健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼精疲労を知る 前編

マカ3000年の歴史

5分で分かるマカ講座


眼精疲労を知る 前編
最近、目の疲れを感じませんか?
厚生労働省の調べでも、働く人の二人に一人が疲れ目やかすみ目に悩んでいるそうです。パソコンや携帯電話など目を酷使する情報機器がないと不便な生活を強いられるようになりましたが、年とともに目の機能は急速に衰えます。
日頃のちょっとした工夫で目の疲れを溜め込まないようにしたいですね。
<疲れ目の症状はさまざま>
一口に疲れ目といっても、人によって症状は様々です。
目が筋肉疲労を起こして目の奥が痛くなったり、ピントが合わずかすんだりするほか、目に栄養を運ぶ毛細血管が拡張して、充血することもあります。
一晩寝れば治ると軽く見ていると、疲れが慢性化して『眼精疲労』になることも。
視力低下を招いたり、目の不調がストレスになって自律神経のバランスが崩れ、不眠になることもあります。
「昔は老眼で本が読みづらくなって病院に来たが、最近は目の疲れを訴える人が多い」と眼科の先生は言っています。
職場や家庭でパソコンを使う機会が急速に増えたことが原因とみているようです。
人間の目は画面を見つめると、まばたきの回数が急速に減ります。
平均すると1分間あたり約5回。通常は20回といわれているので、4分の1になるわけです。
その分、目を保護するための涙が出づらく乾燥してしまい、最近若い人でも『ドライアイ』になる人が多いのはこのためです。
また、人間の筋肉はどこも同じ姿勢を保つのが苦手。
近くばかり見ているとピントを調節する目の筋肉も疲れてしまいます。
<目に優しいパソコンの使い方>
◎画面は視線よりもやや下に、45~50センチ離す。
上目遣いになると目の露出面積が増え、どうしても乾きやすくなるためです。
◎文字は大きめにして、画面に照明などが映りこんで見にくければ、専用フィルターをかける。
また、一時間作業したら、最低一分間窓の外を眺めて目の筋肉の緊張を解いたり、目を閉じて光を遮断したりするだけでも疲れ具合がぐっと減ります。
これで、一安心。・・なんて事はありません!!
本当はもう既に○○になっているのかも知れないのです。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。