FC2ブログ
健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ肌荒れしやすいのか?

スーパーカムカム


マカの品質問題


なぜ肌荒れしやすいのか?

木の芽時と呼ばれるこの時季は、心や体に変調をきたしやすいのをご存知でしょうか?
そして、それはお肌も同じなのです。
外的刺激が一気に増える今頃は、体内の変化にそれが加わり、肌の抵抗力や免疫力が落ち、トラブルが発生しやすくなっています。
直射日光に当たる機会が少なかった冬の間に、日光に対する肌の抵抗力が落ち、少し日に当たるだけで肌荒れするなど、春先の日差しは特に危険です。

また、気温や湿度の変化、発汗量や皮脂量の増加、ほこり、花粉なども肌への刺激の原因になります。

加えて、紫外線から皮膚を守ろうと厚くなった角質層の影響で、肌の細胞が生まれ変わる働き、ターンオーバーのリズムが狂ってしまいます。これが大人のニキビをはじめ、様々な肌トラブルの原因にもなるのです。


 あなたの敏感肌度チェック 

抵抗力の落ちた肌が陥りやすいのが、敏感肌です。
敏感肌とは、化粧品など、本来は何の反応も起こさないはずの物質に対して、皮膚が過敏に反応するという、
やっかいな状態を示します。

花粉症である
 日焼けをするとすぐ赤くなり、かゆくなることもある
 汗をかくと肌がかゆくなる、汗をかきやすい部分に赤い
   発疹やかゆみが出る
 入浴後や暖房の効いた部屋にいると顔がほてる。
   じんましんがでることもある
 仕事や家事、対人関係など、ストレスを感じやすい。
   夜よく眠れない
 外食が多く、食事を抜くなど、食生活が不規則。
   チョコレートやナッツ類が好き
 生理不順になりやすい
 便秘がち


 チェック項目はいくつ当てはまりましたか?

 *結果はこちら* 

 1~2個=やや過敏傾向
 3~4個=注意しましょう
 5個以上=要注意

  美しいお肌を目指すために 

【食生活に気をつけよう!】

「バランスのよい食事を規則正しく」が美肌作りの基本です。
 外食中心の食生活や、スナック菓子の取りすぎはNG
紫外線の影響を抑えるには、牛肉や鶏肉、レバー等に含まれるビタミンB2の摂取がオススメです。

【ストレスを解消しよう!】

 ストレスが増大すると血流が悪くなり、シミやくすみの原因に。
快眠・快便のためにも、ウォーキングやジョギングなどで体を適度に動かしたり、入浴時のマッサージなどをオススメします。

【生理不順や便秘は大敵!】

女性ホルモンは肌と深く関係しています。そのため、生理不順はくすみや皮脂の分泌量増加につながります。便秘も要注意。
腸の働きが悪いと体内に老廃物が溜まり、肌荒れの原因になります。

 【清潔を心がけよう!】

 ダニやカビなどの慢性刺激によっても肌荒れは起こります。
 こまめな掃除や換気を心がけましょう。湿度の高いバスやトイレ、キッチン、クローゼットなどの除湿や、エアコンの掃除も忘れずに。

<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。