが多いです。
 温熱シートを使う場合は、腰と首に重点を置くのが効果的です。
 腎臓の下にあたる腰と首の後ろに熱を作り出す働きをする脂肪細胞があり、手先や足先が冷えているときにここを温めると
 血行促進につながります。部屋の中に居ても首にマフラーを巻くなど、首や腰を温める工夫をするのもいいでしょう。

 ◆ 冷え解消レシピ ◆ 

 POINT!鉄、マグネシウムで血行をよくする。
 ビタミンEやナイシンで血液の循環を促進する。

 ●マグネシウムを豊富に含む“ごま”たっぷり
  ラムチョップのごま焼き(材料は2人分)

 ラムチョップ   4本
  塩        適量
 こしょう     少量
 白ごま    大さじ3
 なす       2本
 グリーンアスパラ 2本
 オリーブオイル 小さじ1

 A:ねぎのみじん切り  大さじ1
    おろしにんにく     少量
    おろししょうが  小さじ1/4
    しょう油      大さじ1
    豆板醤       小さじ1

 作り方 
 (1)ムチョップに塩・こしょう各少量をふってすり込み、
  Aに15分ほど漬けて味をなじませ、両面に白ごまをまぶす。

 (2)ムチョップを天板に並べ、230度にあたためたオーブンで10分焼く。

 (3)なすはへたを切って7~8mmの厚さに輪切りにする。
 グリーンアスパラガスは根元を切って縦に半分に切り、
  長さを半分にする。

 (4)フライパンにオリーブオイルを熱して3を焼き、
 塩・こしょうを各少量ふる。
  器にラムチョップと4の野菜を盛り付ける。

 冷えには、少なからずストレスも影響していると言われているので、
 緊張を解くことも重要です。


マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に


マカ栽培(気候編)

マカの壮大な故郷

冷え性

冷え性

■ 冷え性とは
 最近は冬ばかりでなく夏でも冷え性に悩む人が増えてきているのはなぜでしょう?夏は冷房、冬は暖房という恵まれた環境が、実は冷え性と大きく関わっているんですよ。私たちの体は夏は暑く、冬は寒く、という自然本来の環境にうまく適応するようにできています。冷暖房の普及で外気と室内との極端な温度差のため、体温調節をつかさどる自律神経に変調をきたし、冷えを招きやすくしているのですね。
 
 では、女性に冷え性が多いのはなぜでしょう?女性ホルモンの崩れから冷え性になることもあるんですよ。妊娠や更年期をきっかけに冷え性になられた方は多いのではないでしょうか。また、無理なダイエットが原因で冷え症になる場合もあります。

■ あなたの冷え性チェック!
○手足がすぐ冷たくなる
○手足がしびれることがある
○しもやけができやすい
○あかぎれができやすい
○肩が冷えやすい
○肩が痛むことがある
○トイレが近い
○月経痛がひどい
○夜中に何度もトイレに行く
○風邪をひきやすい

あなたはいくつあてはまりましたか?
3つ以上あてはまる方は要注意ですね。
生活上の注意を守って改善しましょう。

■ 冷え性と食事
 冷え性を防ぐためには運動や入浴などで血行をよくすることも必要ですがそれ以外に食事の改善も必要となります。

 食べ物の中でも体を「冷やす食べ物」と「温める食べ物」とそのどちらでもない「中間の食べ物」がありますね。冷え性の改善のためには、冷やす食べ物を減らし 温める食べ物を多く摂るようにすると良いとされています。

 夏に採れる野菜・果物(トマト・胡瓜・ナス・白菜など)などは体を冷やす作用があり、逆に冬に採れる野菜(代表的なものでは生姜・ネギ・ニンニク・唐辛子)には、体を温める働きをするものが多いようです。

 食事の上では、栄養を過不足なく摂ることが一番大切ですので、体を冷やすからといって、食べる事を避けてしまうと栄養バランスが片寄ってしまいますので、食べ方や調理方法を変えて、体を冷やす食べ物でもスープや温野菜などにして、温めて食べるように工夫を加えるといいですね。

■ 「冷え性」に効果的なサプリメント
マカ/よもぎ/イチョウ葉/ナツメ(夏芽)/カプサイシン

■ 「冷え性」に効果的な健康茶
杜仲茶/刀豆(ナタマメ)

■ 「冷え性」に効果的な機能性食材
ニンニク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。