FC2ブログ
健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コエンザイムQ10って何? 

コエンザイム

マカ3000年の歴史

コエンザイムQ10って何? 

1950年代のはじめに英国のモートン博士らによって、その存在が認められユビキノンと名づけられていました。
一方、1957年に英国のクレーン博士が、牛の心臓のミトコンドリアから発見したオレンジ色の物質に、補酵素(coenzyme)的に働く黄色のキノン化合物(quinone)であることから、「CoenzymeQ10(CoQ10)」(コーキューテン)と名付けられました。
その後、この物質がユビキノンと同一物質であることや、心臓病患者にコエンザイムQ10が不足していること、 コエンザイムQ10が優れた抗酸化作用を持っていることなどを明らかにされてきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コエンザイムQ10の働き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

体内のあらゆる細胞で生成するコエンザイムQ10は、 活発に働く臓器に多く存在中でも心臓のポンプ機能を高めるために必要とされています。心臓のコエンザイムQ10濃度が増えると心臓から送り出す血液量が増えるので、血行や代謝がよくなり、結果として手足のむくみや冷え、 肩こりなどが改善されます。

また、コエンザイムQ10が十分に足りていると、 肌のコラーゲンの新陳代謝を活発にし、肌の潤いを保ったり、 皮膚のターンオーバーを早めたり、さらには紫外線による酸化から守ってくれたり、女性にはとってもうれしい効果が期待できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年齢別体内コエンザイムQ10量 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

体内のコエンザイムQ10は、残念なことに20歳をピークに減ります。コエンザイムQ10が減るということはイコールエネルギー生産と抗酸化力が低下すると言うことなのです。

コエンザイムQ10の各臓器の濃度(20歳を100%とし4080歳)
肺 10010051.7
肝臓 10095.383.0
腎臓 10072.665.3
心臓 10068.242.9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コエンザイムQ10の摂り方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

サプリでは理想摂取量は1日約30mgと言われていますが、これを食品で摂取しようとすると・・・ 

・イワシの場合で1日あたり6
・牛肉なら1日およそ1キロ

20014月から、それまで医薬品扱いにとどまっていたコエンザイムQ10を、食品としても使用することを厚生労働省が認めるようになり、サプリメントや化粧品が発売されるようになりました。今では、チョコレートやヨーグルトにもコエンザイムQ10入りがあります。

コエンザイムQ10の摂取方法としては、食後に摂ると吸収率が高いことが確認されています。逆に空腹時だとほとんど吸収されないので、食事時に摂る習慣をつけましょう。
また、コエンザイムQ10は水には溶けず、油にはよく溶けるため、油分とともに摂ることがオススメです。

毎食ごとに13回の摂取が望ましいですが、11回の場合はコエンザイムQ10にはエネルギー生産レベルを高める働きがあるため、活動を始める朝(朝食後)に摂るのがよいと考えられています。

コエンザイムQ10は、エネルギーの生産に関わる大切な物質です。
摂取されたコエンザイムQ10は生命活動にとって重要な臓器・心臓や腎臓や肺などから優先的に補われていくと言われています。
食べものからの摂取では絶対足りないです。
サプリメントを上手く利用しましょう!!

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。