健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠中に注意したい“風疹”

マカ栽培(種まき編)

良いマカとは

妊娠中に注意したい“風疹”
<妊娠中に注意したい“風疹”>

 【流行の気配??風疹】

皆さんは、風疹経験者ですか?或いは予防接種、受けていますか?最近、風疹の感染者数が増えているようです。

風疹の予防接種は1977年に始まりました。77年当時、風疹が大流行し、抗体を持たない妊娠初期の女性の感染が増え、その結果中絶という悲しい対応をせざるを得ない状況でした。将来の妊娠に備え、当初は女子中学生への集団接種が開始されました。
しかし、風疹ワクチンを含む三種混合ワクチンの副作用問題などもあり95年4月からは生後12~90カ月未満の男女が任意で受ける方式になりました。
この変更で、79年4月2日~87年10月1日の間に生まれた約1250万人は、乳幼児期に接種を受けないまま、学校での集団接種の機会もなくなったのです。この世代の半数の610万人は、現在も未接種だそうです。今回、成人患者が多いのは、この世代の影響も
あるとみられると、言われています。

+++++++++++++++++++++++++++
毎日新聞4月9日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040410-00000059-mai-soci
+++++++++++++++++++++++++++

風疹は「妊娠中に注意したい感染症」のひとつと言われています。
赤い発疹が出てリンパ節が腫れ発熱しますが、「三日ばしか」と言われるように、普通は3日位で症状は消えます。
妊娠5ヶ月までに感染すると、先天性風疹症候群になる可能性が高くなります。特に妊娠4ヶ月未満に感染すると85%の赤ちゃんに何らかの影響が出ると言われています。
妊娠前に抗体検査を受けておくと安心です。妊娠初期の抗体検査で抗体がないとわかった場合は、風疹患者に近づかない、流行期には外出しないなど、自己防衛を心がけて下さい。

 【女性によく起こる頭痛】

女性に多い片頭痛は10代で発症することが多く、20歳代以降は緊張型頭痛が増えてきます。仕事や家事が忙しくなる30~50歳頃の頭痛は、睡眠不足、暴飲暴食、心身のストレスなどが引き金になることが多く、50歳前後からは、更年期障害、動脈硬化、高血圧が原因の頭痛が増えます。
しかし、女性の頭痛は月経に伴うことも多く、軽視できません。
月経直前から月経中にかけては、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下するのが誘因ではないかと考えられています。

+++++++++++++++++++++++++++
片頭痛の予防&ケア
+++++++++++++++++++++++++++

? 過労やストレスを避ける
? 規則的な睡眠と運動をする
? 痛みのある場所を冷やす

+++++++++++++++++++++++++++
緊張型頭痛の予防&ケア
+++++++++++++++++++++++++++

パソコン操作をするときには、ときどき目を休める
肩の上げ下げや首の回転屈伸や軽い運動で筋肉をほぐす首や肩のマッサージ、入浴などで緊張をほぐす

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
妊娠中に注意したい“風疹”

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ

マカの栄養価の秘密


妊娠中に注意したい“風疹”
<妊娠中に注意したい“風疹”>

 【流行の気配??風疹】

皆さんは、風疹経験者ですか?或いは予防接種、受けていますか?最近、風疹の感染者数が増えているようです。

風疹の予防接種は1977年に始まりました。77年当時、風疹が大流行し、抗体を持たない妊娠初期の女性の感染が増え、その結果中絶という悲しい対応をせざるを得ない状況でした。将来の妊娠に備え、当初は女子中学生への集団接種が開始されました。
しかし、風疹ワクチンを含む三種混合ワクチンの副作用問題などもあり95年4月からは生後12~90カ月未満の男女が任意で受ける方式になりました。
この変更で、79年4月2日~87年10月1日の間に生まれた約1250万人は、乳幼児期に接種を受けないまま、学校での集団接種の機会もなくなったのです。この世代の半数の610万人は、現在も未接種だそうです。今回、成人患者が多いのは、この世代の影響も
あるとみられると、言われています。

+++++++++++++++++++++++++++
毎日新聞4月9日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040410-00000059-mai-soci
+++++++++++++++++++++++++++

風疹は「妊娠中に注意したい感染症」のひとつと言われています。
赤い発疹が出てリンパ節が腫れ発熱しますが、「三日ばしか」と言われるように、普通は3日位で症状は消えます。
妊娠5ヶ月までに感染すると、先天性風疹症候群になる可能性が高くなります。特に妊娠4ヶ月未満に感染すると85%の赤ちゃんに何らかの影響が出ると言われています。
妊娠前に抗体検査を受けておくと安心です。妊娠初期の抗体検査で抗体がないとわかった場合は、風疹患者に近づかない、流行期には外出しないなど、自己防衛を心がけて下さい。

 【女性によく起こる頭痛】

女性に多い片頭痛は10代で発症することが多く、20歳代以降は緊張型頭痛が増えてきます。仕事や家事が忙しくなる30~50歳頃の頭痛は、睡眠不足、暴飲暴食、心身のストレスなどが引き金になることが多く、50歳前後からは、更年期障害、動脈硬化、高血圧が原因の頭痛が増えます。
しかし、女性の頭痛は月経に伴うことも多く、軽視できません。
月経直前から月経中にかけては、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下するのが誘因ではないかと考えられています。

+++++++++++++++++++++++++++
片頭痛の予防&ケア
+++++++++++++++++++++++++++

? 過労やストレスを避ける
? 規則的な睡眠と運動をする
? 痛みのある場所を冷やす

+++++++++++++++++++++++++++
緊張型頭痛の予防&ケア
+++++++++++++++++++++++++++

パソコン操作をするときには、ときどき目を休める
肩の上げ下げや首の回転屈伸や軽い運動で筋肉をほぐす首や肩のマッサージ、入浴などで緊張をほぐす

マカはこんな方におすすめします

●不妊でお悩みの方
●疲労回復や体質改善に
●美肌・便秘・ダイエットに
●育ち盛りのお子様に
●更年期障害・冷え性に
●精力増進や男性不妊に


<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。