健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口内炎

口内炎

■ 口内炎とは
 口内炎は、口の中や唇のすみにできる、あれ、ただれのことです。風邪をひいた時などにできやすいのですが、原因のはっきりと解らないものも少なくありません。刺激によって起こるカタル性口内炎、歯肉にできる潰瘍性(かいよう)口内炎、舌や唇の内側におもにできるアフター性口内炎などがおもな種類です。

  その他、アスピリンを飲んだり、何かにかぶれたりして起こるアレルギー性口内炎、ビタミンC不足による壊白性口内炎、白血病の初期に見られる白血病性口内炎などもあります。

  症状としては、いずれも、口の中や唇のすみがあれたり、ただれたり、できものができたりして、触れたりすると強い痛みを感じます。ときには、つばがたくさん出たり、口が渇いて食事がしにくくなることもあります。

■ 口内炎の主な症状
 一般に口腔内の粘膜(舌、歯茎、唇や頬の内側など)におきた炎症性疾患の総称です。症状としては以下のようなものがあります。
痛み/ 出血/ 食事がしみる/ 口腔内の乾燥/ 口内がはれる /口が動かしにくい /食物が飲み込みにくい /味覚が変わる /会話しにくい など。特に食事にかかわる働きが障害されますが、症状の悪化に伴い体力低下などの身体的苦痛はもちろんのこと、イライラや不眠など精神的にも大きな苦痛を伴うこととなります。

■ 口内炎の考えられる原因
 1)機械的損傷
入れ歯が合わない時や、歯並びが悪く粘膜にあたる時
熱いものを食べ、火傷した時
口腔内の粘膜が乾燥している時
※口腔内の粘膜が乾燥していると、ちょっとした刺激で傷つきやすくなります。

2)口腔衛生不良
水分や食事の摂取が不十分で、唾液の分泌が不足している時
歯磨きやうがいなど口の中を清潔にすることができない時
※虫歯ができることに代表されるように、口の中が不潔になるといろいろな菌が繁殖しやすくなります。

3)全身状態の低下
病気や過労などで体力が衰えている時
食事がとれず、ビタミン不足(特にビタミンB2)、貧血など栄養状態が悪い時
抗生物質やステロイド剤を多く使用している時
白血病や再生不良性貧血などの病気がある時

■ 「口内炎」に効果的なサプリメント
プロポリス/ウコン/カプサイシン/カムカム/

■ 「口内炎」に効果的な健康茶
ルイボス/刀豆(ナタマメ)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。