FC2ブログ
健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット『脂肪燃焼』の定説

マカ栽培(収穫編)

マカの栽培

ダイエット『脂肪燃焼』の定説

 「ウオーキングやジョギングは20分以上続けないと効果がない。
  やせたいなら20分以上続けよう」。これはダイエットにおける定説です。運動開始から約20分後に脂肪の本格的な燃焼が始まるとされることがその理由。

   本当に20分必要?

  確かに運動の開始当初は、体は主に糖(グリコーゲン)を燃焼してエネルギーを生産し、運動を開始してから20分たったころから脂肪の燃焼が活発になります。
  脂肪を減らすためにダイエットをしているなら、20分以降が大事なはず。

   糖の燃焼は脂肪減少につながる?

  しかし、20分までは全て糖が燃焼していたのが、20分たつと全部脂肪の燃焼に置き換わるわけではないのです。運動すれば必ず糖と脂肪の両方をエネルギーに使います。20分を目安に脂肪の燃焼は活発になるが、全体からみれば小さな割合の変化にしかすぎません。
  さらに定説では、糖の燃焼が結局は脂肪を減らすことにつながることが見逃されてきました。脂肪と違って、体内に蓄えられる糖の量は限られています。
  そして食事などで摂取して許容量を超えて余った糖は、脂肪として体内に蓄積されます。
  つまり、蓄えていた糖を消費すれば、次の食事で糖から置き換わって蓄積される脂肪の量を減らすことができるのです。
  体脂肪率を極限まで落とす必要のあるアスリートは別として、常に余った糖が脂肪に置き換わっている一般の人は、脂肪を燃焼させて減らすことに、必ずしもこだわる必要はないというわけないのです。

   短時間でもOK

  もちろん、20分以上続けて運動ができれば理想的ではあります。
  しかし、忙しい日常追われて、「20分以上もできないから」とあきらめては、脂肪は増えていくばかり。
  体重の増減は結局、摂取カロリーと消費カロリーの差に尽きます。
  大切なのはとにかく運動量を増やすこと。20分間続けることにこだわらず、短い時間でもこまめに体を動かすことが大切なのです。 

   生活の中で『カロリー消費』

  カロリーを消費するのはスポーツだけではありません。
  生活の中でのこまめなカロリー消費も可能。例えば、10分のウオーキングは約30キロカロリーの消費に相当します。時間を空けて歩いても、続けて歩いても、時間当たりの消費カロリーはほとんど変わりません。
  疲れたら休み、気になるお店があれば立ち寄ってもOK。

  5分間の運動で消費するエネルギー量
 (単位:キロカロリー)
  散歩[16] 
  庭の草むしり[24]
  軽いジョギング[32]
 (厚生労働省資料より/体重60キロの成人の場合)

  エレベータの使用を控えたり、人に頼んでいたコピーを自分で取りに行ったりするなど、常に体を動かすことを心がければ、それが積み重なって着実にカロリーは消費されます。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。