FC2ブログ
健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今から始めよう更年期対策

マカ栽培(気候編)

日本初JAS(日本農林規格)有機認定のマカ


今から始めよう更年期対策

40代後半から50代後半にかけて、多くの女性が更年期に悩まされます。
体が急変するため戸惑うことも多いが、実は30代後半から、予兆のような症状が表れる人も少なくないです。
この段階で生活パターンを見直し、ホルモン剤で体調を整えるといった対策をとると、避けて通れない更年期をスムーズに乗り切れるかもしれない。

これって更年期の兆し?

「例年よりも、今年は肌がやたらと乾燥してかゆい。寒さが厳しいせいだろうか」昨年まで使ったこともなかった 全身用ローションを塗りながら、気候のせいではなく、自分の体が変わりつつあるのが原因ではないか。
そういえば手足の冷えも、これまでよりひどくなったみたいだ。
こんなふうに考えている人は多いのではないか。肌の乾燥や手足の冷えは、更年期の兆しの一つ。生理の時も
出血量が減る、ひざや手首など関節が痛む、トイレが近くなる、涙もろくなるといった症状も「予兆」と考えられます。
更年期にはまだ早いが、こうした症状がいくつかあてはまり、体調がすぐれない人を「プレ更年期」と呼びます。

更年期の主な「予兆」

・生理のときの出血量が減った
・首から上に汗をかきやすい
・肩こり、腰痛 
・すぐイライラする
・涙もろくなった
・肌がかさついてかゆい
・爪が割れやすくなった

プレ更年期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)など女性ホルモンの減少によって引き起こされると考えられています。女性ホルモンは更年期に入ると急激に減少しますが、30代後半ごろから僅かな量ですが減り始めることが分かってきました。10代、20代と増えてきた女性ホルモンの分泌量が減少に転じることで、様々な症状が出てきます。

エストロゲンの主な働き
・皮膚の水分を保つ ・骨を丈夫にする
・自律神経を安定させる ・気分を明るくする

医学的な治療法もある

体内で分泌される女性ホルモンの量は、女性外来や婦人科で血液検査をしてもらえば簡単にわかります。
定期的にチェックしておくと、体の変化を客観的にとらえることも可能です。例えばあるクリニックの場合、40代以上の女性向けの検診メニューにホルモン検査を取り入れています。

ホルモンが減少しているなら、エストロゲンを外部から薬で補う治療などが効果的です。プロゲステロンという別のホルモンをエストロゲンと組み合わせた避妊用ピルなどでホルモン量を安定させます。

欧米では健康維持のため中高年の女性が、ホルモンをしようすることは珍しくないです。日本でも専門医を受診すれば処方を受けることが可能です。ピルだと保健が使えないですが、薬代は1ヶ月2千~3千円程度です。
安全性も高いです。ただ高血圧など、ホルモンの服用に向かない人もいますので、主治医によく相談しましょう。 

気分転換しよう

思い切って生活スタイルを変えると、卵巣の働きがスムーズになり女性ホルモンの分泌が活発になる人もいます。その際、最も大切なのが「リラックスする時間を持ち、ストレスを軽くすること」と専門家は口を揃えます。卵巣は能から指令を受けて女性ホルモンを分泌します。ストレスがたまるとこの仕組みが上手く働かなくなります。

半年以上、新しい洋服やアクセサリーを購入していない、コンサートにも映画にも出かけていない、といった人は要注意です。
生活を見直しましょう。アロマテラピーやスポーツなども効果があると考えられています。要は日々の生活でホッとできる時間を、自分流に上手につくることが大切になります。

女性ホルモンは老化防止にも効きます。自分の体の状態をよく知った上でホルモンの服用や、卵巣の働きを活発にする方法を試してみて損はないと思います。更年期を遅らせたり、比較的軽い症状で乗り切ることができる可能性もあるようです。ただ、一生懸命に体調を整えても、誰もが更年期に悩まずに済むわけではないのです。

妊娠中のつわりが重い人と軽い人がいるのと同様に、更年期障害の重さは、体質によって違います。女性ホルモンの影響をどの程度受けるかは、個人差が大きいです。症状が重くても自分のせいにはしない事。
治療できるのだから落ち込まない事。そして、できるだけリラックスして卵巣の機能を維持する生活を心がけましょう。

ただ、あまり神経質にはならないように。そんな姿勢で更年期に向けた準備をするのがいいのかもしれません。 

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。