健康情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲み物レッスン

マカ栽培(気候編)

マカ栽培(収穫編)

飲み物だってカラダにいい!!
普段の暮らしのなかでの『飲み物レッスン』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+++++++++++++++++++++++++++
日本人なら、まずお茶
+++++++++++++++++++++++++++

緑茶に含まれている成分・カテキンにはガンなどを防ぐ抗酸化作用がありますが、ビタミンCやE、カロチンなども豊富に含まれています。
ただ、お茶に含まれるカロチンは、お湯や水には溶けだしません。そこで、茶葉ごと飲んでしまう抹茶や粉茶が、特におすすめです。1日5~6杯は飲むようにして下さい。

栄養的に優れた緑茶ですが、飲むのは日中だけにしましょう。
利尿作用があるカフェインも含んでいるので、夜飲むと頭痛や不眠、頻尿の原因になったりすることも。そこでおすすめしたいのが、ハーブティー。

+++++++++++++++++++++++++++
夜はハーブティーでリラックス
+++++++++++++++++++++++++++

ハーブは昔から薬草として使われていたもの。直接的なカラダへの働きかけと同時に、ほのかな香りかを鼻から自然に吸入することでのアロマセラピー効果も期待できます。

こんなときにはこのハーブティーがオススメ
【疲れやすい】→ハトムギ、ワイルドストロベリー
【眠れないとき】→カモミール(バジルやレモングラスを加えても)
【やる気が出ないとき】→バジル、カモミール
【イライラ落ちつかないとき】→ラベンダー
【頭痛】→ラベンダー、ペパーミント
【肩凝り・腰痛】→タイム、ハトムギ
【足のむくみ】→レモングラス、ラベンダー
【冷え】→カモミール
【便秘】→カモミール
【リラックスしたいとき】→カモミール、ペパーミント
【すっきり目覚めたいとき】→ペパーミント、レモングラス

+++++++++++++++++++++++++++
牛乳より豆乳
+++++++++++++++++++++++++++

カルシウムをとらなくてはと考えると、まず牛乳を思い浮かべる人も多いと思いますが、牛乳は1日200cc以下にして、他の乳製品との飲み合わせは避けましょう。飲みすぎると脂肪をとり過ぎます。牛乳の代わりに豆乳をおすすめします。豆乳は、イソフラボンをたっぷり含み、大豆製品の中では最も栄養が吸収されやすい食品です。カルシウムも含んでいるし、さらにカルシウムを効率的に吸収するために必要なマグネシウム、血圧を安定させる働きがあるカリウムも一緒にとれます。飲みづらいのでは?と思っている人も多いかもしれませんが、最近の豆乳はクセのないものが主流なので、心配ご無用。

+++++++++++++++++++++++++++
にがり水
+++++++++++++++++++++++++++

カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなどたくさんのミネラルを含み、成人病予防、アトピーや花粉症などのアレルギー対策にも有効で、不眠やむくみの改善、美肌効果も期待できます。

にがりは、スーパーマーケットの豆腐コーナーなどで売っています。できれば、天然にがりを選び、コップ1杯のミネラルウォーターにほんの1~2滴加えればにがり水の出来あがり。
<マカ、不妊、妊娠、効果、ヤマノ、基礎体温>

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。