健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月経前症候群

マカ栽培(土壌検査編)

マカの肥沃な栽培地の秘密

月経前症候群

月経の前になるとイライラしたり腹痛が起きたりする月経前症候群(PMS)仕方がないと我慢する人が多いですが、重症だと家事や仕事に影響を及ぼしかねません。 
食事の改善や運動励行で症状は和らぐことご存知ですか?

《月経前症候群って何?》

月経前症候群は月経前の310日間の「黄体期」といわれる期間に起きます。

1.むくみや腰痛

2.イライラする
3.
集中できないなど症状は人によって様々です。
米国の調査によれば、同症候群の起きる月経前や月経痛に悩まされる月経の最中は1時間当たりの労働効率が3/4に落ちるそうです。

《月経前症候群の症状例》

イライラする・気分が落ち込む・集中できない・無気力涙もろい・下腹痛・にきび・むくみ・頭痛・胸の張り・過食や偏食・眠くなる

《月経前症候群の原因と対処法》

原因としては女性ホルモンの増減が関わっているとの見方がありますが、詳しい仕組みは分かっていません。引越しや進学が引き金になることもあり、ストレスが大きく関係しているといいます。また職場で責任のある地位に就く女性が増えています。
女性は特にストレスが体調に表れやすいのです。症状の軽い人も含めれば、女性の57割は同症候群とみられ同症候群かな?と思ったら、セルフケアが一番大事です。

まずは月経の周期と症状の記録をとってみましょう。
起床前に婦人体温計で基礎体温が測り、1日ごとに症状を記録し体温の上がる黄体期に症状が出ていれば、同症候群の可能性があります。
記録があれば医師にも相談しやすくなります。 

イライラの原因が同症候群と分かれば、月経の前の時期は人への接し方に気をつけるといった自分なりの対処法を講じることができます。
症状が表れている間はヨガなど自分の好きなことをしてリラックスしたり、仕事のペースを落したりしてストレスを減らすこともできます。

多少怒りっぽくなる程度なら、周囲の人にあらかじめ告知しておくと無用な衝動を避けられる。「怠けているのでは」などと誤解されるとストレスになって症状が悪化します。

統計では塩分や糖分、カフェインなどの取りすぎがむくみやイライラ感などの症状を悪化させることが分かっています。
サイクリングやウォーキングなどの有酸素運動で血液の循環をよくすれば、下腹痛や腰痛が軽くなります。

《もしかしたら赤ちゃんを守る本能かも?》
毎月症状が表れるのはつらいですが、排卵後から月経前は妊娠している可能性がある時期です。お腹の赤ちゃんを守ろうとする本能かもしれません。
自己防衛のため、ちょっとした刺激に過敏になったり、体を休めるために眠くなったりするのではないでしょうか

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。