健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆口内環境でダイエット!?☆

マカ栽培(種まき編)

マカの壮大な故郷

口内環境でダイエット!

夏本番を目の前に、ダイエット中の人も多いはず。
「ダイエットしなきゃ」と思っても、なかなか実行できなかったり、思うような効果が表れなかったり・・・。
知っておくだけで、簡単に食欲コントロールができる情報を伝授します。

  【口内環境と食欲の関係】
  
  口はまさしく、食べ物が入る玄関です。この口の環境と食欲には深い関係があります。
  なかなか止まらない食欲。ひょっとしたら口の中に問題があるのかもしれません。

1.噛み合わせが悪いと噛む力が弱るので、柔らかいものを好んで食べるようになる。
噛む回数が減ると、満腹中枢が刺激されにくくなるので、過食の原因になる。

2.噛む回数が減ると、唾液の量が少なくなる。唾液を出すことで「コルチゾン」というストレスホルモンが体外に排出されるので、唾液の減少はストレスを溜めることにもなる。

 3.唾液の減少は、舌に汚れが付着しやすくなり、味覚が鈍る。
そのため、味付けの濃いものを好んでしまう。

  つまり、口内環境の悪化がイライラや味覚マヒの原因になり、過食を引き起こしてしまう・・・『魔の過食スパイラル』に陥ってしまいます。

  【噛み合わせ改善】

  噛み合わせの悪さは、アゴや首、肩から腰や骨盤など
  全身に影響を及ぼし、からだ全体のゆがみを引き起こします。
  それによって、イライラや自律神経失調症まで招くことがあります。

  さらに、噛む力が弱まるから噛む回数が減り、唾液の分泌も減少してしまいます。
  つまり、イライラから来る過食症や、噛まないから満腹感が  得られないダラダラ過食症は、噛み合わせが原因なのかも知れません。

  専門家に相談する前に、セルフケアから始めよう。

  *噛み合わせを悪くする原因*

 片方の歯ばかり使う
 どちらか一方の足を組んで座る
 腰を丸め、後ろに傾いてだらしなく座る
 いつも横向きやうつ伏せで寝ている

  思い当たる項目は、改めましょう!!

 【唾液量を増やす】

  唾液が出にくくなる「ドライマウス」の人は、国内に800万人

  いると推定されています。最近は若い人の増加が目立ちます。

 *唾液量チェック*
 チェックの仕方
 
  口に何も入れない状態で、アゴを動かさず自然に出てくる 唾液量をチェック!!唾液が溜まったら飲み込むという行為を30秒間繰り返してみよう。

 結果

飲み込んだ回数が6回以上 今は大丈夫
飲み込んだ回数が6回未満 要注意

唾液量の増やし方

舌を意識的に動かすだけでも、唾液量はアップします。毎日の習慣にしよう!

1.舌の先で全ての歯の裏側を触る。奥歯から順番に触ろう。
 2.アゴの筋肉を動かすことでも唾液は分泌される。
  口を意識的にすぼめて前に突き出す。イメージとして、そう「タコの口」次に、ゆっくり口角を上げながら口を横に開く。これを10回程度繰り返す。

 【舌の汚れを落とす】

舌の上についている、白い苔のようなものは、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる汚れです。
 うっすらついている程度なら正常ですが・・べっとり舌を覆っているようなら、問題です。
 味覚マヒや口臭の原因にもなるかも知れません。

 舌磨き
 
 1.柔らかめ歯ブラシで、舌の奥から先に向かって、あまり力をいれず磨きます。45回繰り返そう。 
2.
舌の裏も、奥から先にむかって45回繰り返そう。
 3.たまには、利き手じゃない手で舌磨きしてみるのもオススメ。
  不器用に磨くことで口の中に刺激が加わり、唾液の分泌が促される。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。