健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神経痛

■ 神経痛とは
 末梢神経にそって起こる発作性の痛み。
発症部位により、三叉(さんさ)神経痛(頭部顔面に起こる)や、肋間(ろっかん)神経痛、坐骨(ざこつ)神経痛などがあります。痛みの原因は、脊椎(せきつい)や脊髄の異常、その周辺の変形などによる知覚神経の圧迫によって起こる場合がもっとも多いようです。
また、糖尿病や腫瘍、薬物、貧血、アルコール中毒なども原因の一つとされています。

■ 神経痛の主な症状
 坐骨神経痛
下肢の後面から足底部へ痛みが出ます。神経痛の患者の中では、坐骨神経痛の患者が一番多いようです。冷えたりや湿気が多いと痛みが出ます。また糖尿病、骨盤の病気、椎間板ヘルニアなどがが原因となっている場合もあります。
・三叉神経痛
三叉神経は三つの神経に分かれていて、一つは眼神経まわり、二つは顎神経で頬の皮膚や眼窩、そして鼻腔の部分に激しい痛みが起きます。三つめは下顎周辺に痛みが出ます。多くの場合、右か左の片方に出る事が多いといわれます。
肋間神経の分布に沿って、胸部や腹部に帯状又は半環状に激し
い痛みが起こります。
・肋間神経痛
肋骨の間の左右に12対ある神経が、老化や怪我によって背骨がもろくなったり骨が潰れたりすると、神経が圧迫されて痛みが出ます。

■ 神経痛の考えられる原因
 あくび、くしゃみ、会話、食べ物の咀嚼、冷水での洗面や冷風に当たることや、脳の部分的病変などが原因で突然に起こることがあります。また、部分的障害や病変が断続的に神経を圧迫して起こることもあります。

三叉神経痛は、顔面神経痛ともいわれ、肋間神経痛は、肋骨に沿って激しい痛みがおこります。坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアなどが原因です。
いずれも安静にすることが大事で、あくが強いものや体を冷やす食べ物は控えましょう。
 

■ 「神経痛」に効果的なサプリメント
プロポリス/キャッツクロー/よもぎ/ローヤルゼリー/白いも(シモン)

■ 「神経痛」に効果的な健康茶
杜仲茶


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。