健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビタミン~健康的なお肌に!


スーパーカムカム

マカ栽培(土壌検査編)


ビタミン~健康的なお肌に!
           カムカムはいかがでしょうか~

若々しく張りのあるお肌を保つために『ビタミン』は欠かすことができません。ビタミンを意識的に摂取する習慣をつけることが、美しさへのいたわりですね。
 
 【名前の由来は】
 ビタミンは生命を意味する「Vita」と、窒素化合物を意味する「Amine」から由来しています。1897年にビタミンB1が発見されて以来、これまでに13種のビタミンが発見されているんですよ。

 【ビタミンの種類は】 
 油に溶ける脂溶性ビタミンと水に溶ける水溶性ビタミンがあります。
 脂溶性ビタミンはビタミンA・D・E・K、水溶性ビタミンはビタミンB群及びC群があります。水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿に排出される為、継続的摂取が必要となります。
 よく「バランスのとれた食生活を」と言われますが、健康的な体を保つ為には各種ビタミンをバランスよく摂取する事が健康への一歩なのです。
 
 【肌に関係の深いビタミンは?】
 ビタミンA、B群、C、D、Eが上げられますが、その中でもお肌の健康に欠かせない代表的なビタミンが、皆さんもご存知のビタミンCですね。

 【ビタミンCって?】
 ビタミンCはお肌の健康維持だけではありません。
 
 ◎血中コレステロールを下げる。
 ◎ストレスを分解する。
 ◎鉄の吸収を助ける。
 ◎ウイルスや細菌に対する抵抗力を高め風邪や感染症の予防する。
 ◎アレルギーを押さえる。
 ◎発ガン物質の生成を抑える。
 ビタミンCには上記の効果があるんですよ。とても大切なビタミンという
 ことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 【ビタミンCの供給源は?】
 ビタミンCはほとんどの野菜に含まれていますが、熱と水に弱いので、調理による損失を考慮する必要があります。加熱するたびにビタミンCは失われていくのです。「野菜をたくさん食べているから大丈夫!」と思っている人はたくさんいると思いますが、健康と密接な関係のある栄養素は意外に摂取できていないんですよ。

 【カムカムとビタミンC】
 世界中でもっとも多くのビタミンCを含むフルーツは、ペルーアマゾン原産のトロピカルフルーツ『カムカム』です。
 オレンジの約30から60倍、アセロラの2倍も含まれているんですよ。
 今話題のローズヒップの1.5倍をも含んでいます。他にビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンも豊富に含んでいるんです。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~

マカの壮大な故郷

マカ3000年の歴史

腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~

サプリメントを吸収しやすい腸内環境にしよう!!

*腸内環境チェック*

 肌がくすみ顔色が悪く見える
 肌のキメが乱れ潤いが不足気味
 ニキビや吹き出物が出やすい
 口の中や舌がよく荒れる
 便秘または下痢をよくする
 お腹にガスがたまり張ることがある
 オナラや便の臭いが強い
 便が硬すぎるまたは柔らかすぎる

チェック項目が多いほど腸内環境が乱れている可能性があります!!

腸内には、【善玉菌】と【悪玉菌】の2種類があります。善玉菌とは、外からはいってくる有害な菌をやっつけたり免疫力を高めて守ってくれます。一方、悪玉菌は腸内を破壊したり発ガン物質など体に有害な物質を作り出し体の抵抗力を弱めていきます。体の抵抗力が弱まることで、肌がくすんだり吹き出物がでてきます。ですから、美肌への一歩として腸内環境を整えることが大事なのです。

健康の人の場合、善玉菌と悪玉菌のバランスがとれているので腸内環境は整えられていますが、加齢や偏った食生活やストレスなどの生活環境によって腸内環境は変化していきます。

では、きれいな腸内にするにはどうすればいいでしょうか?それは、腸内で善玉菌の数を悪玉菌より占めることが大切です。
善玉菌が多い場合は、乳酸や酢酸など体に必要な物質を生み出してくれます。そして、悪玉菌を増やさない為にはお通じをスムーズにすることです。便秘の場合、腸内での便の残留時間が長くなり腐敗便になると悪玉菌は増えていきます。

また、バランスのいい食生活を摂ることも大切です。

 肉食などをなるべく減らして、魚や野菜などがたっぷりはいった日本食を中心に食べる。

 食物繊維の含まれている穀物・豆類などを摂る事で、便のカサを増やす事で腸壁を刺激してお通じをスムーズにする。

 ヨーグルト・味噌・納豆などの発酵食品を多く摂取する事で悪玉菌の増加を抑えて、腸内環境を整え便秘解消につながります。

きれいな美肌へは、生活習慣を見直し手軽に摂れるサプリメントも取り入れていきましょう\(^o^)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*

おまけ ~母乳にはビフィズス菌が入っている!~

お母さんの胎内にいる時は、赤ちゃんの腸内は無菌って知ってました?
赤ちゃんは、生まれてから初めて空気中の細菌や人の肌に付着している細菌に触れます。細菌が進入すると、徐々に腸内に悪玉菌が増えていきますが全ての赤ちゃんにというわけではありません。
離乳前の母乳で育った赤ちゃんは、腸内に善玉菌が多いのです。
なぜなら、母乳の中にたくさんの善玉菌のビフィズス菌が含まれているため免疫機能が整っていない赤ちゃんでも、
異物の攻撃から守ってくれます。ですから、赤ちゃんは母乳で育つ事が一番なのです!!


<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~

スーパーカムカム

マカの品質の見分け方

腸内環境を整えて~憧れの美肌へ~

サプリメントを吸収しやすい腸内環境にしよう!!

*腸内環境チェック*

 肌がくすみ顔色が悪く見える
 肌のキメが乱れ潤いが不足気味
 ニキビや吹き出物が出やすい
 口の中や舌がよく荒れる
 便秘または下痢をよくする
 お腹にガスがたまり張ることがある
 オナラや便の臭いが強い
 便が硬すぎるまたは柔らかすぎる

チェック項目が多いほど腸内環境が乱れている可能性があります!!

腸内には、【善玉菌】と【悪玉菌】の2種類があります。善玉菌とは、外からはいってくる有害な菌をやっつけたり免疫力を高めて守ってくれます。一方、悪玉菌は腸内を破壊したり発ガン物質など体に有害な物質を作り出し体の抵抗力を弱めていきます。体の抵抗力が弱まることで、肌がくすんだり吹き出物がでてきます。ですから、美肌への一歩として腸内環境を整えることが大事なのです。

健康の人の場合、善玉菌と悪玉菌のバランスがとれているので腸内環境は整えられていますが、加齢や偏った食生活やストレスなどの生活環境によって腸内環境は変化していきます。

では、きれいな腸内にするにはどうすればいいでしょうか?それは、腸内で善玉菌の数を悪玉菌より占めることが大切です。
善玉菌が多い場合は、乳酸や酢酸など体に必要な物質を生み出してくれます。そして、悪玉菌を増やさない為にはお通じをスムーズにすることです。便秘の場合、腸内での便の残留時間が長くなり腐敗便になると悪玉菌は増えていきます。

また、バランスのいい食生活を摂ることも大切です。

 肉食などをなるべく減らして、魚や野菜などがたっぷりはいった日本食を中心に食べる。

 食物繊維の含まれている穀物・豆類などを摂る事で、便のカサを増やす事で腸壁を刺激してお通じをスムーズにする。

 ヨーグルト・味噌・納豆などの発酵食品を多く摂取する事で悪玉菌の増加を抑えて、腸内環境を整え便秘解消につながります。

きれいな美肌へは、生活習慣を見直し手軽に摂れるサプリメントも取り入れていきましょう\(^o^)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*

おまけ ~母乳にはビフィズス菌が入っている!~

お母さんの胎内にいる時は、赤ちゃんの腸内は無菌って知ってました?
赤ちゃんは、生まれてから初めて空気中の細菌や人の肌に付着している細菌に触れます。細菌が進入すると、徐々に腸内に悪玉菌が増えていきますが全ての赤ちゃんにというわけではありません。
離乳前の母乳で育った赤ちゃんは、腸内に善玉菌が多いのです。
なぜなら、母乳の中にたくさんの善玉菌のビフィズス菌が含まれているため免疫機能が整っていない赤ちゃんでも、
異物の攻撃から守ってくれます。ですから、赤ちゃんは母乳で育つ事が一番なのです!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。